店番2人の日々の申し送り帳
正島克哉さんの器:耳付小鉢をご購入のお客様へ

昨日14日で無事に[正島克哉 陶展]も無事に終了することが出来ました。

たくさんのお客さまにお越しいただき有り難い思いでいっぱいです。

正島さんが今回の個展の為にたくさん作った火にかけられるシリーズも器も、

今は様々なご家庭のお台所で、食卓で、お料理を彩ってくれていると思うと

とても嬉しいです。皆さまありがとうございました。

 

今後364では、火にかけられる片手土鍋の中サイズ、黒と白が常設で入荷予定となっております。

まだいつ頃になるかは未定ですが、入荷致しましたら、こちらのお知らせでご報告致します。

また次回、正島克哉さんの個展は2020年となる予定です。

オリンピックの年ですね。是非、次回もお楽しみにお待ちいただけたらと思っています。

 

________________________

 

この度の正島克哉 陶展にて、耳付小鉢 白、黒をお買い求めいただいたお客様に

今回、ご報告があり、このお知らせ、ブログに記載させていただきました。

 

 

こちらの写真の耳付小鉢ですが、

364の確認不足にて、本来耐熱の器で火にもかけられる器でありながら、

お客様に耐熱であることのご説明が足りず、失礼をしてしまいました。

また、お買い求めいただいたお客様にも、使いはじめの目止めのお申し伝えが出来ず、

申し訳ないことをしてしまいました。すみませんでした。

 

耐熱と知っていたら、ご購入を検討された方もいらっしゃると思いますし、

お買い求めいただいた方にはご説明不足を申し訳なく思っております。

すみませんでした。

 

こちらのお知らせをご覧になったお客様は、

一度、目止めの仕様をご理解頂き、

目止めを行ってからのご利用をおすすめ致します。

(何度かご使用いただいた後にでも目止めの作業をしていただいても問題はありません)

 

水分があまりないものでしたら、問題はないのですが、目止めがしていない場合には

染込みも多く、汁物をはると、染み出る恐れがございます。

目止めをしていただければ、普段使いにも、直火、オーブンにも

ご利用可能となります。

下記に目止めの仕方を書き込みましたので行ってもらえればと思います。

 

今後、このようなことが無いよう、確認を厳密にしたいと思っております。

ご迷惑をおかけ致しますが何卒よろしくお願い致します。

 

 

何か、問題点、不具合、お問い合わせなどございましたら、

364サンロクヨン 03-5458-8065  info@sanrokuyon.com

まで、ご連絡いただければと思います。

お手数をおかけ致しますが、よろしくお願い致します。

 

 

________________________________

耳付小鉢の目止め方法

 

1:器にお水と冷やごはんを入れ、蓋をしないで弱火にかけお粥を作ってください。

  お水とごはんの量は器の容量に応じて調整してください。

  (耳付小鉢をガスコンロのゴトクに乗せて不安定な場合は、焼き網を敷いて行ってください)

 

2:お粥が出来上がったら火を止めそのまま一晩置いてください。

 

3:翌日、お粥を取り出して、スポンジ等で水洗いしてください。

  布巾で水気を拭き取り、器を良く乾かしてください。

 

※上記の方法で目止めが上手く出来ていない場合には、2〜3回繰り返し行ってください。

 その場合も器を良く乾かしてから行ってください。器が割れていなければ、必ず止まってきます。

 

________________________________

 

よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

展示会 - -
正島克哉 陶展 はじまりました。

昨日6日(土)は晴天にも恵まれ、

暑い程の週末の展示会のはじまりとなりました。

 

本日も快晴。

まだまだ火にかけられる器もたくさん揃っております。

皆さまのお越しをお待ちしております。

 

 

 

展示会 - -
正島克哉さんの火にかけられる器

6日からはじまる[正島克哉 陶展]。

ロングセラーとなった正島さんの火にかけられる片手土鍋は

いまでも多くの人々に人気な作品のひとつ。

 

火にかけたのちに一人分の器として使えるから、

ひとつ買っては使いやすく、家族分を揃える方も多くいます。

片手土鍋は3種とサイズとバリエーションも豊か。

さらに白黒のカラーバリエーションがあるので、

選ぶのに迷っちゃますね。

 

まだまだ揃えたいという方がたくさんいらっしゃるので

本当に使いやすいんだなあ、と思える正島さんの作る、日常の器の代表です。

 

これから寒い季節になってくるので、

平パンで愉しむのも良し、

片手土鍋で暖かなお料理を囲むのにも重宝する器。

組み合わせを愉しんで食卓を彩るのも楽しいですね。

 

 

 

 

 

 

 

◯片手土鍋詳細  白(耐熱/直火)

【サイズ】大:直径195 長さ265(持ち手まで)高さ:95

     中:直径160 長さ235(持ち手まで)高さ:90

     小:直径145 長さ215(持ち手まで)高さ:80

【価 格】大:4860円/中:3888円/小:3240円

【メ モ】小と中は1人分のおうどんや雑炊など調理後、卓上へ。

     大は2〜3人分のスープや豆料理、手ごねパンなど調理出来るサイズです。

 

 

◯片手土鍋 黒(耐熱/直火)

【サイズ】大:直径195 長さ265(持ち手まで)高さ:95

     中:直径160 長さ235(持ち手まで)高さ:90

     小:直径145 長さ215(持ち手まで)高さ:80

【価 格】大:4860円/中:3888円/小:3240円

【メ モ】上に同じ

 

 

 

◯平パン 白(耐熱/直火)

【サイズ】大:直径195 長さ245(持ち手まで)高さ:40

     中:直径150 長さ200(持ち手まで)高さ:38

     小:直径115 長さ150(持ち手まで)高さ:30

【価 格】大:3456円/中:2700円/小:1944円

【メ モ】小はココット風に目玉焼きやおやつにブリュレなど。

     中、大などは卵とじや煮込みハンバーグ、焼き餃子などに良いかもしれません。

 

 

 

◯平パン 黒(耐熱/直火)

【サイズ】大:直径195 長さ245(持ち手まで)高さ:40

     中:直径150 長さ200(持ち手まで)高さ:38

     小:直径115 長さ150(持ち手まで)高さ:30

【価 格】大:3456円/中:2700円/小:1944円

【メ モ】上に同じ

 

 

 

 

展示会 - -
正島克哉 陶展 まもなくです。

 

調理してそのまま食卓へ。


湯気がたち、美味しそうな香りが

台所に満ちている風景によく似合う、火にかけられる器。

食卓に並ぶ様々な組み合わせの器も気負いなく。

 

ごはんをつくって食べる。

 

正島さんの器が使われている、

台所や食卓の風景を思い浮かべるだけで

お腹が空いてきます。

 

毎日の何気ないことを支えてくれる器です。

 

 

2018年10月6日(土)〜14日(日)

 

「正島克哉 陶展」

 

 

営業時間:12時→19時

※会期中の火曜日、水曜日は定休日となります

※正島克哉さん在廊日:6日

 

 

 

 

364 サンロクヨン
杉並区西荻北3-13-16
03-5856-8065
info@sanrokuyon.com

JR中央線(土日祝は止まりません)、総武線「西荻窪」下車徒歩3分
北口を出て、左手交番前の商店街を直進
右手に西京信用金庫、左手にクリーニングたかはしのある十字路を左折
右手にすぐ見える2階建ての白い建物が364です。

 

 

展示会 - -
本日開店。勢司恵美 竹の仕事「生活の道具店」

 

本日から始まる

勢司恵美さん、竹の生活道具店。

今回の展示会はこの数年間、勢司さんが様々な技術を生活の道具に宿し、

潔く、凛とした美しい仕上がりになっています。

パッと見ても一瞬わからない場所に、細やかな配慮の技術があったり、

なるほど、と思うようなところが様々です。

竹を使ったかわいいもの、などの小物は今回あえて並んでいません。

昔から息づいて来た、生活に寄り添った、竹の生活道具。

是非、勢司さんの今をご覧になって頂けたらと思います。

 

作品を見ると、かちり、きちりと竹に真摯に向き合うまじめな様が作品に見えますが

実に勢司さん、一緒にいるとなぜだかこちらが楽しくわくわくしてしまう、素敵な方です。

在廊は本日12日(土曜)1日限りとなりますが、

是非、竹のこと、作品の説明や勢司さんの生まれ育った行方(なめがた)の話についてなど色々質問していただけたら。

 

 

本日はやっぱり快晴になりました。さすが。

(私の中では勢司さんは晴れ女のイメージ。。)

是非、遊びににいらして下さいね。

 

 

 

5月12日(土)〜20日(日)

勢司恵美 竹の仕事「生活の道具店」

 

※会期中の火曜、水曜日は定休を頂きます。

12時〜19時

 

 

 

展示会 - -
勢司恵美 竹の仕事「笊と篭 生活の道具店」

勢司恵美 竹の仕事

 

「笊と篭の道具店」

 

5月12日(土)→20日(日)

※会期中の火曜、水曜日は定休を頂きます

 

 

お知らせが遅くなりましたが、今週末土曜日からは

久しぶりの勢司恵美さんの竹細工の展示会です。

連休中はお天気続きで、終わったと同時に急に寒さ戻り。

でも週末はきっと勢司さんのパワーでお天気挽回すると良いなあと願っています。

 

手の仕事って本当に美しいなあと思わせる勢司さんの編の業。

勢司さんの作品は竹を大地から切り下ろし、乾燥後ヒゴにこさえ、

編む、という一貫作業。長い月日と見極め、丁寧な仕事で数々の日用品が編まれていきます。

日々使うものだから良いものを、眺めていても美しいと思えるもの、

勢司さんのカゴは何気ない出で立ちでも凛とした潔さがある作品です。

 

 

今回も台所道具を中心に、数々の作品が並びます。

今回の展示会を機に、しばらく一同に作品を見ることの出来る個展はお休みなのだとか。

新たに作品づくりに励む為の整える期間を設けて、今後の作品製作に向かっていくと言います。

そんな勢司さんの今の手仕事の全て。

是非、お立ち寄り頂けたら嬉しいです。

 

 

勢司恵美さん在廊日 12日(土)

 

 

 

 

 

 

展示会 - -
塩川いづみ「花卉」展。本日、最終日となりました。

塩川いづみ 絵画展「花卉」も

本日6日で最終日を迎えました。

連休中ということもあり、多くのみなさまに足をお運び頂き

とても嬉しく思っております。

 

昨日からは吉祥寺:hibi 久野恭子さんの移動花屋も展示会の花を添えてくれて

華やかで賑やかな展示会会場となりました。

引き続き、本日も新しいお花を補充し、みなさまのお越しをお待ちしております。

 

今回の展示会のイメージは母の日に加え、花卉という美しい赤をモチーフに。

会場では母の日のブーケやアレンジメントのご配送も承っておりますので

お気軽にお申し付けくださいませ。

 

ブーケに限っては、塩川いづみさんのオリジナル包装紙でのラッピングも

364限定で受け付けております。

 

 

本日も変わらず、19時までの営業となります。

連休最終日、是非遊びにいらして頂ければ嬉しいです。

お待ちしております。

 

 

 

↓こちらは会場にて販売中のいづみさんのオリジナルラッピングペーパーに

 hibiオリジナルブーケ。かわいい!

 

 

 

 

展示会 - -
明日28日からは、塩川いづみさんの絵画展始まります。

 

 

2010-11 無印良品 母の日キャンペーンイラストより

 

 

いよいよ明日からは、塩川いづみさんの絵画展『花卉』(かき)が始まります。

花卉とは、花の咲く草、花を観賞用とする草、美しい花をつける植物、などの総称です。

 

今回の展示会は思えば、数年前に無印良品でポップアップされていた母の日のチラシが素敵で

ワクワクして持ち帰った頃から始まります。

素敵なイラストだなあと思っていたら、その絵を描いたのがなんと、いづみさんだったと言う偶然必然。

素朴だけれど、心に残る線画、タッチ、画材の選び方。

勢い、優しさ、軽やかさ。

 

364がオープンして、今年で10周年となります。

その間、364で開催される展示会などのダイレクトメールの挿絵はずっといづみさんに

お願いし続けてきました。この10年で彼女も七変化しています。

 

ずっとこの母の日近くの日程で、花の絵画の展示会をお願いしてきました。

ようやく叶った、あの頃のワクワクから始まった夢。

 

今の塩川いづみさんの「花卉」を是非。

 

 

4月28日(土)→5月6日(日)

塩川いづみ 絵画展 「花卉(かき)」

 

※5月1日、2日は定休日を頂きます。

 

塩川いづみ:在廊日 4月28日、29日、5月5日、6日(その他の日程は不定で在廊)

 

 

展示会場には、絵画をはじめ、塩川いづみさんの手がけたzineや

今回のために作られたイラスト入りのハンカチ、包装紙、他も

販売しております。

 

 

EVENT/吉祥寺hibi 移動花屋

5月5日(土)、6日(日)pm12時〜19時

吉祥寺hibi 久野恭子さんによる移動花屋が364にやってきます。

一輪、また、束ねたお花をおあつらえして下さいます。

是非、展示と共にお愉しみください。

 

 

 

 

 

 

 

 

展示会 - -
2018GWの展示会 塩川いづみ 絵画展 「花卉」

 

364の開店当初から、展示会のダイレクトメールの挿絵を描いてくださっている、

塩川いづみさん。5年ぶりとなる展示会は「花卉」。花の美しさの総称として

いづみさんが展示会名を名付けてくれました。

テーマカラーを赤として、一輪の花、花束、様々な花を描いてくれます。

母の日に、大切な人へと、花を贈るような気持ちで展示会をご高覧頂けたら

嬉しいです。

ぜひ、お待ちしております。

 

 

 

2018年4月28日(土)→ 5月6日(日)

塩川いづみ  絵画展  「花卉(かき)

※会期中の火曜、水曜日は定休を頂きます。

 

http://shiokawaizumi.com

 

 

 

 

 

EVENT------

5月5日(土)、6日(日)は、吉祥寺:hibi の久野恭子さんによる

移動花屋を364で開きます。

是非、合わせてお楽しみください。

 

http://hibinohana.com

 

 

----------------------------------------------------------------------------------------------
 
364 サンロクヨン
杉並区西荻北3-13-16
03-5856-8065
info@sanrokuyon.com
 
JR中央線(土日祝は止まりません)、総武線「西荻窪」下車徒歩3分
北口を出て、左手交番前の商店街を直進
右手に西京信用金庫、左手にクリーニングたかはしのある十字路を左折
右手にすぐ見える2階建ての白い建物が364です。

 

展示会 - -
カンボジアの働く布「クロマー展」初日

外は日も落ち、雲行きが怪しく。

しかしながら、今日の西荻窪は朝からお祭りのお囃子が流れていて、

364の2階では色とりどりのクロマーのお部屋で

楽しい1日に気分をあげてくれました。

 

またクロマー展の初日も

たくさんのお客さまに来ていただき嬉しかったです。

ありがとうございます。

 

今回の展示会では、クロマーを様々な暮らしのシーンで

使ってみる提案をしています。

 

1階の入口にはテーブルクロスに布ナフキン。

ちょっとしたお招きにも使えそうですよね。

 

自由な発想で、楽しんで使える[働く一枚の布]。

明日も、お待ちしております。

 

 

 

カンボジアの働く布 「クロマー」展

2017年9月16日(土)〜24日(日)

 

OPEN:12時〜19時

※会期中の19日(火)、20日(水)は定休日を頂きます

 

 

 

 

 

 

364 サンロクヨン
杉並区西荻北3-13-16
03-5856-8065
info@sanrokuyon.com
 
JR中央線(土日祝は止まりません)、総武線「西荻窪」下車徒歩3分
北口を出て、左手交番前の商店街を直進
右手に西京信用金庫、左手にクリーニングたかはしのある十字路を左折
右手にすぐ見える2階建ての白い建物が364です。

 

 

 

 

 

展示会 - -
| 1/5 | >>