店番2人の日々の申し送り帳
『七十二候をめぐる、花しつらい、食こよみ。』ここに至るまで。その1


今年の春はあっという間に温かくなって、あとすこしで早めの
お花見の季節になるのかしら。と思っていましたが、
短かった冬が機嫌をそこねたのか、
冷え込む日々に戻されてしまった、ここ数日。

三寒四温と昔から良く言ったもので、この季節、
寒さと温かさを繰り返して春に移ろいでいきます。
自然の風景やどうぶつたち、もちろん人間さまも
ゆっくりと体調を整え、春を迎えるために
身体にぎゅっと栄養を蓄えるための時期なのでしょうか。

こんな日々の変化も先人の知恵や文化で
教えがあるってすごいことですよね。
この2、3年は、七十二候という日本独特の暦の分け方のあれこれに
すこしだけお仕事で携わることがあり、興味を持っていました。

昨年末に以前からのご縁がきっかけで
平井かずみさんの仕事をご紹介するイベントを364で企画しました。
かずみさんはとってもチャーミング。
しかし確かな芯のある考えを持って、心に花と人とを繋ぐ、
パッションのような熱ーいものをお持ちの女性なんです。
花がすき、ということだけではなく、要するに人が好きなんですね。
その大好きな人々をしあわせに出来るツールである花、木々、草を
大切に想っています。
「ツナグ」。
かずみさんのつなぐ形には皆さんが真似をしたくなるような程、
明るく、楽しい、に満ち溢れています。

「何か一緒にやりたい」。そういってくれた一言に心押されて、
ちょっと冒険をしてみたくなった、
昨年クリスマス終わりの楽しい夜だったのを覚えています。

つづきは次回。

今回、このブログの桜の写真は、矢郷桃さんの写真を使用させていただいています。
ふわりと風を感じ、春の温かさが増してくる
そんな春先の桜がちょうどこの時期のおしらせにぴったりです。
ありがとうございます。感謝を込めて。



【七十二候をめぐる、花しつらえ、食こよみ。】

開催日:2016年03月20日(日)
第一回 「桜始開〜春を慈しむ」


自由が丘にアトリエ【cafeイカニカ】を構え、
フラワースタイリストとして幅広くお仕事されている平井かずみさん。
花のある暮らしを肩ひじはらず、七十二候を通して、感じて欲しい花の
手ほどきを。

そして七十二候に基づき、季節の移ろいに想いを馳せるような
季節の食材を使った食の提案を、下北沢【七草】の料理人、
前沢リカさんに仕立てていただき、お教室の時間内に
お召し上がり頂きます。


一年を通じて不定期ではございますが、この会でおふたりの
暮らしの彩りの提案を楽しむ会としてスタートしたいと思います。
お教室は各回ご予約お申し込みとさせていただきます。

また、毎回のテーマに基づき、ゲスト展開のお楽しみも。

今回の第1回目、お教室のゲストは、この七十二候にちなみ、
お茶菓子の時間を【foodremedies(フードレメディ)】の
長田佳子さんにお願いする運びとなっております。

3人がテーマに向かい、特別に作り上げてゆく時間です。
他では見られない3人の融合がどのように花開くか楽しみです。
是非、1日限りの季節の会にご参加頂ければ嬉しく思います。


開催時間:
10時〜13時の部(満席となりました)
15時〜18時の部
(満席となりました)
 (ご希望の部のご予約制となります)


次回の第二回「七十二候をめぐる、花しつらえ、食こよみ。」は
6月頃を予定しております。
七十二候のテーマに沿って、毎回内容を変えての
楽しい会にしたいと思っています。
内容が決まり次第、ご報告させていただきます。



______________________________________________

平井かずみ hirai kazumi(フラワースタイリスト)

草花がもっと身近に感じられるような「日常花」の提案を
ライフワークとする。
自由が丘【cafeイカニカ】を拠点に花の会やリース教室を開催。
また雑誌や広告でのスタイリングの他、ラジオ番組にも出演中。
http://www.ikanika.com

_________________________________

前沢リカ maezawa rika(料理人)

江戸料理の老舗や和食店で修業後、
2003年、下北沢で和食店「七草」をオープン。
旬の素材にひと手間、ひと工夫加えた、シンプルな野菜中心の和食が評判。
「野菜をひと干し きょうの一皿」「野菜の料理教室」他著書も多数。
http://nana-kusa.net/
_________________________________

長田佳子 osada kako(菓子研究家)

パティスリー、レストラン等で修行を積んだのち、
PLAIN BAKERY(YAECA)でのお菓子の商品開発、
製造を経て独立。
その後は、foodremedies(フードレメディ)として、
出来る限り国産の新鮮な素材を使い、日本人の身体に合う
洋菓子を研究中。ハーブやスパイスを取入れたお菓子が人気。
http://foodremedies.info/
_______________________________________________________

【ご予約、お問い合わせ、ご来店はこちらまで】
 西荻窪364
 杉並区西荻北3-13-16
 03-5856-8065
 info@sanrokuyon.com

JR中央線(土日祝は止まりません)、総武線「西荻窪」下車徒歩3分
北口を出て、左手交番前の商店街を直進。
右手に西京信用金庫、左手にクリーニングたかはしのある十字路を左折。
右手にすぐ見える2階建ての白い建物が364です。



よもやまばなし - -
<< NEW | TOP | OLD>>