店番2人の日々の申し送り帳
今週の「お手入れ」の会

 

今週土曜日開催の

菊一さんに教わる「包丁研ぎ」。

 

開催日も近くなってきました。

 

今回は気持ちの良い、初夏の日に

この会を催すことが出来、

また季節を変えて嬉しいものです。

 

私たち364は今年、11年目を迎えますが、

お店を開く当初、取り扱いの他、主にやりたかったことは

日々の道具の「お手入れ」をその道のプロフェッショナルである

職人さんに直に手ほどき頂ける会を持ちたいということでした。

 

開店当初から包丁は菊一さんのものをと決めていて

はじめてご挨拶に伺った時、菊一さんの大将感を目の前に

モノゴトをお願いするのにドキドキしたことを今でも覚えています。

鎌倉から「あの菊一さん」を西荻窪に来て頂くわけで

それはまわりの皆さん、「よく大将引き受けてくれたね。」と言います。

ありがたいです。

(実は菊一さん、立ち食いそばのお店が大好きで西荻窪には美味しい立ち食いそばのお店と

おいしいお酒が飲めるお店が沢山あるから、と言う理由で私たちのお願いを承諾して下さった、、、

という話もチラホラ。。。そのお噂はぜひ参加の際に本人に確認して下さい!)

本当に菊一さんにお願い出来て良かった、と思うお店を開店させて丸10年経った今

思うワークショップの内容です。

 

日々の道具をお手入れすることは毎日の食事のおいしさへも繋がります。

お手入れと、菊一さんのおはなしを楽しみに

来て頂ければ嬉しいです。

 

お席は、前半、後半、まだ空いております。

今からでも受付、大丈夫です。

メール、お電話にてお申込みをお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

ワークショップ - -
<< NEW | TOP | OLD>>