店番2人の日々の申し送り帳
今週の「お手入れ」の会

 

今週土曜日開催の

菊一さんに教わる「包丁研ぎ」。

 

開催日も近くなってきました。

 

今回は気持ちの良い、初夏の日に

この会を催すことが出来、

また季節を変えて嬉しいものです。

 

私たち364は今年、11年目を迎えますが、

お店を開く当初、取り扱いの他、主にやりたかったことは

日々の道具の「お手入れ」をその道のプロフェッショナルである

職人さんに直に手ほどき頂ける会を持ちたいということでした。

 

開店当初から包丁は菊一さんのものをと決めていて

はじめてご挨拶に伺った時、菊一さんの大将感を目の前に

モノゴトをお願いするのにドキドキしたことを今でも覚えています。

鎌倉から「あの菊一さん」を西荻窪に来て頂くわけで

それはまわりの皆さん、「よく大将引き受けてくれたね。」と言います。

ありがたいです。

(実は菊一さん、立ち食いそばのお店が大好きで西荻窪には美味しい立ち食いそばのお店と

おいしいお酒が飲めるお店が沢山あるから、と言う理由で私たちのお願いを承諾して下さった、、、

という話もチラホラ。。。そのお噂はぜひ参加の際に本人に確認して下さい!)

本当に菊一さんにお願い出来て良かった、と思うお店を開店させて丸10年経った今

思うワークショップの内容です。

 

日々の道具をお手入れすることは毎日の食事のおいしさへも繋がります。

お手入れと、菊一さんのおはなしを楽しみに

来て頂ければ嬉しいです。

 

お席は、前半、後半、まだ空いております。

今からでも受付、大丈夫です。

メール、お電話にてお申込みをお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

ワークショップ - -
菊一さんから教わる包丁研ぎ/お料理が一段と美味しく

 

菊一さんから教わる「包丁研ぎ」
5月25日土曜日 開催

 

 

鎌倉:菊一伊助商店、3代目 菊一公明氏、

毎年秋の会として定例会としておりましたが、

昨年体調不良のため、秋の会を一度中止とさせて頂き

その後に元気になった菊一さん、

今年は早めの春に開催を決定しました!

 

この会は公明氏だから教わりたいこと、

聞きたいこと、大将から教われるなんてすごい素敵なことだな、

と始めた会であったので、

早くも復帰し、会を再開してくれたのは嬉しいことです。

菊一さんも皆さんが真摯にお手入れに毎回向き合ってくれていることをすごく喜び、

また教えることが今回の元気の源になっているようです。

 

 

由比ヶ浜大通りに店を構え、
研ぎの専門店として長い間、刃物を使う職人はもちろんのこと、

家庭の台所を支える普段使いの包丁の手入れとして

各家庭の包丁を研ぎ整えてくれます。


菊一さんは研ぎ終わった後の切れ味を覚えていてほしい。

それを感覚で覚えていれば切れ味がなんかしっかり来なくなると思ったら、研ぎ時。

切れなくなった包丁で食材を切ると食材の繊維を潰してしまい、

旨味が逃げてしまうと言います。

きちんと手入れされた包丁は繊維を壊さず調理されるので、

美味しくなるはずなのです。

 

公明氏から教われること、貴重な機会です。

ぜひ!ご参加ください。

 

 

 

 

 

ワークショップ - -
食堂いちじくまでの道のり[尾崎史江]
2014年CQ JAPAN記事より転載

尾崎史江

GQに関する記事ページです。
精進料理やケータリングを基本に料理と関わっている自然派の料理家。
目黒通りにあるホテル、カフェ、ショップ、ギャラリーからなり、
リノベーションホテルの代名詞とも言われる「CLASKA」。
その2階にあるライフスタイルショップ「CLASKA Gallery&Shop"DO"」が新たに展開する食堂「DO TABELKA」で
フードプロデュースを担当している。
ポーランド語でテーブルを意味するこの食堂のディレクターが、
奈良にある雑貨店「くるみの木」の展示会オープニングパーティで尾崎史江が担当したフードに惚れ込んだことから実現した。
日本橋COREDO室町3階にオープンした「DO TABELKA」では、
旬の食材の秘める力を活かすことをモットーとした尾崎史江によって、
毎日食べても身体に美味しくて飽きないものが提供されている。
ごはんに汁物、主菜1品と副菜2品という一汁三菜でメニューを作ることを掲げており、
車麩や高野豆腐などの植物性のものを主菜に置くなど、身体への負担を考えた優しいものを心がけている。
商店街を歩いて帰る途中に寄るような、気取らないリラックスしたカフェとして、
「丁寧に正直に無理はしないで食を楽しむ」空間に相応しい、まさに「今をどう食べるか」を提唱する料理家である。
_____________________________________________________
364では5月19日(日)に
尾崎史江さんのお食事会を予定しております。
お席は各部、若干の人数の受付が可能でございます。
お申込みをお待ちしております。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
↓下記の写真は紹介制お弁当ケータリングのお仕事の際のひと箱です
イベント - -
尾崎史江さんのお食事会

5月19日(日)

2部制でのお食事会開催予定の

尾崎史江さん。

 

364では小どらの販売でいつもお世話になっておりますが、

実は紹介制でのケータリングではじめて知り合いました。

その時のお弁当がとっても美味しくて、色々とたずねると

お菓子を作ったり、メニュー開発などのお仕事もされていると

お聞きして、興味津々でした。

話せば共通の知人も多く、色々と話している間に364で何か始めてみては、、という

運びとなり、まずは昨年末の小どらの販売がスタートになりました。

 

今回、お弁当があんなに美味しいのだから、作り立てはさぞかし美味しく頂けるのではと

贅沢なお食事会として、

本当に尾崎さんがやってみたいことやってみたらいいのでは?と

話し合い、精進料理を自分流に提供出来ればという考えになりました。

 

皆さんとも尾崎さんのおいしいをわかちあえればと思います。

狭い店内ではありますが、ゆっくりとおいしいの時間を味わって頂ければ

嬉しく思います。

 

お申込みは下記の内容で、info@sanrokuyon.comまで。

 

 

 

イベント - -
本日最終日となりました[須田二郎 木のうつわ展/WORK OF THE TREE]

 

ながいながいゴールデンウィークも今日が最後となりました。

みなさん、思う存分楽しい毎日を過ごせたでしょうか?

連休中、お仕事だった方々もお疲れさまでした。

みんなのいつもの時間が戻ってきますね。

 

ゆるりと流れた連休を感じる空気や気候、人の流れに

最後のこの日が曇り日でちょっと寂しい感じです。

 

須田二郎さんの展示会も本日まで。

通常364では展示会は日曜日までとしていますが、

せっかく祭日なのだし、連休最終日、タイミング良く須田さんの展示会に行けそう!という方、

ちょっと西荻にでも遊びにいってみようか、と思っている方のためにも

364、開店して須田二郎さんの展示会も今日までとなっております。

 

ぜひふらりとどうぞ。

 

 

 

 

下記、募集続いております。

ご予定合わせてぜひどうぞ。

お待ちしております!

 

 

 

 

 

****************************************************************

 

 

 

展示会 - -
須田二郎 木のうつわ展「WORK OF THE TREE 」追加納品

ゴールデンウィークも折り返しというか、あと数日。

364は通常通りの営業でお休みではないのですが、

この休日のゆったーりとした時間の流れが

また日常に戻ってしまうのが少し寂しい気分も。

数年前までは西荻窪も休日にこんなに人があふれる街ではなかったですが

最近はふらりふらりとお散歩しながら小さな個性豊かなお店を

楽しみに訪れる人も多いです。

 

須田二郎さんの木のうつわの展示も数が少なくなり、

須田さんが会期中に少しづつ作っては納品してくれるものもあります。

そして新しいものもまた、手元を離れてしまったりしていますが、

本当に須田さんのうつわは人気ですね。

 

人気の理由は色々とあるけれど、使いやすくて

気負いしないうつわだからかな。

 

「初めて木のうつわを使うのです」、という人にも

背中を押してくれるうつわなので、

ぜひ、悩んでいる方にも須田さんの木のうつわはおススメです。

木のうつわは毎日の食卓で陶器やガラスの器と良くあいますので

食周りの暮しがまた楽しくなること間違いないです。

 

展示会では須田さんのお手紙を皆さん宛に紹介しています。

とても人柄を表し、ほんわかしてしまいます。

 

のこりの3日[5月6日月曜・祝まで]ぜひ、

皆さまのお越しをお待ちしております。

 

リム付き皿[新入荷]

1人前のパスタ皿としても、2人盛りのお皿としても使えるお皿です。

木のうつわでもソースなど大丈夫だよ、と須田さん。

 

大きなリム付き大皿[新入荷]

何を盛りつけようかお料理を考えるのが

楽しみになるうつわです。

サーバーで取り分けて華やかな食卓に。

 

パン皿、果物などにいかがでしょうか?

このような木の節や木目の楽しいうつわは出会いですよね。

穴があいているものなどはパン皿に使ったり、果物やクッキーなどお菓子皿にどうぞ。

お気に入りの表情です。

 

トレー丸[新入荷]

初日に完売してしまった丸いお盆。

再度入荷ありました。

がっしりと重厚感もあり、色つや、育っていく経年変化も楽しめそうです。

 

 

 

 

 

 

 

展示会 - -
菊一伊助商店/菊一公明氏から教わる「包丁研ぎ」

 

 

毎年、秋に開催の、菊一さんから教わる「包丁研ぎ」の会。

今回は春に開催を決定致しました。

 

ご自身のお手持ちの刃物がぐっと使いやすく、綺麗になるのは

嬉しいことです。

毎日のお手入れはおいしい手料理の秘訣です。

 

ぜひ皆さまのお申し込みをお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

ワークショップ - -
omiさんのお菓子が本日再入荷しました。

 

須田二郎 木のうつわ展

「WORK OF THE TREE」も

連休折り返しとなりました。

 

本日須田さんからは、完売してしまったトレーやリム付きのお皿、

またスプーンサーバー(大)などの

追加入荷もありました。

 

ぜひ、お手に取ってご覧いただけたらと思います。

 

またomi藤野弘美さんのお菓子は、月曜日に完売し、

次回の入荷は金曜の3日16時以降としておりましたが

本日、藤野さん、大きな荷物を抱えてお店にお届けしてくれました!

お昼過ぎに美味しかったからとお買い求めにご来店頂いた何名かのお客様には

このブログを見てもらえたらいいなあと願っています。

数は少しありますので本日もお時間ありましたらぜひ。

 

omiさんのお菓子は食べておいしかった!と再度ご来店頂いたお客様が数名も

私達もほんと、美味しいなあとじみじみしてしまう焼き菓子です。

 

本日は

◯生口島無農薬レモンポルボロン

◯キャラメル大豆フロランタン

が新しいお味で新入荷です。

 

こひつじクッキー、ココナッツチョコフレーク、もろこしクッキーも

入荷ありました。

 

 

今日は少しずつお天気もよくなり

過ごしやすい気温ですね。

 

お散歩がてらにぜひお出かけ下さい。

お待ちしております。

 

 

 

- - -
須田二郎「WORK OF THE TREE」× Omi

 

今回の須田二郎さんの展示会では

焼菓子をと提案する、Omi 藤野ひろみさんのおいしいお菓子も

販売しております。

 

omiさんの焼菓子は、ガリガリ、ポリポリ、

バリバリ、、食感が楽しいです。

味わいは様々な材料を吟味しているので

しっかりと粉の味やバターの味、していますが

くどくない。

危険なほどサクサク、ゴリゴリと食べ進んでしまいます。

 

今回このomiさんをご紹介下さったのは

須田二郎さん。

 

須田さんもイチオシのご近所さんということでした。

 

連休中のおやつに、おもたせに、こどもの日の贈り物に。

ぜひ、私たちも大好きなOmiさんの焼菓子を皆様にも食べて頂きたいです。

 

宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

展示会 - -
27日から始まる、須田二郎 木のうつわ展「WORK OF THE TREE」

27日(土)、明日からは大型連休、ゴールデンウィークです。

皆さん連休はどんなふうに過ごされることでしょう。

364では木工家の須田二郎さんによる、

木のうつわ展が開催されます。

 

須田さんの木の器はおおらかで、気負わない木の道具です。

みんないい表情しています。

ひとつひとつ手に取ってご覧頂けたら嬉しいです。

 

どうぞ、宜しくお願い致します。

 

 

 

 

2019年4月27日(土)→5月6日(月)

 

須田二郎 木のうつわ展

「WORK OF THE TREE」

 

※会期中の火曜水曜は定休日を頂いております

OPEN:12時〜19時

 

展示会 - -
| 1/111 | >>