店番2人の日々の申し送り帳
明日17日(日)はご予約完了の方の小どら引き渡し日です。

 

尾崎史江さんの小どら。

先日はみなさまにご予約のご連絡を頂きありがとうございました。

ご予約完了のお知らせをさせて頂いたお客様は

明日17日(日)がお引取日となっております。

お忘れなく営業時間内(12時〜19時)にご来店下さるよう

お願い申し上げます。

 

フナハシトモハル木工展『MONOTONE』

も開催中です。

 

みなさまのご来店をお待ちしております。

 

 

 

364

 

 

 

食のこと - -
ワークショップのお知らせです。

明日から始まる

フナハシトモハル木工展『monotone』も

作品がたくさん来ました。

皆さまのお越しをお待ちしております。

 

月末30日から始まる

芦屋:MUSICA TEAの販売会。

今年も多くの美味しいお茶とワークショップなどを企画中です。

下記、お知らせとなります。

ワークショップなど募集中ですのでお申し込みお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

_____________________________________

 

364

杉並区西荻北3-13-16

03-5856-8065

info@sanrokuyon.com

 

JR総武線西荻窪駅 北口より徒歩3分

北口より左手バス通り(伏見通り)を

直進。右手に西京信用金庫、

左手にクリーニングたかはしのある十字路を左折。

二件目右側、白い二階建ての家が364。

 

 

 

 

 

イベント、ワークショップ - -
小どらの当日販売について

 

11月17日(日)

尾崎史江さんの『小どら』の販売は

ご予約分にて製造数を上回ってしまった為

今回、申し訳ございませんが

当日分売りは無しとさせていただきます。

 

今後、寒い時季になりますので、

定期的な販売となる予定でおります。

 

また楽しみにしていただければ有り難いです。

 

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

364

 

 

 

 

食のこと - -
次回は木工展:フナハシトモハル『monotone』16日(土)より始まります。

昨日までの2日間、

鴨川:草so「里山の暮らし」展では多くのお客様に来ていただけて

嬉しかったです。ありがとうございました。

本日より常設にて草soさんのプリンセスサリーという愛称のお米、

1kg(白米:1000円/玄米:800円)を常設にて取扱い始めました。

カレーにはもちろん、炒め物やスパイス料理、おにぎりでも、

幅広くおかずとの相性良く、炊きあがるご飯です。

インドのバスティマ米と日本のニホンバレというお米の掛け合わせの品種なので

すくってパラッと、食べてモチッと、香り高いご飯です。

ぜひ、展示会で買い逃してしまった方もぜひ!

 

 

今週末からは久しぶりの食の道具の展示会です。

 

 

 

2019年11月16日(土)〜24日(日)※会期中の19日(火)と20日(水)は定休日を頂きます

『monotone』

フナハシトモハル木工展

 

営業時間:12時〜19時

作家在廊日:16日

 

 

今回の展示会では秋に寄り添うシックな色味でというお題を考え、

展示会名を『monotone(モノトーン)』としました。

フナハシさんのモノ作りの核心にある、素朴さ、土、光、植物。。

それらより感じるmonotoneを作品に表すように、

シンプルだけれど使って育てて行ける楽しみのある道具として

奥ゆかしい数々です。

 

イラストは塩川いづみさん。

作品から感じる色味、カタチをmonotoneとして表現してくださいました。

タイトルを囲んだ四角のカタチもフナハシさんの膳からカタチどられていますね。

素敵です。

 

 

 

フナハシトモハルさんの、はこぶもの、うけるもの、もりつけるもの。

とても素敵です。ぜひ、ご来場頂けたら嬉しいです。

よろしくお願い致します。

 

 

364

杉並区西荻北3-13-16

03-5856-8065

info@sanrokuyon.com

 

JR総武線西荻窪駅 北口より徒歩3分

北口より左手バス通り(伏見通り)を

直進。右手に西京信用金庫、

左手にクリーニングたかはしのある十字路を左折。

二件目右側、白い二階建ての家が364。

 

 

※展示会に出品しない写真も含まれております。

※写真はフナハシトモハルさんInstagramより借用も含みます。

 

 

 

 

 

 

展示会 - -
本日小どら、予約開始日です。

※小どらのご予約は販売予定数に満たしましたので

完売となりました。

 

当日販売分がある場合は前日までにお知らせを致します。

何卒よろしくお願い致します。

 

 

本日12時より小どらの予約開始となります。

 

お申込みはメールのみとなります。

 

当日売りの有無は15日(金曜)にお知らせ致します。

 

店頭引き渡し日は17日(日曜)の営業時間内となりますので

 

どうぞ宜しくお願い致します。

 

今回もベーシックな尾崎さんの小どらの味と

秋の滋味深い木の実と冬に近づくぎゅっと酸味を蓄えた果実の味。

季節の風味を存分に味わっていただけたら嬉しいです。

ご予約、お待ちしております。

 

※迷惑メールではじかれてしまい、こちらからの返信が届いていないという

 状況がございます。

 3日以内(火、水定休日除く)には、予約の有無のお返事をしておりますので

 こちらからの返信がない場合、

 お手数ですが折り返しお電話でご連絡くださいませ。

 

____________________________________________

 

小どらは生地皮の小麦粉に、

玄米甘酒、白味噌、黍砂糖など自然の甘みを使用し、

香り高くしっとりふんわりと焼き上げた和菓子です。

餡は北海道洞爺産の小豆、白小豆にこだわり、使用。

季節のお味を入れて4種×各2個入の一箱です。

尾崎さんの今回の一箱は、黒あん、白あん、

栗バター、ルバーブバターの4種です。

試作を重ね、ようやく完成された推しの逸品です。

風味、食感、香りを存分に愉しんで頂けたら嬉しいです。

 

黒あんと白餡は尾崎さんのベーシックとして

 

小どらの皮と餡の相性を味わって頂く一品。

その他の季節の味は下記のご説明になります。

 

 

♢栗バター
小布施の栗を使った栗餡とバター。

主役を引立てる風味に杏の蜜煮をすこし。

ねっとりした小布施栗の濃厚な風味に、ほんのりブランデーの香り、

そして後から追ってくる品の良い杏の酸味の余韻。

栗好きにはたまらない味だと思います。

 


♢ルバーブバター
長野富士見町の農家さんの赤いルバーブで仕上げたジャム。

隠し味に梅干しを効かせました。

白餡とバター、ルバーブのはっとするような鮮烈な赤の色味と

キュンとしてしまう酸味。どら焼きを引立ててくれます。

 

_____________________________________

 

小どら詰合せ〈一箱:4種各2個入〉

原材料:小麦粉、卵、キビ砂糖、水飴、玄米甘酒、白味噌、太白胡麻油、

牛乳、重層、小豆、白小豆、栗、ブランデー、杏、ルバーブ、梅干し、

発酵バター

 

1箱:2080円

[ご予約はおひとり様2箱までとさせて頂いております。]

 

 

_____________________________________

 

364

杉並区西荻北3-13-16

03-5856-8065

info@sanrokuyon.com

 

JR総武線西荻窪駅 北口より徒歩3分

北口より左手バス通り(伏見通り)を

直進。右手に西京信用金庫、

左手にクリーニングたかはしのある十字路を左折。

二件目右側、白い二階建ての家が364。

食のこと - -
臨時休業のお知らせ

 

 

11月8日(金)

9日〜10日鴨川:草so『里山の暮らし』展の

展示会準備のため 臨時休業 致します。

 

 

364

 

 

 

※ワークショップ『田んぼしごとの報告会』は定員に満たしましたので、

只今キャンセル待ちとさせていただいております。

よろしくお願い致します。

お店のこと - -
11月9日(土)〜10日(日) 鴨川:草so『里山の暮らし』展

 

11月9日(土)〜10日(日)

鴨川:草so 『里山の暮らし』

 

毎年この時期に企画する展示販売、ワークショップ『里山の暮らし』。

今年の房総は台風や雨風に見舞われ、

草so 畑中さんの田んぼも被害が少なくはなかったと聞いています。

それでも起き上がり、たわわにお米を稔らせ、

この秋、ようやく収穫にたどり着きました。

 

さらさらとした口あたりに瑞々しい噛みごたえのプリンセスサリー。

今年は餅米も美味しく出来上がったということなので

ぜひ、ご自宅でおこわなど作るのにも楽しみな素材です。

その他、この気候が安定しない中、元気に育った

さつまいもやみかんなども販売。

収穫したての様々な実りをぜひ食してください。

 

お待ちしております。

 

 

 

 

※ワークショップ『田んぼしごとの報告会』は定員に満たしましたので、

只今キャンセル待ちとさせていただいております。

よろしくお願い致します。

イベント - -
尾崎史江さんの小どら[11月17日お受け渡し分]のご予約を11月4日に開始致します。

※小どらのご予約は販売予定数に満たしましたので

完売となりました。

 

当日販売分がある場合は前日までにお知らせを致します。

何卒よろしくお願い致します。

 

 

お久しぶりの小どらです。

 

ようやく夏を越えて涼しい季節となりました。

尾崎さんの作る小どらはベーシックな餡のどら焼きと

旬の果実をぎゅっと封じ込め、バターと合わせて季節の一品にしています。

それもあり、季節の味は暑い時期にはバターが溶けてしまうため

お休みを頂いていた、この4か月間。

 

11月に小どらの販売会を再開します。

ご予約は11月4日(日曜)PM12時から始めます。

お申込みはメールのみとなります。

当日売りの有無は15日(金曜)にお知らせ致します。

店頭引き渡し日は17日(日曜)の営業時間内となりますので

どうぞ宜しくお願い致します。

 

今回もベーシックな尾崎さんの小どらの味と

秋の滋味深い木の実と冬に近づくぎゅっと酸味を蓄えた果実の味。

季節の風味を存分に味わっていただけたら嬉しいです。

ご予約、お待ちしております。

 

※迷惑メールではじかれてしまい、こちらからの返信が届いていないという

 状況がございます。

 3日以内(火、水定休日除く)には、予約の有無のお返事をしておりますので

 こちらからの返信がない場合、

 お手数ですが折り返しお電話でご連絡くださいませ。

 

____________________________________________

 

小どらは生地皮の小麦粉に、

玄米甘酒、白味噌、黍砂糖など自然の甘みを使用し、

香り高くしっとりふんわりと焼き上げた和菓子です。

餡は北海道洞爺産の小豆、白小豆にこだわり、使用。

季節のお味を入れて4種×各2個入の一箱です。

尾崎さんの今回の一箱は、黒あん、白あん、

栗バター、ルバーブバターの4種です。

試作を重ね、ようやく完成された推しの逸品です。

風味、食感、香りを存分に愉しんで頂けたら嬉しいです。

 

黒あんと白餡は尾崎さんのベーシックとして

 

小どらの皮と餡の相性を味わって頂く一品。

その他の季節の味は下記のご説明になります。

 

 

♢栗バター
小布施の栗を使った栗餡とバター。

主役を引立てる風味に杏の蜜煮をすこし。

ねっとりした小布施栗の濃厚な風味に、ほんのりブランデーの香り、

そして後から追ってくる品の良い杏の酸味の余韻。

栗好きにはたまらない味だと思います。

 


♢ルバーブバター
長野富士見町の農家さんの赤いルバーブで仕上げたジャム。

隠し味に梅干しを効かせました。

白餡とバター、ルバーブのはっとするような鮮烈な赤の色味と

キュンとしてしまう酸味。どら焼きを引立ててくれます。

 

_____________________________________

 

小どら詰合せ〈一箱:4種各2個入〉

原材料:小麦粉、卵、キビ砂糖、水飴、玄米甘酒、白味噌、太白胡麻油、

牛乳、重層、小豆、白小豆、栗、ブランデー、杏、ルバーブ、梅干し、

発酵バター

 

1箱:2080円

[ご予約はおひとり様2箱までとさせて頂いております。]

 

_____________________________________

 

364

杉並区西荻北3-13-16

03-5856-8065

info@sanrokuyon.com

 

JR総武線西荻窪駅 北口より徒歩3分

北口より左手バス通り(伏見通り)を

直進。右手に西京信用金庫、

左手にクリーニングたかはしのある十字路を左折。

二件目右側、白い二階建ての家が364。

 

 

食のこと - -
「あなたと旅するポルトガル」展示販売は3日(日曜)まで延長となりました

馬田草織さんとカステラノートさん主宰の

「あなたと旅するポルトガル」。

 

10月26日、27日の週末イベント[馬田草織さんのポルトガル食堂]は

おかげさまで大盛況ののち終了致しました。

混雑のため、失礼してしまったことなど無いといいのですが、

たくさんの方々にお越しいただき、

わいわい楽しい2日間でした。

ありがとうございました。

そして、ニュースです!

今回の「あなたと旅するポルトガル」の展示販売を

11月3日、日曜日まで会期を延長することになりました。

 

もう少しゆっくりと、カステラノートさんの暮らしまわりの道具と

今回大盛況だった馬田さんの書籍を見て頂きたく

そのような運びとなりました。

ポルトガル食堂のメニューをもう一度!と思っている方はぜひ書籍を。

ご自宅でポルトガル料理を作ってみませんか?

またカステラノートさんの暮らしまわりのものたちで

冬支度してみませんか?

 

週末3日の日曜日まで是非お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

展示会 - -
11月のワークショップ「田んぼしごとの報告会」今年も参加募集開始です

 

2019年11月9日(土)、10日(日)

 

鴨川:草so「里山の暮らし」

 

 

新米プリンセスサリーを中心に

パンやジャム、焼菓子など販売致します。

里山で穫れた野菜や果物なども今年は良い出来なので

沢山お愉しみ頂けるように販売となりました。

 

ぜひ、おいしいを通じて、みなさんでこの里山を

守れたらという今年4回目となるイベントです。

お楽しみに。

 

 

__________________________________

 

※ワークショップ『田んぼしごとの報告会』は定員に満たしましたので、

只今キャンセル待ちとさせていただいております。

よろしくお願い致します。

 

 

千葉:鴨川 草so 畑中亨さんと美亜子さんの

「田んぼしごとの報告会」。

今年で4年目となりました。

 

小さな棚田からはじめた米づくりも8年。

2016年に新規就農し、泣きたくなるような時もあるけれど

自分たちが食べるお米を作ることが生活の中心にある暮し。

その意味を年々感じています。

 

今年は二度も台風がやってきて、長い停電生活も経験し、

自分たちに必要なもの、向かって行くべき場所が見えてきた、

沢山の気づきがあった時間でした。

そんなことも含みつつ、

田んぼしごとの1年のお話を、棚田での作業風景の写真を

小さなスライドにして364の2階で見ながら、

そして今年1年の収穫したおいしいお米でこしらえた

カレーを食べながらお話をします。

ぜひ、ご参加下さい。

(本文、畑中美亜子さんより)

 

 

ワークショップ

11月9日(土)

12−15時 要予約

会費3000円

(新米プリンセスサリーのカレープレート、新米と冊子のおみやげつき)

 

 

 

 

ワークショップ - -
| 1/117 | >>