店番2人の日々の申し送り帳
塩壺

364開店当初からお取り扱いさせていた塩壺。

 

塩って、調理中に素手でひとつまみ、ふたつまみと、頻度があるもの。

おにぎり結ぶとき、まな板で素材を切るとき。

湿度を封じ込める塩の入れ物は、外からの湿気が入り込まない分、

内にこもった湿気を外に吐き出すことができません。

でもこの塩壺はその問題点を解決。

呼吸する塩壺なのです。

 

福岡在住の暮らしの提案を続ける沼田みよりさんが考案し

石原稔久さんが何年もの時間をかけて生み出した食のための道具です。

塩の湿気を調整してくれるのでいつでもさらさら。

私の台所まわりの道具にも欠かせないひとつとなりました。

 

残念ながら、この塩壺、先日の入荷でお取り扱いが最後となります。

今後の入荷はありません。

 

現在(2/25)の在庫種類は

◯塩壺 白 大(塩200gが入る大きさ) 6480円

◯〃  白 小(塩100gが入る大きさ) 5400円

◯〃  黒 小(塩100gが入る大きさ) 5400円

のみとなりました。

 

数も若干の個数です。

気になる方は是非この機会にお問い合わせいただければ嬉しいです。

 

 

わが家では本当に良く働いてくれています。

台所で10年以上塩の番をしてくれています。

もう手放せない。

これからも台所で活躍してくれることと思います。

 

 

↑ 2010年に364で開催された「塩壺」展 より

 

 

 

道具のこと - -
<< NEW | TOP | OLD>>