店番2人の日々の申し送り帳
秋の味覚、入荷のお知らせ

 

山形の遠藤さんから、秋の味覚が届きました。

栗ものが届くと秋をしみじみ実感します。

 

(栗)

◯栗の渋皮煮  遠藤さん家で穫れた栗。落ちたての新鮮な栗を使用しているので

        柔らかくしっとりした仕上がりです。

        大粒の栗がぎっしり。瓶によって栗の個数が異なります。

        4〜6粒    1200円

 

◯栗ジャム   自家製の栗を低温熟成し、芳ばしい香りが立ってきてから仕込んでいます。

        栗のつぶつぶ入で、和菓子のような味わいです。   900円

 

(ジャム)

◯いちじく   3日間かけてじっくり甘みを含ませたいちじく。

        ジャムというよりコンポート。スプーンですっと切れるくらい柔らかです。 810円

 

◯プルーン   減農薬で育てたプルーン。種の核も入れて香り良く、歯ごたえも感じられます。 810円

 

◯バートレット 酸味の爽やかさと華やかな香りの西洋梨。とろりと柔らかい果肉はヨーグルトとよく合います。 810円

 

◯玉うさぎ   とろりとした食感とした食感の白桃。果肉も桃色、名前の通りのかわいい桃です。 810円

 

◯秋姫     香りの高いプラムを大きめにカットして果肉感を楽しめるジャムになっています。  810円

 

 

この時期ならではの、フレッシュな柚子胡椒、今年最後の入荷、小梅の梅干しも入荷しています。

どれも各10本ぐらいづつの入荷ですので、気になる方はお早めにどうぞ。

 

 

これから、かぼちゃやごぼう、れんこんなど根菜類がおいしい季節ですね。

良く切れる包丁でのお料理は楽しいものです。

包丁を研いで、硬いお野菜を切る準備をしてはいかがでしょう。

 

包丁研ぎのワークショップもまだ空きがございますので

ぜひご参加くださいませ。

 

 

「菊一さんから教わる包丁研ぎ」

 

日程:10月28日(土)

 

時間:第一部 12時半〜15時

   第二部 16時〜18時半

 

会費:3240円

 

教材:砥石を2本使用致しますので、ご持参ください。

(♯240と♯1200[どちらも幅50〜65mm程、長さ210mm程を推奨します])

   砥石は、364でも購入可能ですので、ご予約の際にお申し付けくださいませ。

   (♯240→1900円/♯1200→2500円)

※詳しくはお電話もしくはメールにてご相談ください。   

 

持ち物:服装

   ご家庭でお使いの刃物(包丁、ナイフ)2丁まで。

   はさみは特別な研ぎ方法となるのでお控えください。

   手ふき、エプロン(もしくは汚れてもいい服装で)

   座しての講習となりますので、女性の方はパンツスタイルでお願い致します。

 

ご予約の際には、

◯お名前

◯ご希望時間

◯ご連絡先電話番号

◯砥石を持ち込みされるか、364でご購入か

(ご購入の際には1本か2本ともかもご記入ください)

を、お知らせくださいませ。

 

 

ご予約、お問い合わせ

電話:03 5856 8065

mail:info@sanrokuyon.com

 

 

食のこと - -
山形:小国kegoyaの玄麦うどん 本年度収穫:初入荷です。

 

今年収穫のふくよかな小麦で、

おなじみのおいしいkegoyaのおうどん、

入荷致しました!

 

 

山形:小国で無農薬栽培のお米や小麦、大豆、その他様々な野菜なども

精力的に作農しているkegoya 柳沢悟さん。

柳沢さんの仕事は、農業をはじめ、炭焼き職人として白炭を作ったり、

山菜採り、山に入りマタギとして狩猟などもしながら日々、暮らしを守ります。

 

柳沢さんのこしらえるうどんは、玄麦のまま、製麺します。

色目は地味ですが玄麦の香り高い麺の風味を楽しめ、ツルツル、ふっくら。

茹で時間は10〜15分ほどで。お好みに合わせ、調節して下さい。

最後に火を止めたままフタを開けず、2分ほど蒸らすのがふっくら茹で上げるコツです。

 

今年の小麦はとてもよい出来栄えだったと、柳沢さん。

細麺(中太)、平麺と2種類。

平麺はパスタのようにソースと絡めても美味です。

 

 

kegoyaのおうどん

1袋 420円

 

 

 

食のこと - -
入荷のおしらせ。

 

すっかり秋ですね。

空気も空も気づけば変わって、いつの間にか夏が終わってしまったような。

遠藤さんから届いたジャムも、深い色に変わり季節が流れているのを感じます。

 

自家栽培の果物が増えてきた遠藤さん。

ジャムと一緒に自家製の野菜を詰めてくれたりするのですが

いつもきれいな野菜だな、と感心してしまいます。

果物や野菜から丹誠込めて作っている遠藤さんは

ジャムやさんでもあり農家さんでもあり。

忙しい中少しづつ、遠藤さんの新しい試みも

私達にとって楽しみのひとつです。

今回は初めてジャム、ジェネバ(りんご)が入荷しています。

 

 

向かって左から(各810円)

 

・ジェネバ(りんご)   果肉も赤色の珍しいりんごを使っています。

             赤紫色がきれいなジャム。  

 

・ブラックベリー     遠藤さん家で自家栽培したブラックベリー。

             完熟して香りの良いブラックベリーを摘んで、すぐジャムに。

             二度漉ししているので、なめらかな食感。

             瓶の中に1粒ブラックベリーが入っているお楽しみも。

 

・赤すもも        小ぶりで真っ赤な昔からある品種。

             甘酸っぱさとほのかな渋みが楽しめます。

 

・黄桃(滝ノ沢ゴールド) マンゴーを思わせる鮮やかな黄色。

             とろり、つるっとした食感で、特にヨーグルトと相性がいいです。

 

・白桃(あかつき)    こちらの桃も遠藤さんの自家製。

             完熟のタイミングを見計らって収穫し、すぐに加工。

             こんなことが出来るのも、自家栽培ならでは。

 

 

 

 

秋のお楽しみのひとつ、新米。

ご飯のお供におすすめな小瓶も入荷しています。

 

・ゆかり(340円)     今年は山形も太陽が顔を出す日が少なかったようで。

               そんな中、ぎらぎら照りつける陽射しを逃さず完成したゆかりは

               香りがよく仕上がってます。

 

・梅ふりかけ(370円)   かりかりの梅干しを細かくして作った梅ふりかけ。

               酸味と塩味がきいた色鮮やかなふりかけは、

               おにぎりやお弁当に大活躍です。

 

・青唐辛子醤油漬(350円) 辛くて香りの良い青唐辛子を極うす切りにして

               お醤油に漬け込みました。

               使用しているお醤油は、山形県産大豆で天然醸造している「天水醤油」。

               まろやかな風味のお醤油に漬かった青唐辛子は、あとをひく美味しさ。

               湯豆腐の薬味として、焼き肉の漬けだれとして、納豆に…と

               いろいろ使えます。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

来週からは、クロマー展が始まります。

気持ちの良い季節、ぜひお散歩がてらいらしてくださいませ。

 

 9月16日(土)〜24日(日)

「カンボジアの働く布 クロマー展」

  ※会期中の火曜日、水曜日は定休日を頂きます。

 

OPEN:12時〜19時

 

  

 

 

 

 

 

 

食のこと - -
ことしもサクランボの季節が始まりました。

山形:えんjamより初夏の味が届いております。

 

 

 

◯バレンシアオレンジ 810円

 愛媛の農園から直送して頂く国産の果実を使っています。今年は果肉を増量。

 ジューシーなオレンジ感をお楽しみください。

 

◯灘オレンジ 810円

 和製グレープフルーツと言われている灘オレンジ。さっぱり感とほろ苦さが

 こんがりトーストに良く合います。

 

◯紅花錦(さくらんぼ) 900円

 山形:えんjam畑の自家栽培。低農薬です。ベストのタイミングまで収穫を待って

 丁寧に仕込みました。

 

◯ダークチェリー(さくらんぼ) 900円

 大粒を選んで使用した食べ応えのあるダークチェリーです。

 こっくりの甘さがじわっとひろがります。

 

◯露地いちご 810円

 太陽を浴びて育った野性味溢れるいちご。種のぷちぷち感と、

 際立つ香り。昔からこの山形:山辺で受け継がれて来た品種です。

 

 

 

 

食のこと - -
今期2017年のお味噌もあと少しとなりました。『我が家の手前味噌。』

 

本年度、遠藤玲子さんの13割味噌もあとわずかとなりました。

まだ食べていません。もう少し、ストックとして買い足したい。

一度食べて美味しかったので、おもたせに使いたい。

という方。是非、どうぞ。

 

 

写真は本年度1月に364で行われた遠藤玲子さんの味噌作りの会の様子。

毎日頂くものがどのようにして作られるのか。

お料理のコツや、道具の話、その郷土のお話は人から聞く程、楽しい時間と学びに変わります。

ご参加頂いたお客さま、ありがとうございました。

来年届く手前味噌をお楽しみにお待ちくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

遠藤玲子さんの13割みそ

450g  500円(税込)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食のこと - -
遠藤玲子さんのおいしいもの届きました。

◯晩白柚(ばんぺいゆ)ジャム 810円

 ザボンの一品種であるこの果実は甘みと酸味のバランスが良いとされています。

 遠藤さんはほろ苦さと青い香りを効かした仕上げにし、大人のジャムに。

 今年はすっきりとした味に改良し、フレッシュさを追求しました。

 

 

 

◯伊予柑ジャム 810円

 太めにカットした皮を柔らかく食べ応えのある食感に仕上げました。

 ジューシーな果肉が贅沢なひと瓶です。

 

 

◯金柑ジャム 950円

 改良されていない、昔ながらの金柑は、程よい苦みと甘さ、酸味のバランスが格別。

 煮ることによって、風味豊かに仕上げられるこの味わいは

 柔らかく生食用としておいしい金柑とはまたひと味違います。

 ゆっくり丁寧に煮たから味わえるやわらかな金柑の皮の美味しさは格別です。

 

 

 

 

◯白加賀梅干に続き、今回の梅干しは、【豊後】という梅の一種で。

ほんのりと梅本来の果実の甘みを感じながら、まろやかな酸っぱさが梅の旨味を

感じさせてくれます。

 

豊後梅干 10粒入 650円

 

 

 

 

 

 

食のこと - -
13日より遠藤玲子さんのお味噌、販売開始です。

遠藤さんの13割味噌。

13日より販売開始です。

450g 500円

 

おひとりさま一回につき、3パックまでとさせて頂きます。

大変申し訳ございませんが、お取置き、通信販売は出来ません。

ご了承下さいませ。

 

山形で育ったお米の糀と大豆で仕上げられたお味噌を

遠藤さんが手塩にかけて愛で育てた、味噌です。

「手前味噌ですが今年も美味しくし上がりました!」と遠藤さん。

是非、お味見してみて下さいね。

 

引き続き364で開催:1月28日、29日の

遠藤玲子さんから教わる「わが家の、手前味噌。」

ワークショップも受付中です。

29日は残り1席、28日はまだ若干の人数が入れます。

詳しくは1月中のブログにてご覧下さいませ。

 

 

また、本日入荷の遠藤さんの美味しいもの。是非どうぞ。

 

◯柚子こしょう 400円(再入荷です)
◯辛南蛮  400円(再入荷です)
◯青唐辛子の醤油漬け 350円 (限定数にて販売中です)
◯梅干し(白加賀) 1パック10粒入 650円
◯干柿(平種柿) 5個入 550円(今回の入荷で今期終了です)
◯干柿(蜂屋柿) 1個 300円(今回の入荷で今期終了です)
 

 

 

 

 

食のこと - -
おいしいです。すごくおいしい。kegoya十割おそば。

久しぶりに何度も言いました。美味しいです。

食べてもらいたいです、kegoya柳沢悟さんの十割おそば。

 

朝夕の寒暖差のある山国:山形県小国で育った風味豊かな蕎麦です。

無農薬のそば粉を原蕎麦仕立てで製麺された濃厚な風味は、

蕎麦を茹でたそば湯がまた格別に美味しいです。

 

今までなんで出さなかったの?と伺ったところ

「毎年、出来不出来が激しく、なかなか売り物としては出せない年が多いのですが、

今年の蕎麦は旨いです!」と柳沢くんからもお墨付き。

私も久しぶりにおいしいおそば食べたなあ〜とぺろりでした。

 

 

そして茹で湯のそば湯。

甘みさえ感じるそば湯に、少しだけ生姜の効いたお漬物を入れてみました。

いやあ、美味しいです。

スープのようですよ。

とろっとしたそば湯は、ここ数日の冷え込みにじわっと身体を温めてくれました。

 

是非一度、お試し下さいませ。

この時期の贈り物としても好適です!

 

 

 

 

 

 

食のこと - -
17日(土)からは年末年始に嬉しい、美味しいものも揃います。

お知らせ:

12月16日(金)は展示会準備のため、臨時休業致します。申し訳ございません。宜しくお願い致します。

 

(クグロフ写真:茂木恵実子)

 

今週17日(土)から、一階での「白木屋伝兵衛 箒展」と合わせて

二階では、いつもの食材に加え、年末年始に嬉しいものたちも増えていきます。

 

ひとつは毎年恒例、この時期にお願いをしている

Fermentation 茂木恵実子さんのクグロフ。

上記の写真は焼きたてを。

これらにシロップをギュッと染み込ませ、おめかしさせて、364に届きます!

上質の素材をふんだんに使って、年末に皆様へのありがとうの想いを込めて

丁寧に焼き上げている恵実子さんのクグロフ。

この販売もようやく5年目となりました。

いまではあまり販売用としては使用しない、陶器の型を使って焼き上げる、めずらしい昔ながらの製法です。

その分、焼き上がりはしっとり、サクリ。

日にちを掛けて少しずつ楽しみながら、さらにしっとりと、

バターやドライフルーツの甘みがまろやかに一体化させるのが私の好みです。

 

もうひとつのおいしいは、kegoya柳沢悟さんの玄米餅。(写真左)

柳沢悟さんは山形小国で農業、炭焼き、狩猟、と季節を感じながら大地と仕事をしています。

いつの季節も自然が味方、自然が敵です。

今年はいのししに荒らされず、無事に餅米も確保。

 

昨年は白餅と一緒に販売しましたが、玄米餅のおいしさにびっくり。

今年は玄米餅のみの販売と致します。

 

と、ここまで書いていたら、急遽柳沢さんからおいしい追加のお知らせが。

本年度は乾蕎麦が上手に出来上がりました!とのこと。

そば粉100%、つなぎ無しの乾蕎麦です。

年越し蕎麦は、kegoya蕎麦で決まりです!

 

そんな数々の[おいしい]を17日からはお届けしまーす。

 

その他、正月飾りも出そろいます。

お楽しみに。

 

_______________________________

 

白木屋傳兵衛 

 

「箒」展

 

12月17日(土)〜28日(水)

 

 

白木屋傳兵衛:店長高野氏が展示会中の12月17日(土)在廊。

                             

箒と掃除の手ほどきのお話が伺えます(13時ごろ〜18時くらいまで)

 

20日(火)、21日(水)は定休日を頂きます

27日(火)、28日(水)は休まず、通常営業させていただきます

_______________________________

 

*年末年始営業のおしらせ

12月29日〜1月6日までお休みを頂きます。

 

食のこと - -
山形:遠藤さんの秋深まる頃のジャム入荷です。

山形:えん工房の遠藤玲子さんより秋深まるジャムが

届きました。

 

 

 

紅玉ー林檎(810円)

真っ赤な紅玉を入手しました。

皮ごと仕込んでポリフェノールをたっぷりと。

甘酸っぱさがきいた人気の定番です。

 

 

秋姫ープラム(810円)

プラム(すもも)の中で秋に収穫される高級品種の秋姫。

香りが濃厚です。食感を楽しめるように大きめにカットしました。

 

 

花梨(810円)

自家栽培+上山の花梨を極うすにスライス。

さらに花梨から作るジュレを瓶にたっぷり入れました。

 

 

山栗(1080円)

栗拾いは山に入るのに熊に用心しつつ、

収穫をします。上山の栗はとっても滋味深い味わいです。

低温熟成にして香ばしく、人気のひと瓶です。

 

 

 

 

 

 

 

 

食のこと - -
| 1/12 | >>