店番2人の日々の申し送り帳
鎌倉:菊一伊助商店/菊一公明氏のお薦め刃物。

11月5日(土)

 

鎌倉菊一伊助商店の刃物

 

 

2年ぶりの開催となります、菊一さんから教わる包丁研ぎの手ほどき。

お席は、残念ながら満席となってしまいましたが、

5日(土)まで、菊一さんがおすすめする包丁を

定番のものに加え、常設にて販売しております。

時間によっては(包丁研ぎワークショップ以外の時間帯)菊一さんに包丁の

選定をしていただける場合も。

自分の手に合うひとつを、新調してみてはいかがですか?

 

 

____________________________________

次回のイベントのお知らせです。

 

鴨川:草soより『里山の暮らし』

 

2016年11月11日(金)→13日(日)


pm12:00〜19:00

 

 

3日間、千葉:鴨川にあるギャラリー草soの

畑中亨さん、美亜子さんによる、

里山の暮らしの産物を展示販売致します。

週末土日は、2階でカレーshopも開催です。

 

[展示販売内容]

自家栽培米(コシヒカリ、プリンセスサリー)、

パン、グラノーラ、焼菓子、ジャム、他

 

 

【CAFEイベント】
11月12日(土)、13日(日)

12:00〜18:30(18:00ラストオーダー)

cafe 草soオリジナルカレーを

自家栽培新米のプリンセスサリーでお召し上がり頂けます。

 

 

 

イベント、ワークショップ - -
馬田草織さんのポルトガルイベント:フライヤー

7月30日(土)、31日(日)のイベント、

ポルトガル食堂2days

馬田草織の

「タスキーニャ&パステラリア 

   旅気分でポルトガルを味わう2日間」

 

イベントフライヤーを

design office kasi 千葉佳子さんに製作していただきました!

元気でかわいい、そして楽しい!、馬田さんらしいフライヤーになりました。

是非、楽しい真夏の2日間、364へ遊びにいらして下さい。

お待ちしております。


design office kasi→HP☆

 

 

※本日は定休日のため、

7月31日(日)パステラリア/ワークショップへのお申込みは

メールもしくは留守番電話にて。

明日以降、順番にお返事をさせて頂きます!

どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

イベント、ワークショップ - -
真夏のポルトガル食堂2days

真夏のポルトガル食堂2days

馬田草織のタスキーニャ&パステラリア

旅気分でポルトガルを味わう2日間

 

昨年に引き続き、2回目開催の運びとなりました。

 

エディターの馬田草織さんが魅せられたポルトガル。

今まで何冊もの本や雑誌などでポルトガルの良さを文章を書くという仕事を通じ

ポルトガルの良さを伝えてきましたが、

やはり自分の言葉を通じ、食を通じ、みなさんと直に向かい合って語っていくということにも

大切さ、楽しさをここ数年みいだしている馬田さんです。

このイベントが決まってから、先月ポルトガルを再訪した馬田さんの

改めて再確認したモノゴト、そして新たな出会い、ほかほか旅気分のおすそ分けを頂きましょう。

 

_____________________________

◯7月30日(土)

ポルトガル食堂のタスキーニャ

14:00〜21:00 

シュワシュワのヴィーニョヴェルデ(緑のワイン)を中心に、

マデイラワインやジンジーニャ(サクランボのリキュール)などをご用意。

ポルトガルのバカリャウ(干しだら)を使ったおつまみやごはんプレート、

旅のお土産ワインも登場予定です。

おつまみ600円〜 ワイン300円〜

 

_____________________________

◯7月31日(日)

ポルトガル食堂のパステラリア 

「ポルトガルから伝わった南蛮菓子の歴史トークカフェ」

予約制となります。お申し込み、お問い合わせは364まで〉

 

13:00〜15:00の部
16:30〜18:30の部

 

450年前にポルトガルから日本に渡った南蛮菓子の歴史のお話を
おいしいポルトガル菓子とともにお届けします。

 

会費:3500円
ポルトガル焼き菓子3種+生菓子1種+coffee

_____________________________

 

364(sanrokuyon)  

167-0042 東京都杉並区西荻北3-13-16   
03-5856-8065 
info@sanrokuyon.com
JR中央線・総武線「西荻窪」駅 徒歩3分             
北口を出て、左手交番前の商店街を直進、右手に西京信用金庫、                          
左手にクリーニングたかはしのある十字路を左折。
右手にすぐ見える二階建て白い  建物が364です。

 

※上記食堂のお料理写真は、今回のメニューとは異なる場合がございますので

 ご了承の程、宜しくお願い致します。

 

 

 

イベント、ワークショップ - -
ようこそ、ポルトガル食堂へ。

 

真夏のポルトガル食堂2days

 

馬田草織のタスキーニャ&パステラリア

 

旅気分でポルトガルを味わう2日間

 

昨年に引き続き、2回目開催の運びとなりました。

 

エディターの馬田草織さんが魅せられたポルトガル。

今まで何冊もの本や雑誌などでポルトガルの良さを文章を書くという仕事を通じ

ポルトガルの良さを伝えてきましたが、

やはり自分の言葉を通じ、食を通じ、みなさんと直に向かい合って語っていくということにも

大切さ、楽しさをここ数年みいだしている馬田さんです。

このイベントが決まってから、先月ポルトガルを再訪した馬田さんの

改めて再確認したモノゴト、そして新たな出会い、ほかほか旅気分のおすそ分けを頂きましょう。

 

_____________________________

 

◯7月30日(土)

ポルトガル食堂のタスキーニャ

14:00〜21:00 

※ご予約はいりません

 

 

シュワシュワのヴィーニョヴェルデ(緑のワイン)を中心に、

マデイラワインやジンジーニャ(サクランボのリキュール)などをご用意。

ポルトガルのバカリャウ(干しだら)を使ったおつまみやごはんプレート、

旅のお土産ワインも登場予定です。

おつまみ600円〜 ワイン300円〜

 

 

_____________________________

 

◯7月31日(日)

ポルトガル食堂のパステラリア 

「ポルトガルから伝わった南蛮菓子の歴史トークカフェ」

 

予約制となります。お申し込み、お問い合わせは364まで〉

 

13:00〜15:00の部
16:30〜18:30の部

 

450年前にポルトガルから日本に渡った南蛮菓子の歴史のお話を
おいしいポルトガル菓子とともにお届けします。

 

会費:3500円
ポルトガル焼き菓子3種+生菓子1種+coffee

_____________________________

 

364(sanrokuyon)  

167-0042 東京都杉並区西荻北3-13-16   
03-5856-8065 
info@sanrokuyon.com
JR中央線・総武線「西荻窪」駅 徒歩3分             
北口を出て、左手交番前の商店街を直進、右手に西京信用金庫、                          
左手にクリーニングたかはしのある十字路を左折。
右手にすぐ見える二階建て白い  建物が364です。

 

※上記食堂のお料理写真は、今回のメニューとは異なる場合がございますので

 ご了承の程、宜しくお願い致します。

イベント、ワークショップ - -
7月のイベントのお知らせ

真夏のポルトガル食堂2days

馬田草織のタスキーニャ&パステラリア

旅気分でポルトガルを味わう2日間

 

昨年に引き続き、2回目開催の運びとなりました。

 

エディターの馬田草織さんが魅せられたポルトガル。

今まで何冊もの本や雑誌などでポルトガルの良さを文章を書くという仕事を通じ

ポルトガルの良さを伝えてきましたが、

やはり自分の言葉を通じ、食を通じ、みなさんと直に向かい合って語っていくということにも

大切さ、楽しさをここ数年みいだしている馬田さんです。

このイベントが決まってから、先月ポルトガルを再訪した馬田さんの

改めて再確認したモノゴト、そして新たな出会い、ほかほか旅気分のおすそ分けを頂きましょう。

 

_____________________________

◯7月30日(土)

ポルトガル食堂のタスキーニャ

14:00〜21:00 

シュワシュワのヴィーニョヴェルデ(緑のワイン)を中心に、

マデイラワインやジンジーニャ(サクランボのリキュール)などをご用意。

ポルトガルのバカリャウ(干しだら)を使ったおつまみやごはんプレート、

旅のお土産ワインも登場予定です。

おつまみ600円〜 ワイン300円〜

 

_____________________________

◯7月31日(日)

ポルトガル食堂のパステラリア 

「ポルトガルから伝わった南蛮菓子の歴史トークカフェ」

予約制となります。お申し込み、お問い合わせは364まで〉

 

13:00〜15:00の部
16:30〜18:30の部

 

450年前にポルトガルから日本に渡った南蛮菓子の歴史のお話を
おいしいポルトガル菓子とともにお届けします。

 

会費:3500円
ポルトガル焼き菓子3種+生菓子1種+coffee

_____________________________

 

364(sanrokuyon)  

167-0042 東京都杉並区西荻北3-13-16   
03-5856-8065 
info@sanrokuyon.com
JR中央線・総武線「西荻窪」駅 徒歩3分             
北口を出て、左手交番前の商店街を直進、右手に西京信用金庫、                          
左手にクリーニングたかはしのある十字路を左折。
右手にすぐ見える二階建て白い  建物が364です。

 

※上記食堂のお料理写真は、今回のメニューとは異なる場合がございますので

 ご了承の程、宜しくお願い致します。

 

 

 

 

イベント、ワークショップ - -
6月19日開催の『七十二候をめぐる、花しつらえ、食こよみ』

こんばんは。

19日に開催予定の『七十二候をめぐる、花しつらえ、食こよみ』〜梅子黄〜。
おかげさまで第二回を迎えることとなり、そして募集も両時間ともに御礼満席です。
ありがとうございました。
お申込み頂いたお客様は、風邪など体調管理には気をつけて、楽しい開催をお待ち頂ければと思います。
また、キャンセル待ちされているお客様につきましては、何らかの事情でのキャンセルがでた際には、
迅速にご連絡をさせて頂きますので、みなさまよろしくお願い致します。

今回の第二回の時候のお題は、七十二候は【梅子黄 うめのみきばむ】。
二十四節気の芒種の末項にあたり、6月16日〜20日に位置します。季節は仲夏。
梅子黄、それ自体としては、梅の実が黄ばんで熟す。などと言った意味です。
梅雨始め、まさに梅の実が熟れる時季の雨であって、綺麗な言葉だなあと思います。

しとしとと、地面に湿気をおび、蓄える季節。
早くカラリとした日差しに浴びて、
爽やかな風にそよぎたいですよね。

会のはじめには、下北沢:七草の料理人/前沢リカさんによる、
梅仕事のワークショップ。
先にも述べたように、湿度に悩まされるこの季節。
夏を目前とした時期に、すぐれた効能を魅せてくれる[梅]を使い、
疲れ知らずの身体の備えにするために、
毎日おいしく頂ける【梅味噌のワークショップ】を学びながら頂きます。
皆さんで手を動かしながら体験出来るお料理のワークショップは
前回の第1回とまた思考も違った楽しさです。
お作りになった梅味噌は、お持ち帰りも出来る予定ですので、
その後の余韻もお愉しみ頂けます。

そして、前沢リカさんのワークショップの次は、
平井かずみさんによる、お花のしつらえ:ワークショップです。
今回は、紫陽花:あじさい を中心に季節のお花たちを。
自由に楽しく暮らしに取入れることの出来る学びの時間です。
ワークショップ続きですが、平井さんのお話がとってもたのしいので、
時間はきっとあっという間に流れそうです。

最後には、七草:前沢リカさんによる、ちいさな会席です。
前回は、春のお弁当形式でしたが、
今回は364の1階で前沢さんが調理したものを、
七草のお店のように出していただきます。
ゆっくりと皆さんのお話を交えながら、
充実した会になれば良いなと感じています。

また、今回ゲストの鷲塚貴紀さん。
19日に向かって、だいぶ前から作品のお打ち合わせを重ねてきました。
今回のイベントに合わせてオリジナルの小さなもの、作っています。
花しつらいや、食のあるシーンの中に、この器は登場して行きますのでお楽しみに。
そして最終、お持ち帰りも頂けるので、ご自宅でもお使い頂けると嬉しいです。


以上、こんな贅沢な会に予定されています。
花しつらえに、食のこよみに、楽しんでいただければ嬉しいです。



梅日記:
本日、平井かずみさんからご紹介頂いた
無農薬梅園の田本さんの南高梅が送られてきました。
大きくて、色も綺麗でりっぱです。
わが家の今年の梅仕事は、梅シラップにすることになりました。
かずみさんも、リカさんも、
今頃、この時間、梅仕事しているかな〜なんて、思いながら。


お知らせ
6月11日(土)、12日(日)は
臨時休業とさせて頂きます。
ご来店をご予定して下さったみなさま、
ご不便をおかけ致しますが、
宜しくお願い致します。
















 
イベント、ワークショップ - -
6月の展示会、イベントのおしらせです。


364は先週、長いおやすみを頂きました。
四国を回り、いつもの働く手、
また新たな出会いの働く手にもめぐりあいました。
これからの364を支えてくれる手の予感です。
ご紹介出来る日を楽しみにしていてください。
おやすみいただき、ありがとうざいました。



私達の長いお休みが明けたら、東京は梅雨のような陽気に変わってきました。
間もなく暦も水無月へ。
364ではまた盛りだくさんの楽しいが待っている6月となりそうです。
みなさま、足元も悪くなる季節になりますが
是非お立寄り頂けたら嬉しいです。

________________________________________


 しょくぶつvol.4  KoHo natural garden design
 『 植•食•触 しょくぶつ 』展
   2016.06.04.SAT→06.05.SUN
   OPEN12:00 CLOSE19:00
 

  
自然の力を借り、有機質な土壌を基本として、
庭作りや畑作りを広めているKoHo natural garden design主宰の田辺美緒さん。
野草やハーブの知識も深く、様々な場所でのワークショップなどは、定評があります。
いつの時代になっても自然と共存し暮らしていけるよう、
有機栽培自然農薬で地球にも人にも心地よいガーデニング、
土と緑ある生活を伝えたいと思っています。
土と緑に触れることで芽生えてくるもの、日々の生活を緑と暮らす生活のカタチをお伝えします。

昨年にも増して様々な暮らしに活かせる恵みとしての様々な植物や
薬効などが豊かなメディカルハーブ他、つややかで豊かな緑葉の草花や 
実のある鉢物、また珍しい苗などの移動販売をいたします。
触れて学んで、楽しく美味しく、植物から力を頂きましょう。
販売の2日間は田辺さんが店頭にて、育て方や土壌のこと、
自然農薬や有機肥料のお話など、お庭作りのアドバイスも頂けます。
また販売の植物をお手持ちの植木鉢などに寄せ植えも可能ですので
お持ちいただければ、植え替え致します。(別途土代を頂きます)
お気軽にお申し付けください。
http://koho-natural.garden


今回はドイツ在住の田辺さんの友人、Kirschbaum(キルシュバウム)さんが日本へ一時帰国をしている為、
この展示会のためにハーブを合わせた特別なドイツパン、焼き菓子を植物とともに販売致します。
是非、この機会を逃さずお召し上がりいただけると嬉しいです。            


Kirschbaum〈キルシュバウム〉
6年間ドイツでパン職人修行をして独立。
パンは小麦と全粒粉の酵母を使い、小麦粉の風味を出すために低温で長時間発酵させています。
クラストは噛むほどに味わい深く、クラムはもっちり。
今回のお菓子はヴィーガンレシピで製作しています。
日々のバランスを取るための選択肢としてもとても良いと思う食事なので
さまざまな人に食べてほしいと願っています。

http://kirsch-baum.tumblr.com


___________________________________________


  『七十二候をめぐる、
  花しつらえ、
  食こよみ。』

        第二回  梅子黄〜初夏に爽やぐ


 平井かずみ(フラワースタイリスト)
 前沢リカ (料理人)
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 鷲塚貴紀 (硝子作家)


第二回目の七十二候の会が開催されます。
日程、募集開始日時のお知らせは5月末頃にお知らせをさせていただきます。

今回は更に前回と内容を変えて、
また新しい気持ちで楽しめる会となるよう企画致しました。
是非ご参加いただければ嬉しいです。

お知らせをご確認いただき、お申し込みよろしくお願い致します。
お待ち申し上げます。




___________________________________________    

  須田二郎『木のうつわ』展
 6月25日(土)〜7月3日(日)
     
※会期中の28日(火)、29日(水)は定休日です
    
OPEN12:00 CLOSE19:00

 荒々しい木目、おだやかな表情、ありのままの木の姿を器に仕立てた
 同じものはひとつとない木の面持ちを楽しめる道具です。
 日常使いの器から花器やトレイ、カトラリーまでさまざまな作品が並びます。


 素材は木でありますが、須田さんの器を何年も使い込んでみた時に、
 食器として日常に気負わない機能美を、是非皆さんにもお伝えしたかったのです。
 いつか364で個展をと、待ちに待った展示会です。
 是非、みなさまのご来店をお待ちしております。

  
須田二郎さん 在廊日 6月25日、26日
 
6月26日(日)は須田さんが珈琲を淹れてみなさまのお越しをお待ちしております!
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  【event】 6月25日(土)
         12時〜18時(ラストオーダー)

  oneday 食堂
 『気負わずに毎日使える木の器』

  *当日はご予約無しで入れます。お待たせする場合もございます。ご了承くださいませ。

展示会の初日は、須田二郎さんの器を使って
木の器でも気負いなく使えるという提案をもとに
料理家shigekoさんによる、1日限定の食堂です。

木の器は盛りつけるものを考えすぎて上手く使えない、というお話、良く聞きます。
木の器だと色味がうまく映えないから難しい、というお話、良く聞きます。
そこで、こんなごはんもこんなお料理も大丈夫。
毎日使いたくなる、須田さんのプレート。
shigekoさんのおいしいごはんで楽しんでいただけたらと思います。


shigeko
プロフィール
アパレルブランドの展示会やレセプション、
ご自宅でのパーティなどへのお料理提供を主に活動する出張料理人。 
昨年は自著の『ニューヨーク旅の便利帖』も発売。

shigeko HP


___________________________________________


364
杉並区西荻北3-13-16
03-5856-8065
info@sanrokuyon.com

JR総武線西荻窪駅 北口より徒歩3分
北口より左手バス通り(伏見通り)を
直進。右手に西京信用金庫、
左手にクリーニングたかはしのある十字路を左折。
二件目右側、白い二階建ての家が364。

イベント、ワークショップ - -
| 1/1 |