店番2人の日々の申し送り帳
日々、日常。

丸10年を迎えることが出来ました。

本日、11年目に入り、いつもと変わらず、

日常使いの食と道具のお店でありたいと

これからもがんばります。

たくさんの皆様に支えられて、今ここにある、ということだけです。

感謝です。

本当にありがとうございました。

これからもどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

364

駒井京子 二所宮佐代子

 

 

 

お店のこと - -
8月のイベント、ワークショップ

暑中御見舞い申し上げます。

毎日、暑い日が続きます。

皆さま、お身体ぐれぐれもご自愛くださいませ。

 

8月のイベント、ワークショップのお知らせです。

 

詳細はまた追って近日中にお知らせさせていただきますので

よろしくお願い致します。

 

 

 

 

WEEKEND 

TEALABO.t

 

台湾、中国、オリジナルティーを中心に

「心と身体を整えるお茶」を提案するTEALABO.tの武内由佳理さん。

自ら台湾に出向き、茶畑を巡り、武内さんがこだわって選んだ茶葉は、

五感を満たしてくれる香りと味わい。

一煎目を入れたとき、深呼吸をしたくなる清々しい鮮烈な香り、

一口含んだ時の染み渡る優しい味、二煎目、三煎目と、印象が変わり、

四煎、五煎目はお気に入りのお菓子とともに。

お茶を飲む場面はいろいろありますが、静かに1人でゆっくりと楽しみたくなり、

一煎毎の変化を感じ、味わっているうちに、

気付くと気持ちがすっと落ち着いているような、そんなお茶です。

 

テーマは引き続き、「雫」。

日毎に変わる、

雫のような瑞々しさを

楽しんでいただけたらと思っております。

 

期間中は、茶葉の販売もございます。

台湾・中国大陸からの緑茶・烏龍茶・紅茶をはじめ、

季節に合う茶葉をご用意しておりますので

ぜひみなさま足をお運びくださいませ。

 

 

 

 

   

 364

     〒167-0042 東京都杉並区西荻北3-13-16  03-5856-8065 info@sanrokuyon.com

    最寄り駅:JR中央線・総武線「西荻窪」(土日は総武線のみの停車駅となります) 

    徒歩3分北口を出て、左手交番前の商店街を直進、

    右手に西京信用金庫、左手にクリーニングたかはしのある十字路を左折。

    右手にすぐ見える二階建て白い建物が364です。

 

 

イベント、ワークショップ - -
フナハシトモハルさんの木の道具。

皆さま。

暑中御見舞い申し上げます。

先週の西日本の雨の被害は、

まだまだ落ち着かぬ毎日ですね。

ニュースを見る度に心が痛みます。

祈るばかりですが、

1日も早く平穏な日々となりますように。

_____________________

こんなに暑くてはふらりふらりと

お買い物に出かけるなんて、ちょっと難しい日中の日差し。

時間がある時にでもお家の涼やかな場所で

364のブログも要チェックしてもらえたら嬉しいです。

当店、364では、ネット販売という形はおとりしておりませんが、

メールのやり取りで、個人のお客様とご連絡を取りあいながらの

通信販売という形式であれば一部作品や食材もお送り出来ますので、

お気軽にお問い合わせくださいませ。

最近の364。

道具の入荷です。

愛知県にて作品を作り出している、

フナハシトモハルさん。

フナハシさんの作り出す木工の作品は、

木の持つ優雅な木目やなめらかな木肌を生かして

フナハシさんの意匠を巡らします。

木肌を染めて、シックな趣を追求することもあります。

フナハシさんの作るお盆やお皿はその時の一期一会。

同じ木目は無いものとして、その一皿、ひとつのお盆の表情が

豊かです。

日常使いのお料理に、また果物を乗せても、インテリアの小物を乗せても。

あたりもやさしく、軽いのがまたいいですよね。

毎日使う楽しみと経年変化の楽しみ。

木の道具の醍醐味です。

◯胡桃 リム皿  1枚 7560円

◯セン(柿渋鉄染)縁立上がり盆 240mm 8100円

◯セン(柿渋鉄染)縁立上がり盆 300mm 10800円

◯山桜 隅切長角盆 300×200mm 10800円 

道具のこと - -
明日7月7日は[七夕茶会]です。

 

天の川。

吉野羹製。

 

_____________________

 

いづれをか

思ひますらむ七夕は

あふ嬉しさと

あはぬつらさと

 

源経信

[上記、nanoさん写真・文章転載/2017年夏菓子]

______________________

 

今年の七夕は、お天気ももどかしく、

織姫、彦星の逢瀬も難しいかもしれません。

それでも思いを馳せてこの時候、この時間を

皆さまに楽しんでいただければと思っています。

 

足元悪い週末になってしまいましたが、

明日7月7日(土)のnanoさんによる

「七夕茶会」は予定を変えず、

am11:00〜pm5:00(ラストオーダー16:00)にて

皆さまのお越しをお待ちしております。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

七夕茶会

 

7月7日(土)

am11:00〜pm5:00(ラストオーダー16:00)

ご予約は要りません。

時間によってはお並び頂く場合もございますこと、ご了承くださいませ。

茶会は和菓子とお茶のセットメニューの提供とさせていただきます。(追加のお菓子はお受け出来ます)

また、お持ち帰りは出来ませんのでご了承くださいませ。

和菓子には数に限りがございます。無くなり次第終了とさせていただきます。

 

 

日に日に暑さを増す小暑の頃、暑風至(なつかぜいたる)。

この7月7日に、nanoさんが拵える、この時だけしか味わえない

喉越しの良い、夏の和菓子をお茶とともに愉しむ1日限定の茶会席です。

お気軽にお越しいただければと思います。

 

 

 

nano(和菓子)なの。

小さな単位を表すnano。

和菓子っていいな、と感じてもらえる、

なの単位の小さなきっかけを作ることができたら、

という思いで付けた屋号。

京都で、日本の文化史を学ぶうちに、日本の四季や文化が凝縮された和菓子に魅了され、

もっと和菓子の居場所を広げたいと思うように。

季節の気配や名残を感じながら、和歌や俳句とともに、イベントを中心に茶菓を紹介しています。

 

上記写真はnanoさんより借用転載。7日開催の菓子ではありません。

 

 

364 サンロクヨン
杉並区西荻北3-13-16
03-5856-8065
info@sanrokuyon.com

JR中央線(土日祝は止まりません)、総武線「西荻窪」下車徒歩3分
北口を出て、左手交番前の商店街を直進
右手に西京信用金庫、左手にクリーニングたかはしのある十字路を左折
右手にすぐ見える2階建ての白い建物が364です。

 

 

 

 

 

 

イベント - -
えんジャムより〜新入荷と再入荷のおしらせ

本日、山形えんジャムさんより、

新しい入荷と再入荷がありました。

 

現在のジャムのラインナップは下記の通りです。

 

 

 

1瓶 810円

 

 

 

1瓶 900円

 

 

本日の入荷分[新入荷、再入荷]

◯さとう錦

 遠藤さんの果樹が10年ぶりに実を付けた奇跡のさくらんぼです。

 無農薬のサクランボの果樹は本当に珍しいとのことです。

 

◯ダークチェリー

 山形の同じ畑を持つ仲間から仕入れたというこのダークチェリー。

 完熟した豊かな甘さの味わいなので砂糖は控えめにして仕込んだという程です。

 

◯高砂

 大粒でしっかりとした粒感と食感。食べ応えのあるジャムになりました。

 

◯こうか錦

 甘く、柔らかでやさしい食感の品種です。黄色も鮮やかな東京ではあまり出回ることの無いサクランボ種です。

 

◯ナポレオン

 ぷりっとした食感と酸味が持ち味のナポレオン。今回の実は太陽をいっぱいに浴びた露地栽培ものです。

 

◯赤すぐり

 小さな実を丁寧にほぐして果汁をとります。手間を惜しまず作るこのジュレは甘酸っぱく贅沢なひと瓶です。

 

◯朝摘みラズベリー

 早朝に摘んだラズベリーは1日の中でもフレッシュな状態です。

 その後はそのまま、すぐに仕込んで炊上げ、新鮮な香り食感を封じ込めています。

 

 

 

 

※数に限りがございます。

 サクランボ商品は今回の入荷で終了となります。

 

 

 

 

 

 

- - -
堀仁憲さんの器、入荷致しました。

 

岡山在住:堀仁憲さんのお茶まわりの器が入荷致しました。

大きさ、価格、在庫数などはお店の方へお問い合わせくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

道具のこと - -
七夕茶会〜夏風至 7月7日(土)1日限りの茶会席です。

nanoさん写真より転載使用(当日お出しするお菓子ではありません)

 

和菓子は皆さま、お好きですか?

目で愛で、香りを馨し、一口入れればたちまち口福。

nanoさんの創る和菓子は、この日のために皆さんに食べていただきたい、

喜んで頂きたいという一心の現れのカタチ。

本当に、どうしてこんなに儚いのだろうと思える程

サッと、口からほどかれ、その後の記憶の余韻が強く残ります。

 

イベント当日、お席のご予約は不要です。

ご自由にふらりといらしていただければと思います。

お持ち帰りは出来ませんが、364でこの季節の表現を

堪能していただければ嬉しく思います。

 

 

 

364 サンロクヨン
杉並区西荻北3-13-16
03-5856-8065
info@sanrokuyon.com
 
JR中央線(土日祝は止まりません)、総武線「西荻窪」下車徒歩3分
北口を出て、左手交番前の商店街を直進
右手に西京信用金庫、左手にクリーニングたかはしのある十字路を左折
右手にすぐ見える2階建ての白い建物が364です。

 

 

 

イベント - -
山形:えん工房よりさくらんぼの季節が到来です。

えん工房のジャムや、ごはんのおともが入荷致しました。

 

 

実は364開店以来、ニュースが舞い込んできました。

遠藤さんの果樹園にある無農薬のサクランボの木。

それも佐藤錦なのですが、10年ぶりに実りました!!

結構これって驚きのニュースらしいです。

雨が少なく、涼しい気温の日が続いたからか、奇跡!なのだとか。

植物の生命はすごいなあ。。

 

無農薬の佐藤錦は今回、低糖で味を決めたということです。

やわらかい実とデリケートな香りをお楽しみください。

 

紅さやかは甘酸っぱいルビー色したサクランボ。

キルシュを隠し味に味を整えました。

 

 

佐藤錦、紅さやか/900円

_________________________________

 

只今のえん工房ジャムレパートリーは、サクランボに加え、上記の4種。

八朔、清見タンゴール、いちご姫と並んだm河内晩柑が入荷。

和のグレープフルーツと呼ばれている晩柑。ジューシーな果肉とほろ苦さが持ち味。

あっさり風味のマーマレードに仕上げました。

 

 

各種ジャム 810円

_______________________________________________

 

 

続いて、ごはんのおとも、きゃらぶきの佃煮も入荷です。

この時期、ジメジメとした高温多湿気候で、食欲が落ちてしまう人も。

さっぱりとのお茶漬けとともに、また刻んでサラダや炒め物のアクセントに、など

幅広く楽しめます。

この夏前の入荷の時期を待ちわびてくださる方も多く、

このように、地味だけれど滋味、シンプルだからこそ、素材や調理の手を抜けないモノが美味しいって

本物の美味しさですね。

 

 

きゃらぶき 400円

________________________________________

 

みなさま、体調崩れるこの季節の変わり目、美味しいもので、

身体からの消化、身体にとっての吸収の良いものを、タンと食べて、

暑い夏に備えましょう。

 

 

________________________________________

 

7月のイベントのお知らせ

 

 

 

 

 

 

食のこと - -
会津三島町より〜五十嵐文吾さん

マタタビザルへの想いと、文吾さんの軌跡。

振り返る95年、それ以上の三島町の気候風土と、この生活の道具とのかかわり合いについてを

ゆっくりとお話しを伺うことが出来て、とってもいい時間を過ごさせていただきました。

 

本年の五十嵐文吾さんの作品の入荷はございません。

楽しみにお待ち頂いた方々、たいへん申し訳ございませんが

ご了承くださいませ。

 

 

文吾さん、お元気です。

今年は少し作品作りをお休みをされていらっしゃったそうです。

少しづつ、出来ればまた作りたいからがんばります。

と文吾さん、おっしゃっていたのでまた私達も心待ちにしています。

 

 

写真は数十年と使い込まれた文吾さんの家の台所道具のざる。

しっかりと編まれて今でも歪み無く、現役です。

あ、折れっちゃったんですか?ときくと、

ガスコンロで端っこ、燃やしちゃったのよ。。と側に居たおばあちゃん。

ほんわかした時間がやさしく流れていました。

 

 

 

文吾さんが思う道具づくりとは、

道具として使ってもらえるものを真摯に作り、嘘が無い道具に仕上げる。

 

父親もマタタビのざる編みは上手だった、と文吾さん。

見よう見真似で習得し、自分が見いだした編み方やコツを用いて

どうすればしっかりと、でも柔らかく、手に塩梅のいいものを作れるか、という想いで

作り続けて来たと言います。

雪解けから霜が降りる頃までは、農業を続け、

秋口には山に入り、極上のマタタビをじっと熟成するまで待つ。

三島は雪高く、冬の農閑期にはこのザルやかごなどの道具を作りためます。

作品ではなく、日常の道具を。

出来上がったザルは1週間から2週間の間、軒下に吊るされ、

雪に晒され、青みが抜けてベージュの艶のある本来の極上のマタタビの表情が表れます。

 

 

今回、意識して、様々なマタタビのザルを手にした時に、

文吾さんの良き、道具のザルとは、ということを思い出しながらみていました。

やっぱり文吾さんの編むザルはすごいなあ。

 

もっともっと、これからも文吾さんに編み続けて欲しい、と願う旅となりました。

またご報告出来る日が来ること、お待ち頂けたらと思います。

どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

2018 6月

 

364

五十嵐文吾

 

 

iPhoneImage.png

 

 

道具のこと - -
6月10日(日)、本日営業しております。


本日は臨時休業日としておりましたが、

急遽、お店を通常営業できる事になりました。

ご来店お待ちしております。


364

お店のこと - -
| 1/103 | >>