店番2人の日々の申し送り帳
こんにちは。もう11月ですね。

こんにちは。

ここ数日でぐっと気温が落ちた気がして、

肩や背中がすーすーと寒くなってきます。

 

今年は猛暑が続いた分、極寒の冬にならないと良いのですが。。。

 

 

10月27日より始まりました、[鷲塚貴紀 ガラス展]も残すところ、あと3日となりました。

色とりどりのガラスは、夏のものではなく

この季節から先への食材に映える器の色味です。

 

売約済みの作品も色味を見ていただけるように

展示会最終日までご覧頂けます。

またお気に入りのものがありましたら、ご注文をお受け出来るものも多々あります。

 

明日から2連休、気持ちの良い秋晴れに西荻窪まで是非お散歩に

要らしてみてはいかがでしょうか。

お待ちしております。

 

 

鷲塚貴紀 ガラス展 11月4日(日)まで

営業時間:12時〜19時

 

____________________________________________

 

____________________________________________

 

 

鴨川・草soより

『里山の暮らし』

 

この景色を守ることが自分たちの生業。

だからこそこの場所で暮らし、

お米作りをさせてもらっている気がします。

 

写真:畑中美亜子

____________________________

 

2018年11月10日(土)〜11月11日(日)

西荻窪364  

 

自家栽培の棚田の新米をはじめ、

草so畑中家のパンや焼き菓子、里山で穫れた

おいしいものを取り揃え、移動販売致します。

写真:畑中美亜子

 

〒167-0042  東京都杉並区西荻北3-13-16     03 5856 8065

http://www.sanrokuyon.com    info@sanrokuyon.com                                                      

JR総武線「西荻窪」下車徒歩3分

北口を出て、左手交番前の商店街を直進、右手に西京信用金庫、

左手にクリーニングたかはし、のある十字路を左折。

右手にすぐ見える二階建て白い建物が364です。

 

__________________________________

 

 11月10日(土)

 364 second floor 12:00〜18:00(無くなり次第終了)

 

『草soのカレーランチ』 予約無し 

 カレーとチャイのセット 1500

 

※お持ち帰りも可能です(カレーのみ1000円)

 

里山で収穫された野菜をたっぷりと使った草soオリジナルカレーは

毎年人気のプレートです。亨さんのスパイス使いは穏やかではあるものの、

奥深く、記憶に残る味わいです。本年度収穫のプリンセスサリーの

香り高きお米と一緒にお召し上がりくださいませ。

 

_________________________________

11月11日(日) 

364 second floor 12:00〜15:00

 

 『田んぼしごとの報告会』予約制 

 

 会費:3000円(小学生以下はお食事代のみ1000円)

(秋野菜のインドカレー+チャイとデザート、他、新米と冊子のおみやげ付)

 

里山の暮らしと2018年新米収穫までの田んぼしごとの報告する会を開きます。

実際の田んぼの写真や映像などを見ながら、

農家:草so 畑中亨さん、美亜子さんの語りでつなぎます。

新米プリンセスサリーのカレープレートをお召し上がり頂きながら、

食べることで感じる今年のおいしい報告、たくさんの方々に感じ取ってもらえたらと思います。

 

 

__________________________________

 

※お申し込み、お問い合わせは、

 

364 サンロクヨン
杉並区西荻北3-13-16
03-5856-8065
info@sanrokuyon.com

JR中央線(土日祝は止まりません)、総武線「西荻窪」下車徒歩3分
北口を出て、左手交番前の商店街を直進
右手に西京信用金庫、左手にクリーニングたかはしのある十字路を左折
右手にすぐ見える2階建ての白い建物が364です。

 

 

 

イベント、ワークショップ - -
鷲塚貴紀ガラス展始まりました。

 

10月27日[火]〜11月3日[日]

 

※会期中の火曜、水曜は定休日です。

 

今回は、秋の食卓に合いそうな色味をベースに制作。

大皿をこんなにたくさん吹くのは初めてなのだとか。

昨日の初日に大きなお皿、色味のあるお皿を

皆さん多くお求めいただいております。

 

透明度が綺麗で、シックな色味。

大人っぽく一枚のガラスが美しく感じる佇まいです。

 

是非、気持ちのよい季節、ふらりと散歩しながら

お立ち寄りいただけたらと思います。

 

鷲塚さんのグラスでワインも会期中お愉しみいただけます。

 

 

 

 

 

364 サンロクヨン
杉並区西荻北3-13-16
03-5856-8065
info@sanrokuyon.com

JR中央線(土日祝は止まりません)、総武線「西荻窪」下車徒歩3分
北口を出て、左手交番前の商店街を直進
右手に西京信用金庫、左手にクリーニングたかはしのある十字路を左折
右手にすぐ見える2階建ての白い建物が364です。

 

 

展示会 - -
営業時間のお知らせ[10月25日、26日]

25日の営業は17時まで

とさせていただきます。

 

 

26日は、16時まではクローズ

16時よりイベント[BAR WASHIZUKA]を開催致します。

 

イベントの内容は、こちらです。

http://sanrokuyon.jugem.jp/?day=20181021

 

何卒よろしくお願い致します。

 

 

364

 

お店のこと - -
鴨川 草so『田んぼしごとの報告会』10日(土)、11日(日)開催します(ワークショップご参加募集開始です)

この景色を守ることが自分たちの生業。

だからこそこの場所で暮らし、

お米作りをさせてもらっている気がします。

 

 

 

 

____________________________

 

2018年11月10日(土)〜11月11日(日)

西荻窪364  

 

〒167-0042  東京都杉並区西荻北3-13-16     03 5856 8065

http://www.sanrokuyon.com    info@sanrokuyon.com                                                      

JR総武線「西荻窪」下車徒歩3分

北口を出て、左手交番前の商店街を直進、右手に西京信用金庫、

左手にクリーニングたかはし、のある十字路を左折。

右手にすぐ見える二階建て白い建物が364です。

 

________________________________

 

 2017年11月10日(土)、11月11日(日)

自家栽培の棚田の新米をはじめ、

草so畑中家のパンや焼き菓子、里山で穫れた

おいしいものを取り揃え、移動販売致します。

 

________________________________

 

 11月10日(土)

 364 second floor 12:00〜18:00(無くなり次第終了)

 

『草soのカレーランチ』 予約無し 

 カレーとチャイのセット 1500

 

※お持ち帰りも可能です(カレーのみ1000円)

 

里山で収穫された野菜をたっぷりと使った草soオリジナルカレーは

毎年人気のプレートです。亨さんのスパイス使いは穏やかではあるものの、

奥深く、記憶に残る味わいです。本年度収穫のプリンセスサリーの

香り高きお米と一緒にお召し上がりくださいませ。

 

_________________________________

11月11日(日) 

364 second floor 12:00〜15:00

 

 『田んぼしごとの報告会』予約制 

 

 会費:3000円(小学生以下はお食事代のみ1000円)

(秋野菜のインドカレー+チャイとデザート、他、新米と冊子のおみやげ付)

 

里山の暮らしと2018年新米収穫までの田んぼしごとの報告する会を開きます。

実際の田んぼの写真や映像などを見ながら、

農家:草so 畑中亨さん、美亜子さんの語りでつなぎます。

新米プリンセスサリーのカレープレートをお召し上がり頂きながら、

食べることで感じる今年のおいしい報告、たくさんの方々に感じ取ってもらえたらと思います。

 

 

__________________________________

 

※お申し込み、お問い合わせは、

 

364 サンロクヨン
杉並区西荻北3-13-16
03-5856-8065
info@sanrokuyon.com


JR中央線(土日祝は止まりません)、総武線「西荻窪」下車徒歩3分
北口を出て、左手交番前の商店街を直進
右手に西京信用金庫、左手にクリーニングたかはしのある十字路を左折
右手にすぐ見える2階建ての白い建物が364です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イベント、ワークショップ - -
まもなく。鷲塚貴紀ガラス展。

 

10月最後のイベントは、4年ぶりの個展の開催となりました、

鷲塚貴紀 ガラス展が 10月27日(土)からはじまります。

今回の展示会の作品イメージテーマは、[Bar Washizuka]として、

秋の夜長に季節の移ろいを感じながら、ゆったりしっとりとガラスで愉しむ

ランプシェードやグラス、ボトル、器、などを作っていただきました。

 

展示会はじまりの前日、26日は鷲塚さんのガラスで彩る、

架空のBarとして一夜限りの[Bar Washizuka]を364にOPENします。

お料理はワタナベマキさん

オーナーは鷲塚貴紀さん、ご本人たちが会場にいらっしゃいます。

会費制ではありますが、会費の中にはお食事、ドリンクはもちろんのこと、

鷲塚さんがこのパーティの為だけにデザインしたグラスを選んで使っていただき、

お持ち帰り頂くシステムです。

先着50名となりますので、お愉しみいただけたらと思います。

 

 

 

10月26日(金) opening party 

 

[Bar Washizuka]

 

 16時〜21時

  

 会費:3800円

 

 

※ドリンクのおかわりは、お代を頂戴致します。ソフトドリンクのご用意もございます。

※予約は不要ですが、無くなり次第終了となります。

※自転車、車のご来店はお酒の会ということと、停めるスペースがありませんのでお控えください。

※前夜祭当日は、申し訳ございませんが作品の販売は致しません。

※参加していただいた方のみ、グラスの追加オーダーを会期中のみ、定価となりますがお受け出来ます。

 

 

お料理の内容、会の詳細はまた決まり次第後日、お知らせさせていただきます。

 

 

 

 

2018年10月27日(土)〜11月04日(日)

 

 

「鷲塚貴紀 ガラス展」

 

※会期中の火、水曜は定休日を頂きます

 

 

 

すっきりとした形と綺麗な色のガラス。

鷲塚さんの作品からは、工業的な凛々しさと

手吹きのガラスの温かみがちょうどよい具合に感じられます。

今回の展示会では、ランプシェード、足付きのグラス、大皿など

新しい作品として数々並びます。

新色のオリーブグリーンも新たな試みです。

彩りを添えるガラスで、お酒やお食事をゆっくりと愉しんで

秋の夜長をお過ごしいただけたらと思います。

 

作家在廊日:26日、27日

 

今回、open当初から364で使っている、

アンティークのライトを鷲塚さんのガラスで再現し、作っていただきました。

私達も今から楽しみにしています。

 

 

 

364 サンロクヨン
杉並区西荻北3-13-16
03-5856-8065
info@sanrokuyon.com

JR中央線(土日祝は止まりません)、総武線「西荻窪」下車徒歩3分
北口を出て、左手交番前の商店街を直進
右手に西京信用金庫、左手にクリーニングたかはしのある十字路を左折
右手にすぐ見える2階建ての白い建物が364です。

 

 

- - -
明日21日(日)は、[BASIC BREAD]1日限りの焼きたてパンの販売です。

明日21日(日)は、Fermentation 茂木恵実子さんの焼きたてパンの販売会です。

販売開始はam9:00からとなっております。

休日の朝ということもありますので、あまり急がずにお越し下さいませ。

また30分以上前にお並びいただくこともご遠慮いただいております。

その他、下記の注意書きなどを一読していただき、お越しいただけるよう

よろしくお願い致します。

 

前日なので今回のベーシックなパンのラインナップもご高覧頂けます。

数は限りがございますので、無くなり次第終了です。

 

今は小雨まじりの雨となっていますが、お天気予報によると

明日は晴天。とは言うものの最近は朝晩と寒いので

温かくしてお越し下さいね。

 

お待ち申し上げます。

 

 

 

イベント - -
正島克哉さんの器:耳付小鉢をご購入のお客様へ

昨日14日で無事に[正島克哉 陶展]も無事に終了することが出来ました。

たくさんのお客さまにお越しいただき有り難い思いでいっぱいです。

正島さんが今回の個展の為にたくさん作った火にかけられるシリーズも器も、

今は様々なご家庭のお台所で、食卓で、お料理を彩ってくれていると思うと

とても嬉しいです。皆さまありがとうございました。

 

今後364では、火にかけられる片手土鍋の中サイズ、黒と白が常設で入荷予定となっております。

まだいつ頃になるかは未定ですが、入荷致しましたら、こちらのお知らせでご報告致します。

また次回、正島克哉さんの個展は2020年となる予定です。

オリンピックの年ですね。是非、次回もお楽しみにお待ちいただけたらと思っています。

 

________________________

 

この度の正島克哉 陶展にて、耳付小鉢 白、黒をお買い求めいただいたお客様に

今回、ご報告があり、このお知らせ、ブログに記載させていただきました。

 

 

こちらの写真の耳付小鉢ですが、

364の確認不足にて、本来耐熱の器で火にもかけられる器でありながら、

お客様に耐熱であることのご説明が足りず、失礼をしてしまいました。

また、お買い求めいただいたお客様にも、使いはじめの目止めのお申し伝えが出来ず、

申し訳ないことをしてしまいました。すみませんでした。

 

耐熱と知っていたら、ご購入を検討された方もいらっしゃると思いますし、

お買い求めいただいた方にはご説明不足を申し訳なく思っております。

すみませんでした。

 

こちらのお知らせをご覧になったお客様は、

一度、目止めの仕様をご理解頂き、

目止めを行ってからのご利用をおすすめ致します。

(何度かご使用いただいた後にでも目止めの作業をしていただいても問題はありません)

 

水分があまりないものでしたら、問題はないのですが、目止めがしていない場合には

染込みも多く、汁物をはると、染み出る恐れがございます。

目止めをしていただければ、普段使いにも、直火、オーブンにも

ご利用可能となります。

下記に目止めの仕方を書き込みましたので行ってもらえればと思います。

 

今後、このようなことが無いよう、確認を厳密にしたいと思っております。

ご迷惑をおかけ致しますが何卒よろしくお願い致します。

 

 

何か、問題点、不具合、お問い合わせなどございましたら、

364サンロクヨン 03-5458-8065  info@sanrokuyon.com

まで、ご連絡いただければと思います。

お手数をおかけ致しますが、よろしくお願い致します。

 

 

________________________________

耳付小鉢の目止め方法

 

1:器にお水と冷やごはんを入れ、蓋をしないで弱火にかけお粥を作ってください。

  お水とごはんの量は器の容量に応じて調整してください。

  (耳付小鉢をガスコンロのゴトクに乗せて不安定な場合は、焼き網を敷いて行ってください)

 

2:お粥が出来上がったら火を止めそのまま一晩置いてください。

 

3:翌日、お粥を取り出して、スポンジ等で水洗いしてください。

  布巾で水気を拭き取り、器を良く乾かしてください。

 

※上記の方法で目止めが上手く出来ていない場合には、2〜3回繰り返し行ってください。

 その場合も器を良く乾かしてから行ってください。器が割れていなければ、必ず止まってきます。

 

________________________________

 

よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

展示会 - -
Opening Party !! 「Bar Washizuka ×Watanabe maki」

                              イラスト:塩川いづみ

 

 

 

10月最後のイベントは、4年ぶりの個展の開催となりました、

鷲塚貴紀 ガラス展が 10月27日(土)からはじまります。

今回の展示会の作品イメージテーマは、[Bar Washizuka]として、

秋の夜長に季節の移ろいを感じながら、ゆったりしっとりとガラスで愉しむ

ランプシェードやグラス、ボトル、器、などを作っていただきました。

 

展示会はじまりの前日、26日は鷲塚さんのガラスで彩る、

架空のBarとして一夜限りの[Bar Washizuka]を364にOPENします。

お料理はワタナベマキさん、オーナーは鷲塚貴紀さん、ご本人たちが会場にいらっしゃいます。

会費制ではありますが、会費の中にはお食事、ドリンクはもちろんのこと、

鷲塚さんがこのパーティの為だけにデザインしたグラスを選んで使っていただき、

お持ち帰り頂くシステムです。

先着50名となりますので、お愉しみいただけたらと思います。

 

 

 

10月26日(金) opening party

 

[Bar Washizuka]

 

 16時〜21時

  

 会費:3800円

 

 

※ドリンクのおかわりは、お代を頂戴致します。ソフトドリンクのご用意もございます。

※予約は不要ですが、無くなり次第終了となります。

※自転車、車のご来店はお酒の会ということと、停めるスペースがありませんのでお控えください。

※前夜祭当日は、申し訳ございませんが作品の販売は致しません。

※参加していただいた方のみ、グラスの追加オーダーを会期中のみ、定価となりますがお受け出来ます。

 

 

お料理の内容、会の詳細はまた決まり次第後日、お知らせさせていただきます。

 

 

 

 

2018年10月27日(土)〜11月04日(日)

 

 

「鷲塚貴紀 ガラス展」

 

※会期中の火、水曜は定休日を頂きます

 

 

 

すっきりとした形と綺麗な色のガラス。

鷲塚さんの作品からは、工業的な凛々しさと

手吹きのガラスの温かみがちょうどよい具合に感じられます。

今回の展示会では、ランプシェード、足付きのグラス、大皿など

新しい作品として数々並びます。

新色のオリーブグリーンも新たな試みです。

彩りを添えるガラスで、お酒やお食事をゆっくりと愉しんで

秋の夜長をお過ごしいただけたらと思います。

 

作家在廊日:26日、27日

 

 

 

 

364 サンロクヨン
杉並区西荻北3-13-16
03-5856-8065
info@sanrokuyon.com

JR中央線(土日祝は止まりません)、総武線「西荻窪」下車徒歩3分
北口を出て、左手交番前の商店街を直進
右手に西京信用金庫、左手にクリーニングたかはしのある十字路を左折
右手にすぐ見える2階建ての白い建物が364です。

 

 

 

展示会、イベント - -
イベントのお知らせです。

6日からはじまった正島克哉さんの陶展も終盤を迎え、

残すところ、あと2日間となりました。

火にかけられる土鍋類は完売してしまったサイズもございますが若干、

サイズがあるものもございます。

また、食卓の器も様々に使いやすい器がまだあります。

お時間ありましたら、是非お出かけください。

 

 

10月21日(日)に開催されるイベントです。

茂木恵実子さんのパンの販売です。

実は今年初めての販売となります。

また新たな試みもあり、楽しみです。

 

是非、お出かけいただけたら嬉しいです。

販売の注意など、一読されてからお越しいただけると有り難いです。

何卒よろしくお願い致します。

 

皆さまのお越しをお待ちしております!

 

 

 

 

 

 

 

イベント - -
毎年一度の秋の味覚のお楽しみ

 

えん工房、遠藤さんより秋の味覚です。

 

今年も早々入荷3日目のお知らせになってしまいましたが

栗のお味各種は残り少なくなってきてしまいました。

展示会前のバタバタでお知らせ、遅くなってしまいすみませんでした。

 

渋皮煮は皮ついてる?って言うくらいにやわらかく煮上げていて

甘さも程よく、本当にふっくらと美味しい。

ペーストのジャムもしっかりとした栗の味わいが一口食べると広がります。

秋のえん工房の人気の品。

是非お早めに。

 

栗の渋皮煮 1200円(容量は同サイズですが栗の個数は6〜8粒)

栗のジャム 1080円

 

 

 

◯秋姫 山形産の晩生種のすもも。香り高く味も濃厚。果実感を残した仕上がりに。

 

◯プルーン 小ぶりで食感のある品種で。種の中の核をアクセントに入れるのが遠藤さんのポイント。杏仁の香りが楽しいです。

 

◯バートレット 旬が短くお店ではなかなか見かけない山形産の西洋梨。とにかく香りがいいです。

 

◯紅玉 自家栽培の低農薬林檎、本当の手作りジャムです。皮ごと仕込んで赤のポリフェノールをたっぷりと。

 

◯いちじく・濃 山形ではおなじみの丸ごと甘煮をアレンジ。仕上げにバルサミコの酸味でコクと香りをプラス。

 

◯黄金桃(写真無し) 晩生種の黄桃で濃厚な香りと食べ応えのある果肉感で人気です。大きめカットの食感を是非!

 

◯白桃・玉うさぎ(写真無し) もちっ、とろーんとした弾力のある食感に仕上げた桃のプレザーブ。淡い色味がいいです。

 

各種 810円

 

 

 

 

 

 

 

食のこと - -
| 1/105 | >>