店番2人の日々の申し送り帳
ワタナベマキのぬか漬け日記〈プロローグ〉:「ぬか漬け始めました。」

 

ぬか漬けは毎日の仕事です。

以前はとても大きなタッパーに入れて糠床を作っていました。

2〜3人家族では食べきれないほどの

ぬか漬けが出来上がってしまうことだったり、

また置き場所を取ったり、かき混ぜる大変さにカビさせてしまったりと

ぬか漬けは色々と改善が必要だなあと頭の隅っこにいつも引っかかっていました。

 

そんな時に長野のお漬物屋さんに取材で伺う機会があり

100年以上続くぬか床を見せて頂き、

その際に「ぬか床は呼吸しているんだよ」とお話をして頂きました。

腑に落ちた感覚があり、その取材から自宅に戻った後、

当時の使っていたぬか床のタッパーを、

混ぜやすいように、そしてさらに場所を取らないようにと呼吸出来る小さな陶器の壺に

ぬか床を移し替えました。

ぬか床はたくさんの量で作る方が色々な菌が混ざりあって複雑な味になるのだと思うのですが

陶器の壺でぬか床を管理するようになって、びっくりするほど

ぬか床が安定し、ぬか床が呼吸をしているということを実感するようになりました。

 

日々ぬか漬けを続けるには、今の自分の生活に合わせたぬか床でも良いのではないか?

ただ、呼吸をすることを大事にすればおいしいぬか漬けが出来るはず、と

思えました。

 

小さな壺にしたことで、いつも目に行き届く場所に置き、

混ぜ忘れること無く、ちょちょっと混ぜれば良い。

キュウリ1本を2、3等分に切り、人参半分、蕪半分、

2〜3人家族なら余すこと無いちょうど良い量を漬けることが出来ます。

 

私のぬか床は自分のぬか床に、祖母や母からもらったぬか床を足して

日々自分の糠の味を作り続けています。

そんなぬか床を新たに、

山椒、昆布、干し椎茸、赤唐辛子、からし、みかんの皮、

きな粉などたくさんの旨味が作ったぬか床にして

今回皆さんに数量限定で販売を考えています。

 

伊藤環さんの素敵な壺に私の作ったぬか床を入れて

「ぬか漬けはじました。」

としてもらえれば嬉しく思います。

 

ワタナベマキ

 

 

展示会ご来場は抽選にて予約制とさせて頂いております。

応募方法のはがきの書き方は、

こちらのブログにて5月31日の投稿に記載しております。

ご参考にご覧頂ければ嬉しいです。→

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

展示会 - -
佐々木カナコのぬか漬け日記〈プロローグ〉:「ぬか漬け始めました。」

昨年からぬか漬けを始めて今年は2年生。

始めたばかりの頃はアルコール臭がしたり、

味が馴染まずで、人に聞いたり、本を読んだりと試行錯誤してました。

自分の味になるように加減をしながら今年も楽しみたいと思います。

と、思って今年も始めた糠漬け生活。

さっそく糠を冷蔵庫から出して、いきなりカビが。

でも、私は糠歴2年生なので大丈夫!

捨糠して、塩を多めに入れて、冷蔵庫で少し休ませて。

そーしたら元戻り。まだ少ししょっぱ目なので、

早めに糠から出して頂きます。ぬか漬け、始めました!

 

 

_______________________________________________

 

佐々木カナコさん、ワタナベマキさん、

364のふたりと、日々この感染防止の中、

なかなか会えない私達の間では

メールなどで毎日糠トークが冴えています。

 

酸っぱい、しょっぱい、昆布入れる?、、、などなど

カナコさんの実体験にマキさんのアドバイス。

とは言うものの、カナコさんの糠漬け生活も2年生。

様々な実体験を聞くことは私達364はとっても楽しいです。

 

皆さんも早く糠漬け生活してみたいですよね。

 

_________________________

 

 

 

応募方法のはがきの書き方は、

こちらのブログにて5月31日の投稿に記載しております。

ご参考にご覧頂ければ嬉しいです。→

展示会 - -
応募要項(はがきの書き方)/6月27日、28日「ぬか漬け始めました。」

「ぬか漬け始めました。」展

 

今回の展示会は1時間枠3名様入店のご予約制の展示会となります。

お申込み方法は下記の往復はがきでの抽選となります。

下記お申込み方法を一読頂き、お申し込み頂ければと思います。

記入方法、期日消印に間違いが無いようお願い致します。

 

また入店の際には現在の入店方法を原則としております。

このコロナ感染防止の対策をご理解頂き、

感染以外にも体調のすぐれない場合はご来場をお控え頂くよう

お願い致します。

 

 

 

_____________________________

 

以下、ご来店の際の注意事項となります。

何卒宜しくお願い致します。

 

 

◎364では細心の注意を払い、店内の消毒、

 また換気などをして営業させて頂きます。

 

◎店内での接客は大変失礼かと思いますが

 マスク着用の対応とさせて頂きます。

 また、お客さまにつきましても、

 マスクを着用頂いての入店のお願いをしております。

 

◎店内には手消毒液を設置しておりますので、

 店内にてご利用頂ければと思います。

 

◎体調がすぐれない場合は、当選においてもご来場をお控え下さいませ。

 

◎当選後、ご予定が合わない場合はキャンセルのご連絡を頂けると

 有り難いです。多くの皆様に見て頂きたく他のお客様にご来場の権利を

 お譲りしたいと思います。

 

__________________________

 

 

[お申し込み方法]

 

往復はがきをご使用下さい。

書き方は下記の通りです。

 

1、往復はがきを広げた状態でブルー切手〈往信〉側、

  左〈往信切手側〉には364の住所を記載下さい

  右〈こちらは返信部分裏となります〉こちらは白紙の状態でお願い致します

 

 

 

 

2、往復はがきを広げた状態でグリーンの切手〈返信〉側、

  左〈返信切手側〉にはお客様の住所を記載下さい

  右〈こちらは往信部分裏となります〉こちらには、

  第一希望、第二希望欄にお客様のご希望日時を記入下さい。

  第三希望欄は全日、全時間帯が可能な場合のみ◯印を入れてください。

 

 

3、ポスト投函の際には下記のようにブルー切手側がおもてになるよう

  半分に折り、投函下さいませ。

 

※投函の期限は、6月8日(月)の消印までの受付とさせていただきます。

 厳正なる抽選にて、6月20日頃までに応募頂いた皆さまに

 当落選のはがきをお送り致します。

 

※おひとりさま1通のお申し込みとさせていただきます。

 

※当選のお客様は返信した当選はがきを持参して指定の日時にご来店下さいませ。

 

 

___________________________________

 

※当選されたお客様には糠壺1点、ぬか床1点が購入頂けるよう数を準備しております。

 調味料、その他のものにつきましては数に限りがあるものもあるため完売次第終了です

(こちらも販売制限を考えております)

 また展示会ではぬか漬けの楽しさをして頂くことが主旨なので、

 ご来場の際に必ず購入ということは強要しておりませんので、

 ゆっくりと伊藤環さんの壺をご高覧頂き、ワタナベマキさんの糠床のこと、

 佐々木カナコさんのこの素敵な展示会企画を味わいにご来場頂くことでも構いません。

 ぜひ、楽しんで日々の暮らしに「ぬか漬けはじめました。」が印象づいてくれると良いなと思います。

 

 

 

 

展示会 - -
364の6月スケジュールです/あたらしい展示会方法にて開催します

明日から6月が始まります。

3月から6月上旬の364が温めていた

とっても楽しくみなさんにも知って欲しいことが

たくさん詰まった展示会やイベントもすべて出来ずで終わってしまい

気持ちの良い春の風、陽射し、木々の芽吹きや草花の成長、開花、

たくさんの人たちと共有出来ること無くあっという間に初夏が来てしまいました。

 

ようやく私達も準備していた展示会を少しづつ形は変えますが

みなさんと楽しい時間をと思って、6月後半の展示会から

再開することを決めました。

 

 

「ぬか漬け始めました。」

 

 

 

この展示会は、食まわりのスタイリストをされている

佐々木カナコさん企画のもと開催を決めていました。

なかなか上手く行かないぬか漬け生活も

すてきな道具と知恵があれば無理なくぬか漬け生活が楽しめるはずと

カナコさん本人も試行錯誤で自分の味を見いだし、続けて勉強中ということで

この展示会を364で皆さまにお伝え出来ればおもいました。

 

食材担当はワタナベマキさん。

糠をマキさんが調合してサッと簡単に漬けられる糠を販売です。

このお知らせしている間にも、6月末に皆さんに楽しんでいただけるよう

目下、糠、熟成中です!

本来、このイベント中にぬか漬けのワークショップやお漬物を使ったお食事会も

開催予定でしたが、これはやはり残念ですが安全を優先して中止としました。

またいつかマキさんのお願いしたいですよね。

どんなぬか漬けになるのか、そしてそこから始まる自分の味にして育てていくのも

楽しみであります。

 

道具としてぬか漬けの壺をオリジナル制作したのは伊藤環さん。

岡山在住の伊藤さんが気負わず使える小さな糠壷を提案。

ぬか漬けのためというよりはご飯の支度で少し残っちゃったな、という野菜を

ちょっとだけ漬けて翌日食べる、という無理の無い毎日のぬか漬け生活には

こんな壺がいいと思う、というサイズ感がまずは魅力的です。

そして伊藤さんの壺が暮らしの片隅においてあるだけでも

気分があがりますよね。

 

 

そんなこんなでようやくこの展示会は中止せずに開催まで

たどり着くことが出来ました。

展示会までの間は、スタッフみんなのぬか漬け生活をお知らせ出来ればと思っています。

 

 

またここからは大切なお知らせです。

4月からのコロナ感染防止体制により様々な展示会のやり方を

考えてきました。

みなさんに平等に、そして安全になおかつ手に取ってやはり見ていただきたいという想いから

予約制の展示会とさせていただくことにしました。

ご来店頂いた全ての方がお買い物出来る数をご用意するようにしております。(個数制限はございます)

 

応募方法は、郵便局、コンビニエンスストア、また郵便関連を置いている文房具屋さんや雑貨店など

様々なお店で取り扱っている往復はがきでの申し込みとさせていただくことにしました。

 

詳しくは下記、展示会のおしらせを一読頂きたいと思っております。

往復はがきの書き方は別途この後のお知らせにて

掲示させていただきますのでご参考にしていただければと思います。

 

 

では皆さまの往復はがきが届くのを楽しみにしております。

(6月8日の消印必着まで)

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

 

スタッフ在廊日

◎伊藤 環  /  展示会在廊は無しとさせて頂きます。

       応募頂く皆様、ご来店頂くお客様、手元に渡る壺に想いを込めて感謝です。

       

◎佐々木カナコ/27日:時間不定にて在廊予定です

        28日:終日在廊致します

 

◎ワタナベマキ/27日:時間不定にて在廊予定です

        28日:終日在廊致します

 

 

※当選されたお客様には糠壺1点、ぬか床1点が購入頂けるよう数を準備しております。

 調味料、その他のものにつきましては数に限りがあるものもあるため完売次第終了です

(こちらも販売制限を考えております)

 また展示会ではぬか漬けの楽しさをして頂くことが主旨なので、

 ご来場の際に必ず購入ということは強要しておりませんので、

 ゆっくりと伊藤環さんの壺をご高覧頂き、ワタナベマキさんの糠床のこと、

 佐々木カナコさんのこの素敵な展示会企画を味わいにご来場頂くことでも構いません。

 ぜひ、楽しんで日々の暮らしに「ぬか漬けはじめました。」が印象づいてくれると良いなと思います。

 

 

 

展示会 - -
6月の展示会:KoHo natural Garden「植・食・触ーしょくぶつ」展、開催中止のお知らせ。

 

 

こんにちは。西荻窪364です。

緊急事態宣言が解かれ、数日が経ちました。

みなさんは、もう日常に戻られていますか?

色々と厳しい一面などもありますが

長い間のstay homeも悪くはなかった。。。かな。

改めて気づかされたこと、たくさんありました。

色々と新しい想いでまた一歩踏み出していけたらな、と思っております。

どうぞよろしくお願い致します。

 

364は5月14日より時短営業で12時〜17時までの

営業として再オープンしました。

しばらくの間はこの営業時間で続けていこうと思います。

まだまだ油断が出来ない現状ではありますが

少しづつ元の生活に戻れるように出来ればいいですね。

 

本日は大切なお知らせです。

 

毎年6月第一週の週末に開催している

KoHo natural Garden 伊能美緒さんの「植・食・触ーしょくぶつ」展。

 

今回はこのコロナ感染がまだ完全には収束しておらず

自粛宣言も明けたばかりということを配慮し

とても残念なお知らせになってしまいますが

6月の開催は中止の選択とさせていただきました。

 

気持ちの良い季節、みなさんに風にそよぐたくさんの緑や花を

見ていただければと思っておりましたが

今でなくても、もっともっと気持ちよく

お店に安心して来ていただける時に

再度この企画を考えられたらと思っております。

 

ギリギリまでこの開催に際してこの判断を

待っていただいた伊能さんにも感謝です。

いつかまたたくさんの緑溢れる364にしましょう!

 

 

KoHo natural Gardenさんは現在国分寺にて

実店舗がございます。

364と同じく、まだ時短営業となるようですが、

なにか植物のこと、お庭のこと、ご相談などありましたら

ご連絡してみてくださいね。

 

KoHo natural Garden

http://koho-natural.garden

koho-natural.garden

5/8〜時短営業。
火金土日 12〜17
雨天休業、臨時休業あり
 

 

______________________________

364ご来店の際のおねがいごと。

 

 

5月14日(木)より営業を再開とし、

当面の間は営業時間を12時〜17時まで

とさせて頂きます。

 

定休日は変わらず、火曜・水曜です。

 

以下、ご来店の際の注意事項となります。

何卒宜しくお願い致します。

 

 

◎364では細心の注意を払い、店内の消毒、また換気などを 

 して営業させて頂きます。

 

◎店内での接客は大変失礼かと思いますが

 マスク着用の対応とさせて頂きます。

 また、お客さまにつきましても、

 マスクを着用頂いての入店のお願いをしております。

 

◎店内には手消毒液を設置しておりますので、

 店内にてご利用頂ければと思います。

 

◎当面の間は1階のみの開放とさせて頂きます。

 また御手洗いの貸出しは控えさせて頂いておりますので

 ご了承下さいませ。

 

◎店内ですがスペースが狭く、もしもお客様が3名以上在店の

 場合には、申し訳ございませんが入店を外でお待ち頂けるよう、

 宜しくお願い致します。

 

 

◎当面の間は申し訳ございませんが、長時間の滞在をお控え頂 

 く形になりますことご了承下さいませ。

  

◎通信販売も承っております。

 なにかご要望のあるものがございましたら恐れ入りますが、 

 メールでの対応とさせて頂けたら有難く思います。

 

 

◎現在、欠品の商品などがある場合もございます。

 ご来店頂く際に必ずのご入り用商品がございます場合には

 お電話、メールでの在庫確認の対応もしておりますので

 ご利用ください。

 一部を除きご来店日時をお伺い出来れば

 お取置きもさせて頂きます。

 

 

よりよく安全に皆様に日々の食や道具のおかいものの

お手伝いが出来ればと思っています。

何かありましたら、お気軽にお申し付け下さいませ。

 

 

 

 364 駒井京子 二所宮佐代子

  info@sanrokuyon.com

  03-5856-8065

 

 

 

 

展示会 - -
日々の食と道具の宅配便 Vol.4[須田二郎さんの木の道具]

宅配便第4回目は木工:須田二郎さん。

 

 

材料の調達は

台風などで倒れた木を自ら運び出すことから。

材料を購入する訳ではなく

これも自然の循環を考えてのこと。

 

生木のまま木を削り出すので

乾燥の過程でゆがみが生じます。

その自然な造形も須田さんの作品の魅力です。

 

シンプルな形で使いやすいのですが、

お料理を盛りつけると洒落っ気があるので食卓が華やぎ、

いつも須田さんの器に助けられている気がします。

 

材料の調達方法、生木を削る制作方法で

須田さんの作品は同じ形がありません。

そのときそのときで

木目、大きさ、ゆがみ方、全てが異なるので、

あの時のあれが欲しい…と思っても同じものが手に入らないのです。

そんなこともあり、気がついたら食器棚に須田さんの器がたくさんある、

というお客様も多いのではないでしょうか。

 

ご紹介するボウルとお皿も全て1点ものになります。

気になる方はぜひ。

 

 

 

浅めのボウル。サラダなどちょっとした盛り鉢として使いやすいです。

浅鉢:樫 5500円  完売致しました

直径:約21cm    高さ:5、5cm

 

 

お皿としてだけでなく、ちょっとしたトレイにも。

丸皿:楢     4400円

直径:22cm    高さ:約3cm

 

 

 

大皿としてパンなどを盛りつけても素敵ですが、お盆がわりに使える大きさ。

大皿:桜  11000円 完売致しました

直径:30cm      高さ:約3cm

 

 

須田さんの作品はキッチンツールもお鍋の中で小回りがきくので

使いやすくよく考えられた道具。

このターナーの穴は、炒めた時に食材がつきにくいよう開いているもの。

玉葱のみじん切りも早く飴色になるそうです。

穴あきターナー:向かって左からA B C D   A,C : 桜  B,D : 楢     1980円

長さ : 約30cm  持ち手長さ:22cm

 

 

炒め物をしてお鍋からお皿に盛りつけやすい形です。

ターナー:向かって左からA B C D : 桜              1980円

長さ:約32cm     持ち手長さ:約23cm

 

 

 

_____________________________________

 

ご購入のご希望の方は、

 

◯お名前

◯ご連絡先電話番号

◯ご希望の品

◯各個数

◯お送り先ご住所

を明記の上、

info@sanrokuyon.com

まで、メール頂ければと思います。

 

ご配送はクロネコヤマトのコレクト便(代引き)のみとさせていただきます。

1万円以上(税抜き)のお客様には代引き手数料のみで恐縮ですが

サービスとして無料とさせていただきます。

 

相変わらず、アナログなやり方ですが

皆さまとメールでやり取りさせていただきながら

ご対応させていただければと思います。

 

メールのお返事は3日以内にさせていただきますので

もしも返事が届かないようであれば、ネット上の不具合も考えられますので

03-5856-8065の留守番電話に入れてください。

どこまでもアナログ対応で失礼致します。。。

 

ほんの少しでも、メールの交換が皆さまと出来ることを楽しみにしています。

では、ご高覧よろしくお願い致します。

 

 

364

駒井京子

二所宮佐代子

________________________________________

 

 

 

 

 

 

展示会 - -
土田和茂『うるしのうつわ』展

2020年2月1日(日)〜9日(日)※会期中の火曜水曜は定休日です

土田和茂『うるしのうつわ』展

 

 

 

展示会 - -
展示会前の日常のうるしの景色

 

今週末始まる土田和茂さんの『うるしのうつわ』展


土田さんは知人を通して364を知って下さり

輪島から器を抱えて訪ねてきてくれました。

1年近く前になるかな。それからのお付き合いです。
 

 

個人的にも漆の器はとても好きです。

滑らかで、品のある光を受ける肌合い、軽さと持ちやすさ。
毎日の飯椀や汁椀には、特にもってこいだと思っています。

ハレの日のお重だってお菓子を入れたり、お皿代わりにしても良いものだと思う。

しかしながら、なかなかほかの器に比べ1客が高価なので

きっかけがないと、また今度、、と思ってしまう。
 

土田さんがお店に訪ねてくれて、お話しした時に

この人だったら、きっと素敵な毎日の器を作るに違いないと思った。
気さくで物ごしがやわらかいけれど、
とてもまじめで頑固さがある。

鞄から器を広げてくれたその器は土田さんそのもの、同じ印象でした。

毎日使いたくなるうるしのうつわはこれだなぁ、と。

 

毎日使うもの、使っていて気持ちがよいから

買った後から良かったと思える瞬間瞬間がうれしい。

きっかけを逃さなくて良かった。と思える。

 

めざめの白湯。
口当たりが滑らかで両手で包み込む椀はしっとり暖かいです。

 

ここから1日がはじまります。

 

 

 

展示会 - -
土田和茂うるしのうつわ展、まもなくです。

火曜日、水曜日と定休日を頂いています。

お休み中のメールなどは休み明けに

させて頂いております。

お待たせしておりますがしばらくお待ち下さいませ。

 

 

いよいよ2月1日より始まる

[土田和茂 漆展]

今回、多くのみなさまに楽しみにしているね、とお声かけて頂き嬉しいです。

お店を続けてきて、漆の器の展示会はこれで3回目。

土田さんはその中でもやさしく、温かみのある器と思います。

行き過ぎない、そこにある日常の器です。

 

土田さんの器は気負い無く、何にでも合う気がします。

漆の器は安くは無いのでなかなか踏ん切り付かず、いつかは、、と思いがちです。

でも様々に見てこの人ならと思う作り手のかたの器があれば

ぜひ、毎日のひとつに使って頂ければと思います。

味噌汁だけでなく自由に使って下さい。

 

味噌汁はもちろんのこと、小さなおかず、副菜、デザートなど

幅広く愉しめるものなのですよ。

 

展示会では黒や朱、溜の土田さんの基本の色で

汁椀だけでなく、蓋付き椀、そば猪口、お皿、どんぶり、お重やお弁当箱など

様々なハレとケの食卓に使える器が並びます。

 

東京での個展はなかなか無いのでぜひこの機会に多くの方に見て頂きたいと

願っています。ぜひ、足をお運び頂けたら嬉しいです。

 

 

土田さん在廊日:2月1日(土)

 

 

 

 

364

杉並区西荻北3-13-16

03-5856-8065

info@sanrokuyon.com

 

JR総武線西荻窪駅 北口より徒歩3分

北口より左手バス通り(伏見通り)を

直進。右手に西京信用金庫、

左手にクリーニングたかはしのある十字路を左折。

二件目右側、白い二階建ての家が364。

展示会 - -
毎日使いたくなる漆の器ー土田和茂

 

2月1日(土)から始まる土田和茂さんのうるしのうつわ展。

 

ひとつ気に入ったものを買って毎日使ってみたいとおもったなら、ぜひ。

土田さんのうるしは真摯だけれど主張しすぎず食卓に、スッと入ってくれます。

味噌汁だけ。と思わず自由な発想で。

そう思うと何にでも使ってみたくなるうつわです。

 

蓋付きのお椀とか、

小さなお重とか、

どんぶりとかが

個人的にも楽しみな展示会です。

 

自分が楽しみな展示会はきっとお客様も

愉しみにしてくれるはず、と

そう思っています。

 

 

※上記写真は土田さんhomepageより転載

 

 

 

展示会 - -
| 1/9 | >>