店番2人の日々の申し送り帳
小どら16日当日販売分のおしらせ

[尾崎史江さんの小どら当日販売分について]

 

 

尾崎史江さんの小どら。

 

 皮は小麦粉に玄米甘酒、白味噌、黍砂糖など

 自然の甘みを使用し、香り高くしっとり、

 ふんわりと焼き上げた手のひらサイズの菓子。

 餡は北海道洞爺産の小豆、白小豆を使用。

 季節のお味を入れて4種×各2個入の一箱です。

 

 

小どらの販売において6月3日より16日販売分の事前予約を受け付けた所、

沢山のお申込みを頂き、販売数に満たしてしまったため、

16日の当日販売分は無しとなりました。

 

以後、キャンセルなどが出た場合は当日販売分が出る可能性もございます。

その際にはこちらのお知らせよりご連絡をあげさせて頂きます。

 

当日販売を楽しみにして下さったお客様には大変申し訳ございませんが

また次回の販売会をお待ち頂ければ嬉しく思います。

 

ありがとうございました。

 

 

西荻窪364

食のこと - -
遠藤さんの初夏のジャム/サクランボ始まりました。

 

 

 

 

◯佐藤錦    1080円

◯香夏錦    1080円

◯露地いちご   980円

◯ニューサマーオレンジ 980円

◯灘オレンジ      980円

 

 

遠藤さんの畑ではサクランボに追われて大忙しのようです。

今日はダークチェリーの仕込みとのこと。

来月には364でお届け出来ると思います。

えんジャムのサクランボ祭り始まります!

 

 

食のこと - -
奥会津〜山形の旅より

 

 

土曜日より、お休みを頂き

奥会津〜山形へと車を走らせ、職人さんや作り手さんと

久しぶりにお会いしてきました。

 

本年、奥会津のまたたびの笊は入荷は無しです。

 

今回は五十嵐文吾さんの奥様である、ばーちゃんとゆっくりとお話をして

帰ってきました。

手みやげには、おばーちゃんが採って缶詰にした、という

孟宗竹の水煮。

煮付けたり、炊き込み御飯にしても美味しいよ、とおばーちゃん。

ことしで90歳になったようです。

いつまでもお元気で!

 

嬉しいばーちゃんの直筆。かわいい。

 

今回、三島と山形のあいだの盆地で

奥会津のかごなどを取りまとめていらっしゃる方のところへ

ご縁あって初めて訪ねることが出来、

その時にすごくラフだけれど、機能的に作られている

朝顔型のかごに目が止まりました。

以前、364でも扱っていた篠崎ざるの柴田さんのかごのかたちにも

近いです。

 

 

このかご、聞くところによると

職人のかたはおばあちゃんなのだとか。

やわらかい編みだけれど、無骨ですごく良い。

そして今はもうこのおばあちゃん、作っていないということでした。

 

こんな何でもない、日常のかごが好いんだよね。

きちんと水切れもする足も、しっかりと。

 

欲のない価格が、日々の暮しの一部、ということを

物語っている気がしました。

 

孟宗竹のざるかご

27cm 2000円

32cm 2500円

※こちらの商品は店頭のみの販売とさせていただいております。(お取置き不可)

 

6月の第二週に奥会津に訪ねてから12回目となりました。

工人祭りというお祭りが開催されていて

そこで数年前に出逢った、フナハシトモハルさん。

今年の秋には364で個展をお願いしています。

そのお話をしながら、作品をひとつだけ預かってきました。

 

 

この作品、フナハシさんならではの染色方法。

今はまだ内緒にしておきますね。

今回の個展もこのラインの色味で

「黒」をベースに作品の数々をまとめてもらう予定です。

ぜひ、お愉しみに。

 

 

 

福島をあとにしてゆっくりと北上。

保存食でお世話になっている遠藤さんのところへに伺うことも

今回の目的のひとつでした。

 

今年はじめにワークショップを開催した「味噌づくり」の様子も確認。

すくすくと熟成されているお味噌は、前半後半とご参加下さった回によって

だいぶ、香りや様子が違ってきているというから不思議ですね。

あと半年、山形の心地の良い空気に触れて、皆さまにお届け出来るよう

遠藤さんも見守ってくれていますのでご安心を!

もちろん、遠藤さんの手前味噌の大豆も今年は

畑を増やしてくださり、味噌作りの前の大豆づくりにも

力を入れてくれています。

 

遠藤さんとは畑に出て今後の畑のサイクルのお話や

様々な環境のこと、これからのこと、お話ししてきました。

安定しておいしいものをお届けすることの大変さ、

本当に感謝しかないですね。

これからも美味しいもの楽しみにしています!

 

 

まもなく今週から来週には

佐藤錦、香夏錦、ニューサマーオレンジ、灘オレンジ、露地いちごのジャムが

店頭に並ぶ予定です。

 

お愉しみに。

 

 

 

 

 

 

道具のこと - -
臨時休業のお知らせと7月のイベント。

iPhoneImage.png

 

6月8日(土)〜10日(月)までお休みを頂きます。

(11日(火)と12日(水)は定休日となります)

 

よろしくお願い致します。

 

 

___________________________

 

7月のイベント。

詳しくはまた後日詳細をお知らせ致します。

 

 

tealabo.t 武内由佳理さん 「雫_shizuku」

2019年7月5日(金)〜7日(日)

_______________________

 

 

 

 

 

お店のこと - -
お休みのお知らせ

6月8日(土)〜6月10日(月)まで

出張のため、お休みをいただきます。

11日(火)、12日(水)は定休日となります。

どうぞよろしくお願い致します。

お店のこと - -
尾崎史江さんの小どら[6月16日ご予約]

 

本日3日より開始致しました6月16日(日)引取分の

小どらご予約お申し込み。

 

本日、364の営業時間内に

メールにてお申込み頂きましたお客様につきましては

お申込み確認のお返事を致しましたが、

19時以降メールにてお申し込み頂きましたお客様につきましては

大変申し訳ございませんが、明日、明後日が定休日を頂いているため

6月6日(木)のお返事となりますこと、

ご了承願います。

 

お返事お待ち頂き申し訳ございませんが何卒宜しくお願い致します。

 

→6月の小どらはご予約数に達しましたので、ご予約を閉め切らせていただきます。

 ありがとうございました。

 

 

 

 

 

食のこと - -
尾崎史江さんの今月の小どら。6月3日pm12時より販売ご予約開始です。

 

今月の小どらの販売会。

明日6月3日からご予約始まります。

当日売りの有無は14日にお知らせです。

店頭引き渡し日は16日の営業時間内となりますので

どうぞ宜しくお願い致します。

 

今後、小どらにつきましては、夏季に入りますので、

364ではしばらくの間、販売をお休みします。

 

ぜひ秋口までの最後の販売です。

今回もベーシックな尾崎さんの小どらの味と

さわやかで滋味ある今だけの季節の風味を存分に味わっていただけたら

嬉しいです。

ご予約、お待ちしております。

 

____________________________________________

 

小どらは生地皮に小麦粉に玄米甘酒、白味噌、黍砂糖など

自然の甘みを使用し、香り高くしっとりふんわりと焼き上げた和菓子です。

餡は北海道洞爺産の小豆、白小豆にこだわり使用。

季節のお味を入れて4種×各2個入の一箱です。

 

 

尾崎さんからは今回の一箱にはこのような内容で

お愉しみ頂けたらとのお言葉をいただきました。

 

 

 

今回の小どらの詰め合わせは、黒あん、白あん、

白あん檸檬、ブランデー無花果マンゴーの4種です。

 

プレーンな黒あん白あんは、

生地とあんの相性をシンプルに味わっていただく一品。

季節の小どらは下記にご説明致します。

 

 

♢白あん檸檬
白あんにしまなみ海道直送のレモンがぎゅっと詰まった檸檬羹をはさみました。
あんの芳香さをはじけるようなレモンの香りが包み込みます。
真白のあんと透き通る檸檬色が見た目にも涼しげです。
あん原材料 白小豆、ビートグラニュー糖、レモン、寒天

♢ブランデー無花果マンゴー
大納言の黒あんの中に角切りのドライマンゴー、ブランデー漬けのドライ無花果を混ぜ込みました。
ドライマンゴーの爽やかな甘酸っぱさとぷちぷちっとしたドライ無花果の食感をアクセントに、ふわっと香るブランデーの風味があとをひきます。
あん原材料 小豆、ビートグラニュー糖、ドライ無花果、ドライマンゴー、ブランデー


 

364

杉並区西荻北3-13-16

03-5856-8065

info@sanrokuyon.com

 

JR総武線西荻窪駅 北口より徒歩3分

北口より左手バス通り(伏見通り)を

直進。右手に西京信用金庫、

左手にクリーニングたかはしのある十字路を左折。

二件目右側、白い二階建ての家が364。

 

 

 

食のこと - -
5月30日(木)の営業時間が変わります

5月30日(木)は31日からのしょくぶつ展の準備のため

17時閉店とさせていただきます。

12時〜17時の営業となりますので

申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

お店のこと - -
しょくぶつ展 ー KoHo natural garden design

 

5月31日(金)〜6月2日(日)の3日間、

毎年この時期に気持ちの良い空間を提案してくれる

KoHo の伊能さん。

今年はどんな草花や樹木、ハーブや実なりの良い枝木が並ぶのでしょうか。

とっても楽しみです。

 

我が家の小さな庭もこの展示会を重ねるごとに

わさわさと元気の良い草木たちが1年、また1年と成長しているものもあり、

今年は何を迎えようかとお客様と同じ目線で選んでしまいます。

 

草花木はもちろんのこと、伊能さんが力を入れているひとつにも

土や肥料、その他メディカルハーブにも提案があります。

 

その中で、ここ数年、伊能さんがおすすめと言って

私達も使い始めた、ラベンダーの精油。

この精油は直接肌に数滴使用出来るので、

リラクゼーションの他、気分を変えたり、虫さされや吹き出物などにも

効能が良いとされます。(個人差ございますので、お試し前にご確認下さい)

 

ゆっくりとくつろぎたい時間に香しいこのラベンダーオイルで癒されるのも

いいですね。

香りの違いは2種類。

採取された環境が違うだけでこんなにも香りが違うんだ。と

驚きます。

 

今回の展示会ではこのラベンダーオイルを取り扱うLienブランドの

良質なハーブを使った乾燥ハーブティも並ぶそうです。

 

 

 

 

 

【Lienホームページより転載】

 

くらしの中で様々に楽しめる

[しょくぶつ]。

ぜひ、楽しみに展示会をお待ち頂けたら嬉しいです。

 

お待ちしております。

 

 

 

 

展示会 - -
6月の展示会。「植・食・触ーしょくぶつ」展

今年もはじまります。

しょくぶつ展。

毎年6月第一週の週末と決めています。

 

今回もどんなすてきな植物たちが並ぶのでしょうか。

 

iPhoneImage.png

 

展示会 - -
<< | 2/113 | >>