店番2人の日々の申し送り帳
菊一さんから教わる包丁研ぎ/お料理が一段と美味しく

 

菊一さんから教わる「包丁研ぎ」
5月25日土曜日 開催

 

 

鎌倉:菊一伊助商店、3代目 菊一公明氏、

毎年秋の会として定例会としておりましたが、

昨年体調不良のため、秋の会を一度中止とさせて頂き

その後に元気になった菊一さん、

今年は早めの春に開催を決定しました!

 

この会は公明氏だから教わりたいこと、

聞きたいこと、大将から教われるなんてすごい素敵なことだな、

と始めた会であったので、

早くも復帰し、会を再開してくれたのは嬉しいことです。

菊一さんも皆さんが真摯にお手入れに毎回向き合ってくれていることをすごく喜び、

また教えることが今回の元気の源になっているようです。

 

 

由比ヶ浜大通りに店を構え、
研ぎの専門店として長い間、刃物を使う職人はもちろんのこと、

家庭の台所を支える普段使いの包丁の手入れとして

各家庭の包丁を研ぎ整えてくれます。


菊一さんは研ぎ終わった後の切れ味を覚えていてほしい。

それを感覚で覚えていれば切れ味がなんかしっかり来なくなると思ったら、研ぎ時。

切れなくなった包丁で食材を切ると食材の繊維を潰してしまい、

旨味が逃げてしまうと言います。

きちんと手入れされた包丁は繊維を壊さず調理されるので、

美味しくなるはずなのです。

 

公明氏から教われること、貴重な機会です。

ぜひ!ご参加ください。

 

 

 

 

 

ワークショップ - -
<< NEW | TOP | OLD>>