店番2人の日々の申し送り帳
お疲れさまでした。おふきん。





オープン当初からオリジナルとして扱って来た364の麻ふきん。
デットストックの生地を使っており
以前からいつ無くなるか…と思っていた矢先に。

みなさんの日常使いのおふきんとしてご愛用頂きましたが
こちらの商品は終了となりました。

こちらの商品の生地はお店を開店する時に
台所まわりの物を扱うなら機能性に優れた
使いやすい日々のふきんとして品揃えに入れたい。と
二人の意向で色々な生地を問屋さんから取り寄せたり、
人に聞いたりして探しまわりました。
納得がいかない物ばかりにオープンには間に合わないかもと
思う事もありました。

京都で出逢った麻に詳しい高山さん。
偶然に、いやいや、会うべくして会った良い麻を知り尽くす
方でした。
この生地なら絶対お墨付き、と言ってくれたこの生地を
わたしたちも何度も洗ったり使ったりの繰り返しをして
納得いくふきんに仕上げました。

当初は夜なべして大きな反物を切って、折り返し、縫って…
今となってはいい思い出です。
それからは縫製工場の影山さんにもお世話になり。

突然閉ざしてしまった布問屋さん。
やはり高齢化が進み、後継人もなく、跡形も無く
倉庫は空っぽとなってしまったようです。

残念ですね。ここだけではなく、今はこのような良い物が
どんどん無くなりつつある時代なのです。

どんな形で良い文化、職人さんの手から生まれた物たちを
この先支えてゆけるのか、364の課題でもあります。


こちらの麻ふきんは完売となりましたが
大判100cm×180cmのブランケット(バスタオルやシーツ、
ストールにもちょうど良いサイズです)が
ほんとに数点ですが在庫あります。10290円

それが本当に最後と思うと
お疲れさま、麻ふきん。と心にしみ入るのです。





道具のこと comments(2) trackbacks(0)
Comment








辻本さん、こんにちは。
東京は今週からグッと春めいた陽気に
なってきました。
茶杓入れの件、直接辻本さんのメールに
お返事致しますね。
いつもありがとうございます。



from. 駒井 | 2010/02/24 15:48 |
駒井さん、仁所宮さん、お久しぶりです。元気でしたか?頂いた布巾、在庫がもうなくなったのですね。実は、お願いがあります。以前作っていただいた茶杓ですが、筒を作っていただけないでしょうか?急ぎませんのでお願いします。
from. 辻本 | 2010/02/23 22:28 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://weblog.sanrokuyon.com/trackback/1354197
<< NEW | TOP | OLD>>