店番2人の日々の申し送り帳
はじまりました、箒展


昨日から始まりました!
「白木屋伝兵衛 箒展」

いろんな箒を見ていると
それぞれ役割や表情が違っていて
とても楽しいです。

床の間にでんと飾られているのは
新型箒というもの。
お値段も一番お高くて52500円。
さすがの風格です。



極上クラスの箒は、高木さんという職人さんが
編んでらっしゃいます。
中でもこの新型という箒は
この穴空きの部分が難しいため、
高木さんもたまにしか編まれません。
この箒を編むことで、
ご自分の腕が落ちていないか確認するのです。

高木さんのすごさは
編む技術はもちろんですが
ほうきもろこしという材料を
選別するすごさにあるのです。
膨大な草を何十種類にも等級分けするそうです。

この細かい選別は高木さんしか出来ない技術。
高木さんのもとには
若い女性のお弟子さんが2人いるそうで
頼もしい限り。
どの伝統工芸も、今の職人さんはご高齢の方が多く
後継ぎ問題が絶えません。
10年後にも日本の文化が息づいていると
いいのですが…。

先程の新型箒の美しさは特別。
他の箒も十分美しく、機能的です。

お値段の差は原料の産地、質、量で決まっていきます。
値段が高いからいい…とは一概には言えず
掃いてみて使いやすいものを選ぶのが一番です。


洋服ブラシや手箒も揃ってます。



日曜日には店長の高野さんもいらっしゃいますので
この機会にいろんな箒の掃き比べにいらしてください。
イベント comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://weblog.sanrokuyon.com/trackback/1323702
<< NEW | TOP | OLD>>