店番2人の日々の申し送り帳
カンボジアの働く布 クロマー展

2019年4月13日(土)〜21日(日)

 

「カンボジアの働く布 クロマー展」

 

カンボジアで日々の暮らしに使われる手織りの布、クロマー。

汗を拭いたり、荷物を運んだり、赤ちゃんのゆりかごにも。

人々の生活に根付いた、働き者の万能の布です。

 

364では定期的に行っているクロマニヨンのクロマー展。

今年も定番のものから、新作まで、チェックやしましま、カラフルなもの、

しっくなもの、様々な布が並びます。

 

お家の間仕切りや、さっと羽織ったり、春らしい自分の1枚を探しに

お出かけ下さいませ。

 

 

 

*会期中の火曜日、水曜日は定休をいただきます

*クロマニヨン森田わかなさんは不定期ですが在廊致します

 

URL:krama100.com

 

 

展示会 - -
尾崎史江【小どら】販売会

小どらのご予約は4月8日(月)の時点で

販売数に達しましたので、予約受付を締め切らせていただきました。

ありがとうございました。

 

 

 

4月21日(日)尾崎史江さんの焼菓子【小どら】の

販売会を致します。

数に限りがございますが、

4月8日(月)12時〜15日(月)19時まで、

メールのみでご予約を承ります。

ご予約数が販売数を上回ってしまった場合、当日販売分は無しになりますので

ご了承くださいませ。

またご予約のお客様にはお手数ですが、お引き取りは21日(日)12時〜19時までに

西荻窪364にご来店頂ける方限定となりますのでよろしくお願い致します。

 

当日の販売分の有無につきましては18日(木)こちらのブログにてお知らせをさせて頂きます。

 

____________________________________________

 

小どらは生地皮に小麦粉に玄米甘酒、白味噌、黍砂糖など

自然の甘みを使用し、香り高くしっとりふんわりと焼き上げた和菓子です。

餡は北海道洞爺産の小豆、白小豆にこだわり使用。

季節のお味を入れて4種×各2個入の一箱です。

 

 

尾崎さんからは今回の一箱にはこのような内容で

お愉しみ頂けたらとのお言葉をいただきました。

 

 

 

今回の小どらの詰め合わせは、黒あん、白あん、

干し柿ブランデーバター、干し芋バターの4種です。

 

プレーンな黒あん白あんは、

生地とあんの相性をシンプルに味わっていただく一品。

ブランデー漬けにした山形の農家さんの自家製干し柿は、

白あんと醗酵バターの組み合わせで品の良い大人の味に仕上げました。

ねっとりした口どけのよい美味しさが後をひきます。

 

本場、茨城:ひたちなかの干し芋は「いずみ」を使用、

白あんと醗酵バターの組み合わせです。

はっとするようなさつま芋らしい個性の強い風味が、

どら焼きを引き立ててくれます。

 

「干し柿」「干し芋」の秘める魅力を

皆さまにお届けできたらと思います。

          

              尾崎史江

 

 

____________________________________________

原材料
 皮 小麦粉、卵、玄米甘酒、黍砂糖、白味噌、牛乳、白玉粉、水飴、太白胡麻油、重曹
 あん 小豆、白小豆、ビートグラニュー糖、干し芋、干し柿、醗酵バター、ブランデー

 

 アレルギー表示
 卵、乳、小麦

 

お日持ち:3日間(4月23日まで)

 

価格:2000円(税込)

____________________________________________

 

多くの方々に尾崎さんの小どらを知って頂きたく、

定期的に販売会を続けられればと思っています。

季節のお味が巡り巡る楽しみも。

是非、ご賞味頂けたら嬉しいです。

 

どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

ご予約はこちらをご確認ください。

 

ご予約メールアドレス:info@sanrokuyon.com

 

◯お名前

◯お電話番号

◯メールアドレス

◯ご希望の個数

をお知らせください。

 

※お申し込みのお返事は3日以内に致します。

メールなどの不具合でお返事が送れないメールアドレスもありますので

お返事が3日以内に届かない場合は、申し訳ございませんが再度ご連絡を頂ければ

有り難いです。

 

 

 

イベント - -
山形えんジャムより、早春のお味が届いています。

◯パール柑ジャム 810円

減農薬で育った大玉の柑橘:パール柑。

苦みが控えめでやさしい味わいです。

 

 

◯ブッラドオレンジ 810円

愛媛の農家さんより直送して頂きました。今年は果肉いの赤みが少ないですが

味わいはワイルドです。独特のポリフェノール感があります。

 

 

◯土佐文旦 810円

高知の農家さんから直送の土佐文旦。今年は良作で甘みも良好。

ほんのり感じる皮の苦みがまたおいしいのです。

 

 

◯いちご姫 810円

ここのいちごが使いたいと車を走らせ山形県東根市の農家さん訪ね求めた摘みたていちご。

粒感を大切に仕上げました。小粒ですが香り豊かにじわっと果汁が広がる食感で食べ応えのあるひと瓶です。

 

 

 

※その他、遠藤さんからは、2018年度仕込み分の梅干し(豊後梅/小梅)が2種届いております。

豊後梅のフルーティな深い味わいと小梅の酸っぱさの中に華やぐ甘みの梅の味をお愉しみください。

 

 

 

 

 

 

 

 

食のこと - -
Fermentation茂木恵実子×METZGEREI KUSUDA楠田裕彦「1枚のおいしいハムさえあれば」

4月始めのイベントのお知らせです。

 

Fermentation茂木恵実子さんの

パンの販売会

「1枚のおいしいハムさえあれば」

4月7日(日)am 9時より

 

お愉しみに。

 

 

*お知らせの注意事項を良く読み、気持ちよくお買い物頂けるようご協力をお願い致します。

イベント - -
桶栄:まな板

 

 

 

 

深川:桶栄のまな板。
自生300年もの天然木曽檜を材にしていて、

その木目の緻密さ、さらに水はけの良さ、軽さ、使い心地は言わんとして抜群。

364のオープン当時から数年扱っていたのですが、

材が手に入らず、廃盤同然になっていて、

もしもまな板に適した材で桶栄さんの納得するものが出てきたら、

是非まな板が欲しいとリクエストしていました。
あれからもう数年が経ち、もうきっと手に入らないものと思い込んでいましたが、

この度、10枚のみ、仕立ててもらうことができたこのまな板。
もうこの手の材は手に入らないので、
これが最後と

桶栄さん自身もまな板には上等な良い材と太鼓判。
通常のまな板サイズよりは少し小さくなりますが、

この最高級の材のまな板を使ってみたいという方には是非、おすすめの逸品です。

 

 

 

【木曽檜 赤太無地 一枚板】

・木目が通り緻密で、狂いが少なく、水に強い。

・樹脂は防カビ力、抗菌力が強く、衛生的です。

 古くからプロの板前が使う材として、大切に使われておりました。

・樹齢300年余の天然檜の良質部分「赤太」のみを使い、手カンナで仕上げた逸品です。

 

20×35cm 厚さ2cm

12000円

 

 

 

 

道具のこと - -
塩壺の販売を終了致します

 

塩壷は完売となりました。

今後のお取り扱いはございません。

皆さま、長い間、手に取り

見て頂き、ありがとうございました。

沼田みよりさんが長年、考案に励み、

その想いを石原稔久さんが実現してくれたこの塩壷を

ご購入頂いた皆さまにはお台所で、

食卓で育てて頂けていること嬉しく思います。

ありがとうございました。

 

 

 

 

道具のこと - -
営業時間変更のおしらせ

3月11日(月)は14時〜の営業とさせていただきます。

よろしくお願い致します。

 

お店のこと - -
漆のうつわ


最近、毎日に使うための漆というものに惹かれています。汁椀は漆で、という人は多いと思うけれど、

毎日の食卓でご飯やおかず、おやつまで漆を使うという人はそう多くはないと思うのです。

手に取る食事のもの(例えばごはんや一人分に盛られた副菜など)には器が軽くていいし、

手触りもなめらかでいい。机に置いた時のコトンとした音にも惹かれてしまう。

漆は五感をふくよかにしてくれる器なのかもしれません。

同じ形のものをいくつか揃え、食器棚から見える重なりが綺麗だったりするのも憧れ。
そんな時に出会ったのが土田和茂さんの作品です。

土田さんは石川県の生れ育ちであるものの大阪の大学を経て、

その後は石川に戻り輪島の赤木明登さんに師事することに。

その後独立することになります。
様々なご縁のもと、土田さんと土田さんの作風は積み上げられているんだなぁと感じます。

土田さんの作品は静かな趣、面持ちがありながらも日常の気配を感じます。

凛としている様で愛着があり、 すっと手に取りたくなるような美しい日々の器。

 

本日より西荻窪364で並び始めました。

善き節日の出会い。 新たな始まりです。



 

 

 

 

道具のこと - -
塩壺

364開店当初からお取り扱いさせていた塩壺。

 

塩って、調理中に素手でひとつまみ、ふたつまみと、頻度があるもの。

おにぎり結ぶとき、まな板で素材を切るとき。

湿度を封じ込める塩の入れ物は、外からの湿気が入り込まない分、

内にこもった湿気を外に吐き出すことができません。

でもこの塩壺はその問題点を解決。

呼吸する塩壺なのです。

 

福岡在住の暮らしの提案を続ける沼田みよりさんが考案し

石原稔久さんが何年もの時間をかけて生み出した食のための道具です。

塩の湿気を調整してくれるのでいつでもさらさら。

私の台所まわりの道具にも欠かせないひとつとなりました。

 

残念ながら、この塩壺、先日の入荷でお取り扱いが最後となります。

今後の入荷はありません。

 

現在(2/25)の在庫種類は

◯塩壺 白 大(塩200gが入る大きさ) 6480円

◯〃  白 小(塩100gが入る大きさ) 5400円

◯〃  黒 小(塩100gが入る大きさ) 5400円

のみとなりました。

 

数も若干の個数です。

気になる方は是非この機会にお問い合わせいただければ嬉しいです。

 

 

わが家では本当に良く働いてくれています。

台所で10年以上塩の番をしてくれています。

もう手放せない。

これからも台所で活躍してくれることと思います。

 

 

↑ 2010年に364で開催された「塩壺」展 より

 

 

 

道具のこと - -
遠藤玲子さんの13割味噌/本年度最終入荷となります

 

 

 

※2月23日今期分は完売となりました。

 ありがとうございました。

 

 

本日、遠藤さんから13割味噌が届きました。

これで2019年のお味噌の入荷は終りです。

今年も早かったですね。

さすがの人気味噌です。

 

冷え込みの厳しい山形ですが、お味噌には居心地が最適だったのでしょう。

甘みと熟成がまして、今回のお味噌もまろやかでおいしいです。

 

おひとりさま1回につき、3パックまで。

きっとあっという間に無くなっちゃうかもしれませんが。

 

ご興味のある方はお早めにどうぞ。

 

 

 

13割糀味噌

(糀:山形県産米使用山形産/大豆:無農薬自家栽培/塩:国産粗塩)

450g 500円

 

 

 

 

食のこと - -
<< | 2/110 | >>