店番2人の日々の申し送り帳
菊一さんに教わる「包丁研ぎ」2020年秋

 

毎年秋に、手習いの場として包丁研ぎの会を催しています。

 

鎌倉菊一伊助商店。

由比ケ浜大通りに面している菊一さんのお店は、

まわりの風情も鎌倉という立地のせいか、

様々な感性のよさを感じるお洒落なお店も増える中、

私好みの渋さを感じる店構え。

気持ちよくたなびく暖簾に、[とぎ]とある。

この暖簾だけで興味が湧いてしまうのは、私だけでないはず。

外からガラス越しに中を伺うと、小上がりの板間にあぐらをかいて

軽快に刃物をと研いでいる男性の姿が見えます。

水桶に砥石を置き、ショッ、ショッと身体の芯に筋が通っているように安定した感じの所作。

気軽に勇気を持って引き戸をカラカラと開ければ、

「いらっしゃい。」という挨拶。

はたしてその言葉に和むのか、さて、更に緊張を増すのか、それはその人次第。

 

菊一公明氏。鎌倉菊一伊助商店、三代目。

四代目の息子の純平さんが現在お店を切り盛りされている中、

おやじさん、と皆が親しみもって呼ぶ公明氏も現役さながらです。

2人の研ぐ刃物の音、水の音、なかなか味わえることの無いお店の情景です。

 

料理屋さんの板前さんが刃物のメンテナンスに、

一般の人も、わが家の台所道具のお手入れにと、

近所の刃物研ぎの大将の店へ訪れるのです。

 

日々、使う包丁は、質のいいものよりも、

こまめに研いで、お手入れすることが家庭では大事なこと。

この大事は包丁が良く切れるという、道具の要の使い心地にもありますが、

何にせよ、切れる包丁は料理のおいしさが違うんだよ、と菊一さん。

鋼はもちろんのこと、ステンレスだからと安心せず、まずは研いでみて。

自分でその切れ味の塩梅を手の感触、切れ味で覚えることが、まずはじめ。

そうすると、切れなくなった時の不快感がわかる。

研ぎは、一度覚えれば、あとは毎日の所作。

 

研ぎに対しても刃物に対しても、

寛容深く、対処してくれる菊一さん。

 

毎年続いたこの包丁研ぎ、今年をもって最後の会とさせて頂きます。

包丁研ぎは多くの方に知ってもらいたい、台所のキホンです。

 

菊一公明氏に教わる包丁研ぎの会。

ぜひご参加頂けたらと思います。

 

 

※今回の会はコロナ禍の開催につき、人数制限を少数制とさせて頂きます。

 また開催において下記の注意事項に同意の上、お申し込み頂けたら有難いです。

 この時勢の中、恐縮なお願い事ですが何卒宜しくお願い致します。

 

……………………………………………………………………………………………………………

「菊一さんから教わる包丁研ぎ」

 

日程:10月17日(土)

 

時間:第一部 12時半〜14時半満席となりました。キャンセル待ちを受付中です。)

   第二部 15時半〜17時半満席となりました。キャンセル待ちを受付中です。)

 

会費:3300円

 

教材:砥石を2本使用致しますので、ご持参ください。

(♯240と♯1200[どちらも幅50〜65mm程、長さ210mm程を推奨します])

   砥石は、364でも購入可能ですので、ご予約の際にお申し付けくださいませ。

   (♯240→2090円/♯1200→2750円)

※詳しくはお電話もしくはメールにてご相談ください。   

 

持ち物:服装

   ご家庭でお使いの刃物(包丁、ナイフ)2〜3丁まで。

   (鋼、ステンレスどちらも可。パンきりナイフも可。

    はさみは特別な研ぎ方法となるのでお控えください。)

   手ふき、エプロン(もしくは汚れてもいい服装で)

   座しての講習となりますので、女性の方はパンツスタイルでお願い致します。

 

ご予約の際には、

◯お名前

◯ご希望時間

◯ご連絡先電話番号

◯砥石を持ち込みされるか、364でご購入か

(ご購入の際には1本か2本ともかもご記入ください)

を、お知らせくださいませ。

 

_____________________________

 

以下、ご来店の際の注意事項となります。

何卒宜しくお願い致します。

 

 

◎364では細心の注意を払い、店内の消毒、

 また換気などをして営業させて頂きます。

 

◎店内での接客は大変失礼かと思いますが

 マスク着用の対応とさせて頂きます。

 また、お客さまにつきましても、

 マスクを着用頂いての入店のお願いをしております。

 (包丁研ぎの際には体調に合わせて無理のない範囲で着用をお願いしております)

 

◎店内には手消毒液を設置しておりますので、ご利用頂ければと思います。

 

◎体調がすぐれない場合は、ご来場をお控え下さいませ。

 

◎ご予定が合わない場合はキャンセルのご連絡を頂けると

 有り難いです。開催3日前以降のご連絡はキャンセル料を頂く場合もございます。

 

__________________________

 

ご予約、お問い合わせ

電話:03 5856 8065

mail:info@sanrokuyon.com

- - -
本日9月25日:オンラインストアにて正島克哉「陶鍋」展 17時ごろより観覧開始予定です。

 

 

本日25日(金)17時ごろより

明日から始まる正島克哉「陶鍋」展の

事前観覧をオンラインストアにて開始致します。

 

今回の展示会はコロナ禍により、展示会の開催方法を数ヶ月前よりとても悩み、何度も相談しました。

結果、私達が今までに無いやり方のオンラインストア販売という形を取ることになりましたが、

その分たくさんの方々に手にして頂けるようにとこの猛暑の夏、

克哉さんは出来るだけたくさんの器を製作して下さいました。

 

まだまだこの陶鍋を手にしていない方、数をもっと揃えたかったけれどなかなか買えない、

遠方だから取り扱いのあるお店や展示会などに足を運べないと言う方々の為にも、

この展示会を皆さんで楽しんで頂ける形になると良いなあと思っております。

 

 

販売は明日26日(金)13時ごろよりスタートです。

それまでは各項目の作品在庫を0に設定しております。

販売スタートしてからは、お一人様6点まで(6点以上の方は自動的にキャンセルする場合がございますので

ご注意下さいませ)となります。

お買い物途中、カートに作品を確保していてもご精算までたどり着かないと

お買い求め頂けないこともありますのでご注意下さいませ。

 

では何卒宜しくお願い致します

_________________________________________

 

 オンライン限定開催 

 

正島克哉「陶鍋」展

 

9月26日(土)〜10月4日(日)

 

オンラインショップBASEにて

13時ごろよりスタート

 

 

 

正島克哉「陶鍋」展:お知らせの注意事項を一読、ご理解頂き、

オンライン展示会を楽しんで頂けたら嬉しいです。

 

※展示会中、正島さんの作品は店頭での商品陳列、販売は致しません。

 

 

_______________________________________

 

 

364

 

杉並区西荻北3-13-16

03-5856-8065

info@sanrokuyon.com

展示会 - -
明日9月21日からの営業予定をお知らせ致します。

 

9月26日(土)13時から始まる

オンラインストア限定販売の

【正島克哉「陶鍋」展】開催準備、開始につき

9月21日から10月4日までの営業を下記のように変更致します。

 

ご迷惑をおかけ致しますが

どうぞ宜しくお願い致します。

 

◯9月21日(月) 臨時休業

◯9月22日(火) 定休日

◯9月23日(水) 定休日

◯9月24日(木) 臨時休業

◯9月25日(金) 店舗臨時休業 

          17時ごろより

                              オンラインストアにて展示会作品観覧開始

◯9月26日(土) 店舗臨時休業

          13時ごろより

                              オンラインストアにて展示会販売開始

                             (展示会作品は無くなり次第終了/下記同じ)

◯9月27日(日)〜28日(月)

          店舗臨時休業

          オンラインスア展示会販売営業中

◯9月29日(火) 定休日

◯9月30日(水) 定休日

◯10月1日(木) 店舗営業12時〜17時まで  

                              オンラインスア展示会販売営業中 

◯10月2日(金) 店舗営業12時〜17時まで  

                              オンラインスア展示会販売営業中

◯10月3日(土) 店舗営業12時〜17時まで  

                              オンラインスア展示会販売営業中

◯10月4日(日) 店舗営業12時〜17時まで  

                              オンラインスア展示会販売営業中

 

 

 

お店のこと - -
今週末よりオンラインストア限定、正島克哉さんの「陶鍋」展がはじまります

_________________________________________

 

 オンライン限定開催 

 

正島克哉「陶鍋」展

 

9月26日(土)〜10月4日(日)

http://www.sanrokuyon.com

 

オンラインストアにて

13時ごろよりスタート

 

 

 

 

 

上記、正島克哉「陶鍋」展:お知らせの注意事項を一読、ご理解頂き、

オンライン展示会を楽しんで頂けたら嬉しいです。

 

※展示会中、正島さんの作品は店頭での商品陳列、販売は致しません。

 

_______________________________________

 

 

 

 

 

 

展示会 - -
臨時休業のおしらせ:今週末12日(土)から始まる「くらしのクロマー展」準備のため

9月11日(金曜日)は展示会準備のため

 

臨時休業致します。

 

 

週末より始まる「クロマー展」をお楽しみに。

 

______________________

  通常店頭開催 

 

カンボジアの働く布 

 

「クロマー」展

 

 

9月12日(土)〜20日(日)

open:12時〜19時

※ 15日(火)、16日(水)は定休日です

ご来店が難しい方の為のオンラインサポートも可能です。

  詳しくは事前にご相談のお電話、メールを頂ければご対応致します。

 

 

364の開店当初より長きにわたり続けてきた展示会のひとつ「クロマー」展。

カンボジアの日々の生活に欠かせない万能のこの布は

赤ちゃんからお年寄りまで様々な場面で使える万能の布です。

第一回の開催時にクロマニヨン主宰の森田わかなさんの娘さんが

当時小学生で、小さな身体にくるくると巻かれたクロマーが愛らしく、

かわいいなあと思っていました。

そんな彼女も20歳を越え大人の女性に。

彼女の暮らしの中に根付くクロマーは生活の道具として

インテリアにも重宝しているのだとか。

 

今回は大きな締めくくりとして

森田わかなさんと娘さんの当時に見た光景を記念に

ダイレクトメールの挿絵を

イラストレーターの塩川いづみさんに託しました。

 

子供でも大人でも楽しめるクロマー、

そしてこれから重ねる生活の年月に寄り添うクロマーを

やさしく感じて頂けたら嬉しいです。

 

_______________________________________

 

364

 

杉並区西荻北3-13-16

03-5856-8065

info@sanrokuyon.com

 

 

JR総武線西荻窪駅 北口より徒歩3分

北口より左手バス通り(伏見通り)を

直進。右手に西京信用金庫、

左手にクリーニングたかはしのある十字路を左折。

二件目右側、白い二階建ての家が364。

 

 

お店のこと - -
9月のふたつの展示会始まります。

9月はふたつの展示会を開催致します。

 

今年は展示会ごとに作り手さんと相談して

多くの皆さんに楽しんでいただける展示会のやり方を

摸索しています。

 

今月開催の展示会は開催の仕方がまったく違う展示会。

こちらのブログでも随時お知らせしていきますので

ご確認の上、ご参加頂けたら嬉しく思います。

 

________________________________

 

 

  通常店頭開催 

 

カンボジアの働く布 

 

「クロマー」展

 

 

9月12日(土)〜20日(日)

open:12時〜19時

※ 15日(火)、16日(水)は定休日です

ご来店が難しい方の為のオンラインサポートも可能です。

  詳しくは事前にご相談のお電話、メールを頂ければご対応致します。

 

 

364の開店当初より長きにわたり続けてきた展示会のひとつ「クロマー」展。

カンボジアの日々の生活に欠かせない万能のこの布は

赤ちゃんからお年寄りまで様々な場面で使える万能の布です。

第一回の開催時にクロマニヨン主宰の森田わかなさんの娘さんが

当時小学生で、小さな身体にくるくると巻かれたクロマーが愛らしく、

かわいいなあと思っていました。

そんな彼女も20歳を越え大人の女性に。

彼女の暮らしの中に根付くクロマーは生活の道具として

インテリアにも重宝しているのだとか。

 

今回は大きな締めくくりとして

森田わかなさんと娘さんの当時に見た光景を記念に

ダイレクトメールの挿絵を

イラストレーターの塩川いづみさんに託しました。

 

子供でも大人でも楽しめるクロマー、

そしてこれから重ねる生活の年月に寄り添うクロマーを

やさしく感じて頂けたら嬉しいです。

 

では開催をお楽しみに。

 

 

_________________________________________

 

 オンライン限定開催 

 

正島克哉「陶鍋」展

 

9月26日(土)〜10月4日(日)

 

オンラインショップBASEにて

13時ごろよりスタート

 

 

 

今回の展示会は364としても正島さんとしても

今までに無いかたちのオンライン限定のみの展示会とすることにしました。

このコロナ禍でどのようなかたちで皆様に楽しんで頂けるのか。

手に取ってみて頂く、お話ししながらなにか暮しの景色を感じながら物選びをする、

ということを正島さん自身、とても大切にしているので

この展示会のやり方にするまでには何度も電話、メールでやり取りしました。

展示会をこのような形にするのは最初で最後かもしれません。

ある意味、この状況下で出来ることだから楽しみたいものです。

正島さんの土鍋は多くの人が楽しみにされている作品のひとつ。

通常、展示会にいつも来ることが出来ない方々にも

手に取ってもらえる善き機会をと考えをシフトして、

この酷暑の夏に励んで頂いた作品たちです。

 

上記、正島克哉「陶鍋」展:お知らせの注意事項を一読、ご理解頂き、

オンライン展示会を楽しんで頂けたら嬉しいです。

展示会までにはまたお知らせも重ねます。

こちらのブログでご覧頂けたらと思います。

 

※展示会中、正島さんの作品は店頭での商品陳列、販売は致しません。

 

_______________________________________

 

 

364

 

杉並区西荻北3-13-16

03-5856-8065

info@sanrokuyon.com

 

 

JR総武線西荻窪駅 北口より徒歩3分

北口より左手バス通り(伏見通り)を

直進。右手に西京信用金庫、

左手にクリーニングたかはしのある十字路を左折。

二件目右側、白い二階建ての家が364。

 

展示会 - -
山形:遠藤さんのジャムが届きました。

 

◯太陽

紅色の綺麗なプラムの品種。今年は隣町の農家さんより実を分けていただき

仕上げました。酸味と甘さのバランス良し。

 

◯朝摘みブラックベリー

自家栽培のブラックベリーを収穫後即仕込み。

種を丁寧に漉して口当たり良いようにしました。濃厚な色味、味わいをお愉しみください。

 

◯プルーン

上山の畑で育てている果実。今年は無事に収穫出来ました。

食感を残しアクセントのある食感にしました。

ヨーグルトはもちろんパンやスコーンなどにも合いますよ。

 

◯黄金桃

農家仲間の山形:天童の友人が育てた黄金桃。

桃の甘み、濃厚さ、香りが豊かです。

 

◯白桃・川中島

上山産の立派な白桃が手に入り濃厚でとろんとした味わいに仕上がりました。

遠藤さん、イチオシの味。

 

 

各 980円(税込)

 

 

※その他、豊後梅も入荷ありました(今期分最後の入荷です/次回は白加賀梅を予定)

- - -
有元くるみさん:アリッサ入荷です

みなさま。

お待たせ致しました。

 

有元くるみさんのアリッサ、入荷です。

この夏、在庫を切らしてしまい、

何度もアリッサを求めご来店いただいたお客さま、申し訳ございませんでした。

 

野菜やお肉、餃子にスープ、、、

後引く調味料のひとつとして台所、食卓に常備したくなるの

わかります!

 

山ちゃん特製ジンジャーシロップも再入荷です。

ノドがピリリとする感じ、クセになります。

ジンジャーエールや今の季節にはかき氷などにも良いですね。

 

 

アリッサ 864円

ジンジャーシロップ 1620円

 

 

 

 

食のこと - -
なつやすみ

 

8月11日(火曜)から19日(水曜)まで夏休みを頂きます。

 

連休明け20日からの営業は、展示会開催など無い時は

しばらくの間、営業時間を

12時〜17時までとさせて頂きます。

 

 

※お問い合わせなどのメール、電話につきましては連休明け、順次お返事をさせて頂きます。

※オンラインショップのご購入に関しても同時休業とさせて頂きますので

 ご発送準備は連休明けとさせて頂きます。

 

ご不便おかけ致しますがご理解のほど宜しくお願い致します。

皆様、元気な夏をお過ごし下さい。

 

 

364

 

 

 

お店のこと - -
花とテーブル。続いております、「TABLE」展。8月9日まで。

花とテーブル。

只今開催の展示会、「TABLE」展。

多くの陶や木、硝子の食の器が旅立っていきましたが

今回、一柳京子さんのお花を飾ることが出来る器も

多く取り扱えることになり嬉しい一品です。

テーブルに彩りを添えてくれる器は食卓の食の道具としても

素敵ですが、お花を飾る、花器としてもとっても素敵なのです。

 

作品も少なくはなりましたが、

様々なピッチャーに合わせて花を飾ってみました。

 

 

今の季節のグリーンや白などの植物にも今回の展示の器は合いますが

スモーキーな黄色や紫、またドライな色味にも合わせることが出来る

素敵な作品がまだ多く並んでいます。

 

たくさんの人たちと集まることがなかなか叶わぬ毎日ですが

暮らしに花を添えたり、家族や友人のために気分を変えて彩ってみると

すてきなテーブルになると思います。

様々なお花の色味を受けてとめてくれる表情ある花器のラインナップ。

是非お手に取って、またオンラインの販売でもご覧頂くことが出来ます。

こちらまで→

 

 

なにかお手伝い出来るような提案をという方には

是非、info@sanrokuyn.com まで

お問い合わせ頂ければと思います。

 

よろしくお願い致します。

 

 

食の器もまだ揃いのものもご用意出来ますよ。

 

 

 

 

「TABLE」


陶器:一柳京子
木工:フナハシトモハル
硝子:鷲塚貴紀

 

 

7月24日(金祝)〜8月9日(日)
会期中の火曜水曜は定休日です。
12時〜19時

 

※展示会中の作家在廊は無しとさせて頂きます。

 

 

 

364

杉並区西荻北3-13-16

03-5856-8065

info@sanrokuyon.com

 

JR総武線西荻窪駅 北口より徒歩3分

北口より左手バス通り(伏見通り)を

直進。右手に西京信用金庫、

左手にクリーニングたかはしのある十字路を左折。

二件目右側、白い二階建ての家が364。

 

 

 

展示会 - -
| 1/127 | >>