店番2人の日々の申し送り帳
「食べるがまんなか。器と道具展」



食べるって、
こんなにも深く、
道具と付き合うことだった。




昨年の初夏の頃、日々の食と道具のお店364をオープンさせ、
食べることってとっても深いものなのだと再確認しました。
豊かな食材があって、実直で手になじむ調理道具、そして器たち。
あとは楽しい仲間や家族と心地の良い空間。
何気のないことなのですが364を通して一番私たちが
教えられていることだなと思っています。


この度10月に馬喰町ART+EATの空間で三つのギャラリーが
ひとつになって食をテーマに展示会を開くことになりました。
半年ほど前からゆっくりと温めてきた企画展。
364も参加です。

三つのギャラリーが様々な形で想うこと、
共感し合えること、互いの在り方でまた大きく可能性が
広がることもあります。

是非、展示会へお立ち寄り頂ければ嬉しいです。
たくさんの方々と食の在り方、大切さ、楽しさを共有できたらと
思っております。

また展示会の内容、報告は随時お知らせしてゆきたいと思いますので。
お愉しみに。

主催:馬喰町ART+EAT
   うつわ祥見
   364

会場:馬喰町ART+EAT
会期:2009.10.06(火)→10.24(土)
   open11:00〜19:00〈イベントの際、変更もあり。下記参照〉
   日、月曜定休


出品作家:
(うつわ祥見より)横山拓也     (陶)
         吉田直嗣     (陶)
         村田森      (陶)
         鶴見宗次     (陶)
         村上 躍   (陶)
         矢澤寛彰     (漆)

   
(364より)  酒井隆司     (木工)
         北村一男     (鎚金)
         五十嵐文吾    (またたび編みかご)
         原 泰弘     (すり鉢)
         萩原末次郎    (竹細工)
         菊一伊助商店   (刃物)
         深川桶栄     (結桶)
         山形ひめさゆり館 (すりこ木)   
         364products    (麻布巾)
         須藤拓也     (陶)


イベント:
*10月6日(火曜日)pm18:30→20:00
 「なると屋+典座 イチカワヨウスケ すり鉢料理」
   参加費:3150円 予約制
やさしい野菜料理をつくるイチカワヨウスケさんが、すり鉢を使った料理を紹介します。からだとこころにやさしい料理の秘密とは?出来上がった料理を頂きながらゆっくりとお話しして頂きます。


*10月16日(金曜日)pm18:30→19:30
  「祥見知生 夕暮れの器会」
   ゲスト/横山拓也
   参加費:1500円(ワンドリンク付)
器を深く愛する祥見知生と、陶芸家・横山拓也が行う本気対談です。器を使う人、作る人、伝える人必見。食べる道具として器に関わるふたりの本音が飛び交う話をお聴き下さい。


*10月20日(火曜日)pm15:00→17:00
  「萩原末次郎 茶杓をつくる。」
   参加費:3150円 予約制
   持ち物:エプロン、軍手
84歳を超えた竹職人・萩原末次郎さんと一緒に2種類[煤竹、晒竹]の竹を使って茶杓を作り、お持ち帰り頂きます。


*10月20日(火曜日)pm17:00→17:30
  「隠れ茶の会」
   講師/斉藤雅子(隠れ茶を守る会)
静岡県安倍川上流、標高750mの山里で育つ、知る人ぞ知る銘茶「隠れ茶」。農薬不使用の安全なお茶は食べることもできるのです。「隠れ茶」のおいしい入れ方、その香りや美味しさを存分に味わうためにレクチャー頂きます。


イベントに関するお申し込み、お問い合わせ、他は
馬喰町ART+EAT 03-6413-8049
または bakurocho@art-eat.comまで。

















イベント comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://weblog.sanrokuyon.com/trackback/1278330
<< NEW | TOP | OLD>>