店番2人の日々の申し送り帳
フナハシトモハル木工展『monotone』展示会も折り返しとなりました。


フナハシさんの展示会も定休日を頂いてから折り返し、

残すところ4日となりました。

フナハシさんは、個展という形で東京は初めてということです。

私達もとても良い作家さんの作品にめぐり逢えたなあと思っていますので

皆さんにも見ていただければ嬉しいなと思います。

フナハシさんの個展では私達からのお題は

[モノトーン]で。

通常フナハシさんの作品はナチュラルな色味が多いのですが

以前、フナハシさんが試みた泥染がとても素晴らしく、個展ではこの色味で

さまざまな作品に挑戦して欲しいとお願いしました。

フナハシさんは木の風合いを大切にしているので

出来るだけ漆を使わず、覆わない染料を選びました。

鉄媒染、泥染、柿渋、墨染。

どれも表情を壊すことなく、またフナハシさんの施す

彫りや轆轤跡によって

綺麗な表面に染め上がっていたり、

表面のテクスチャーを感じアンティークの様に仕上がっていたりと

表情は豊かです。

また暮らしに馴染む形はさまざまなシーンで

活躍しそうなかたちばかりです。

今回展示会には日常使いにさまざまに使えるとお買い求め下さったり、

またお店でおもてなしの器として、そしてお茶のお教室で使いたいからと

道具として、など作品は旅立って行ってくれています。

スタッキングもいいものも。

何だか気持ちがよいです。

同じ染料を使っても

木の持つタンニンによってこんなにも色味も違います。

(左上)鉄媒染:山桜

(右上)鉄媒染:メープル

(下)鉄媒染+柿渋:チェリー

暮らしの一部に是非と思っています。

展示会は、日曜24日まで。

ぜひみなさまのお越しをお待ちしております。

展示会 - -
<< NEW | TOP | OLD>>