店番2人の日々の申し送り帳
お正月の食と道具 その3「洋菓子」

14日から始まる

師走の『おかいもの』イベント。

 

年末年始に近づき、一年の感謝を家族とゆっくり過ごしたり

友人や近しい知人などと会ったり、ご挨拶したり、、という

機会も多くなりますよね。

 

 

 

毎年恒例の茂木恵実子さんのクグロフ。

今年で8年目となりました。改めてびっくりです。

毎年、「今年のは美味しいよ!置いておいたら生地が落ち着いて

また違う味になっていたよ。」この会話が恵実子さんとの年末年始のごあいさつです。

新しい食で年末を彩ることも多々ある364ですが、

変わらぬ王道の取り扱い、毎年重ねて紹介する美味しさも

お客様には味を育てる愉しみがあるのではと思っています。

発酵バター、自家製ドライフルーツ、グランマルニエの豊かな香りと味わい。

日ごとに変化する味わいも美味しさの愉しみです。

みなさまからも「今年のクグロフも美味しかったなあ〜」という年末年始の364での会話、

心待ちにしています。

14日から販売です。

 

__________________________________________

 

 

そして毎年定番の茂木さんと一緒に洋の菓子で今回新しく彩ってくれるのは、

 

 

藤野貴子さんです。

http://2castor.com/takako-fujino/

(カストールLABO プロフィールより転載)

 

藤野さんとは昨年あるお仕事でご一緒することがあり、

その仕事ぶりに感心したのでした。

もちろんのこと味わいも。食感、風味、バランス、とっても美味しかったです。

仕事に対する真摯さや新たな発想、知識が様々なひきだしの中にあるので

色んな角度からの質問に臆すること無くすらりと述べるのです。

今まで幼少のころから、また大人になってからの海外での積み重ねも、

彼女を作り出す様々なソースになっているのでしょう。

 

1年前から、どこかの機会で、とお願いしていたことが

ようやく始まりとなりました。

まずは貴子さんらしいこの時期に合う焼菓子で。

私たちもはじめての味で今から楽しみなのです。

 

__________________________________________

14日〜フロランタン

 

サクサクのタルト生地にたっぷりとアーモンドキャラメルを載せたシンプルなフロランタン。

ゴマの香ばしさがおいしさを引き立てます。

クリスマスや年末の集まりなどでみんなで食べられるように円盤に仕上げました。

叩いて割って楽しんでください。

綺麗に切りたい方は裏面のタルト生地の方から包丁で好きな大きさに切り分けてください。

 

日持ち:2週間

 

__________________________________________

21日〜ガトーアニス

 

アニゼットというスターアニスのリキュールを使い、バニラとの相性良い

香り高い大人で上品な魅力のケーキ。

上新粉を使い、一口食べるとシュワッとふんわりなスポンジです。

 

日持ち:5日 開封後早めにお召し上がりください。

 

__________________________________________

 

 

 

 

 

 

 

 

 

展示会、イベント - -
<< NEW | TOP | OLD>>