店番2人の日々の申し送り帳
わたしもつかっています。
なつやすみ。



つかっています。
桶栄さんのまな板
気持ちのよい包丁のあたりが
なんともいえません。




つかっています。
鷲塚さんのガラス鉢。
食事におやつに…えらばずつかえるので
重宝しています。

今日は徳島の太そうめんとまさえの味みそ
からめてみました。





【おしらせ】

*364のなつやすみのお知らせ
 2010年8月10日(火)→17日(火)
   18日からは通常通りの営業です。

*展示会のお知らせ
2010年9月1日(火)→6日(月)
「桶栄」展

おひつ、飯台、まな板、しゃもじ、おはし、お重…などなど
一同に桶栄さんの手仕事をご紹介。

桶栄 四代目 川又栄風氏 在廊日:9月1日(水)、4日(土)

イラスト:塩川いづみ

※展示会の詳細はまた後日アップさせて頂きます。



よもやまばなし - -
富山来訪の旅。


本日はお店の定休日ともあり富山に来ております。
364では初めての硝子作品の取扱いとなる
鷲塚貴紀さんの工房へ訪ねて来ました。
かなり強行スケジュールではありましたが、
以前からお手紙や電話では連絡を取らせて頂いていて、
ずっとお会いしたかった作り手さんだったので念願の旅となったのです。

本日の富山のお天気は曇り時々雨。
気温は低くとっても寒かったです。
しかしながら訪れた工房では硝子を溶かす窯が芯から冷えた身体を
ゆっくりとほぐしてくれて、時間がたつにつれてゆるりとした時間が流れ、
色々なお話もさせていただけました。
鷲塚さんの作品はシンプルで、安定した存在感の美しさが心を奪われます。
硝子特有の清涼感というよりもモダンなフォルムの温かみが、
様々な料理の想像を掻き立ててくれます。
試行錯誤の故にそぎおとされた美しさが、ただただ真摯に
器へと映りこんでいる気がします。

来週には364で鷲塚さんの作品が並ぶことと思います。
是非ともお楽しみに。








よもやまばなし comments(0) trackbacks(0)
ばんぺいゆ。





おっきいですよねー。といっても写真じゃわかりませんよね。
差し入れの頂き物で3人で食べてお腹いっぱい。
しゃくしゃくしていてぎゅっと見が詰まっていて
おいしかったです♪
Hさん、ごちそうさまでした。

下記、ウィキペディアより。
頂いて、食いしん坊なためすぐに食べてしまいましたが
数日置いておくと甘みが増してさらにおいしくなったようです…。


【晩白柚】
ザボン類は柑橘類の中でも果実が巨大で皮が厚いが、
晩白柚は特にこれが著しい。直径25cmになるもの珍しくない。

その大きさから「柑橘類の王様」と呼ばれる晩白柚は、香りがとてもよく、
鼻を近づけると、やんわりとした甘酸っぱい香りがする。
晩白柚は保存性が高く、皮が柔らかくなり、食べごろになるまで
部屋で観賞用兼芳香用として1ヶ月間ほど置いておける。


食いしん坊である事を悔やみました…。


よもやまばなし comments(0) trackbacks(0)
金沢・能登 旅の食日記
先週はお休みをいただいて
石川県へ。
帰ってきてから「おすそわけ展」を
開催していましたが
写真を撮る暇もなく
あっというまにほぼ完売してしまいました。

お越しいただいた皆さま
ありがとうございました!

せめてものおすそわけとして
わたしたちの旅の間の食事の写真でも…。

金沢に到着後すぐに近江町市場へ。
新鮮な食材に大興奮。
小腹が空いていたので、
生牡蠣と甘エビを。

ここの牡蠣は感激もの。
写真に撮るのを忘れてしまったのが
残念でならないほど、
ほんとに大きい牡蠣でした。
口の中で牡蠣をほおばったのは
私たちも初めて!

牡蠣のお兄さんに紹介してもらったお寿司屋さんへ。
今日のおすすめ、のどぐろ、白エビ、アジなどを。
たもつさんというお寿司やのお兄さん。
威勢のいい声がお店の看板。
とにかく気のいい方で、お椀をサービスしてくれました。
1000円でお釣りがくるお値段で、お腹いっぱい!
安くて新鮮、言う事なしです!


夜ご飯は、イタリアン。
今回訪ねてみたかったお店の1つ、
高木糀商店のお父様にご紹介いただきました。
「トラットリア タマヤ」

あっさりしたイタリアン。
新ジャガのニョッキ、おいしかったです。

1日目にして、おいしい金沢にやられっぱなし。

2日目は七尾へ。
今回の旅の一番の目的、
「鳥居醤油」さんまで小旅行。
そこでお昼にごちそうになった天ぷらと素麺。
だしつゆはもちろん…鳥居さんのものです。

揚げたての天ぷら。
おうちのご飯って
なんでこんなにおいしいんでしょうね。


能登へ移動した夜ご飯は
やっぱりお寿司!
地魚の握り、2人前とは言え
すごい迫力。
無言でほおばる私たちでした…


金沢に戻って「一笑」で朝からお茶を。


「一笑」は加賀棒茶の喫茶店。
はんなりとした町並みが素敵なひがし茶屋街で
朝から優雅なひととき。

八百屋さんでお惣菜を買って
川縁で食べたり…


スーパーで買ったパン。

中身はなんと…ちくわ!


そして最後のしめは
再びの近江町市場の生牡蠣とお寿司。
旅の始まりに戻って思いを馳せながら
しみじみ味わってきました。

3泊4日、食べました!
写真に撮るのを忘れてしまったものも
多々あり…

今回の旅はおいしいものを通して
またいろんな出会いがありました。
向うでお世話になった方達の
ご紹介もしたいのですが
その話は次のブログで。

おいしい石川県。
ごちそうさまでした!


よもやまばなし comments(2) trackbacks(0)
奥会津山歩き写真
よもやまばなし comments(0) trackbacks(0)
1/4の奇跡


5月24日(日)府中市中央文化センターにて、
ドキュメンタリー映画
『1/4の奇跡〜本当のことだから〜』の上映会を行います。

お店によく来てくださるお客様が
映画の上映スタッフとして関わっていて
とてもいい映画だから…とご紹介くださいました。

お話を聞いていて、
私たちもぜひ見に行きたかったのですが
日曜日…
お店があるので、今回はあきらめることに。

そして残念ながら
今回は満席になってしまったそうなのですが
ブログに載せよう、ということで
その方が書いてくださった
紹介文を…

順次各地をまわるそうですので、
ご興味がある方はぜひ!

 この映画は、養護学校に勤める先生・かっこちゃんの話を中心に、障害(不自由さ)を抱える子供たちを描いた作品です。通常、私たちは養護学校の子供たちを障害という言葉でくくりがちです。
 確かに不自由な点はありますが、彼らを障害という言葉でくくってしまって本当に良いのでしょうか? 
 他の子供にはない特技を持っていたり、ステキな絵を描いたり、とってもやさしかったり、それぞれに健常者と変わらぬ素晴らしいところをみんな持っています。
 さらに驚くべきことには、子供たちは病だったり、不自由さを抱えながらも自分の境遇を受け入れ、生きていることに (とても不自由であるにもかかわらず)感謝しているのです。
 大人だってコンプレックスを大なり小なり持っているのですから、全てを受け入れることは容易ではありません。 ですが、映画に出てくる子供たちは、幼くして、自分の全てを『受け入れる』 という行為ができている気がします。
 時に、死ですらも。
 映画の障害(不自由さ)を持つ子供たちや目が不自由になった男性の生き様、言葉は、私たちの胸を深くえぐり、心を強く揺さぶります。
 そして、
“ひとりひとりが、とっても大切な存在なんだ”
“ありのままの私たちで、大丈夫なんだ”
という勇気のようなものを与えてくれます。
 鑑賞後、温かい気持ちに包まれ、こうしてただ生きているだけでも私たちは本当に幸せなのだなと、奇跡なのだと、あらためて思わずにはいられません。
 確かにこの映画では、障害(不自由さ)を持つ人々にスポットを当てていますが、障害というキーワードを用いて、大きな視点から我々人類(人間)のことも描かれています。『1/4の奇跡』というタイトルの由来もその辺りにからんできます。この由来に関しては映画を観てからのお楽しみということで。
 これから子供を持つ人、子供のいる親御さん、子供好きな人、若者、自分のこれからの道に迷っている人、自分に自信がない人、コンプレックスに押しつぶされそうな人、そんな人たちにぜひ観て欲しい作品です。

1/4の奇跡ホームページ 子供たちの言葉を読んだだけで泣けます。


よもやまばなし comments(0) trackbacks(0)
ドーブツ展 shiokawa izumi




364の毎月のお知らせでおなじみの
イラストレーターの塩川いづみさんの展示会が
目黒:クラスカ[Gallery&shop“DO”]にて
4月10日から始まります。

364ではOPENの頃より、展示会やイベントの際に写真で
直球にお知らせすることも良いけれど、思いをはせたり、
興味がわいたり、うきうきするのもいいかな〜と
イラストでお知らせしたいと考えました。
その思いをくんで頂き、協力してくれたのが塩川いづみさん。
この半年間本当にお世話になっています。
何よりも364のイベントでのいづみさんの力は大きい!
皆さんの心に残るものになっているようです。
そんな彼女の展示会。
是非、足を運んでみてください。



また現在発売の里文出版から出ている
『Mitate』の表紙+αもいづみさんが手がけております。
創刊号の特集は達人に聞くMitate。
骨董やお茶、お花、料理やお酒…などなど、
身の長け合ったものの中でも充分に愉しめる見立て方を
楽しく綴られています。
白州信哉さんと茂木健一郎さんの対談も読み応えありです。

是非、お手に取ってみてくださいね。





             
よもやまばなし comments(2) trackbacks(0)
お世話になってます、りんご部門。


昨日のわたしのブログについて
今朝、駒井が
「高野さんのこと、適当な感じって…褒めてないよー(笑)」

最高に褒めたつもりでした…
補足すると、高野さんお話も上手で
前掛けがよく似合います。
高野さん、もしくは箒にご興味のある方は
ぜひ白木屋伝兵衛さんへ!

ブログも毎日更新していると
おのずとプライベートな話題になりますねー。

私たちのパソコンはmac。
ついでにわたしはiphone。
しかし笑えないほど使いこなせていません。

いつもお世話になってるmacの師匠には
お世話になりすぎて頭が上がりません…。
私たちを教えるなんて、ほんとかわいそう…なんて
人ごとのように思ってしまうほど
手取り足取り、根気づよくレクチャーしてくれます。
ほんと親切、丁寧、教わったあとは
泣けちゃうくらいです。

そんな師匠は、macのことなら
わからない事はないほどの達人。

macやiphoneをお使いの方は
ぜひ師匠のブログを。
わたしも、いつもチェックしては
よくわかってないけど「へー」って
言ってます。

師匠はおいしいものも大好きなので、
おいしいものがお好きな方も。

そうそう、師匠のスニーカーコレクションは圧巻です。
そんなわけで、スニーカーがお好きなあなたにも。



師匠おすすめ「finetune」
わたしもダウンロードしました。
無料で好きなアーティストの曲が聴けて
楽しいです♪



よもやまばなし comments(0) trackbacks(0)
お世話になってます、いろんな意味で。
昨年末に364で展示会をしていただいた
白木屋伝兵衛さんのほうき。

お店でも我が家でも、気づけば
日常の道具として大活躍。


ここでも、あそこでも。


364ではこちらの店長さん
高野さんのブログに夢中。

年始に駒井が「高野さんのブログ見た?」
をきっかけに2人で常にチェックです。

とにかく面白い!
笑いもあって、時にほろりとさせられて。
軽い感じのとても魅力ある文章です。
写真もないし、文章が長い時もあるけれど
小説の様に読みふけってしまいます。

iphoneのホーム画面に登録して
指1本で高野さんのところへ。
電車の中では、常に高野さん。
本当はお腹を抱えて足をばたつかせて
笑いたいけど、我慢。
マフラーに顔を埋めて肩をふるわせています。

高野さん一家がまたいい感じ。
364に来ていただいた時も
帰りにはみんなで銭湯行っちゃったりして。

最近読んだ小説の中に
「あまりにも非の打ち所がないと
 人は批難したがる…」
というような一節があったけれど
そんな気はみじんも起きないほど
このご家族は、ほのぼの、のびのび。

高野さんを一言で表すなら「適当な感じ」。
肩の力が抜けた感じで…。
「適当」はわたしの中では最上級のことば。
そんな大人に憧れます。
高野さんの方が年下なんですけど。

ほんと超めちゃんこおもしろいッス!マジで。

高野さん風にしめてみました。

*1/28〜2/2
 泥花庵 珠世「人形展」










よもやまばなし comments(0) trackbacks(0)
またまたうちあわせ


またまたうちあわせで、Cura2の大西さんのところへ。
お店を閉めて急いで経堂へ。

ドアを開けると、いつも看板犬のニコちゃんが。

あまりの突進&歓迎ぶりにぶれちゃいました…。
いつもかわいい彼女です。

うちあわせがてら、飲みにいこう!
というのは、いつもの流れ。
今宵は飲み屋さんで
シメサバ、焼き白子、ぶりの塩焼きを肴に。
「今日も1日おつかれさまー!」の
乾杯のあとは他愛もない話をしていました。

大西さんと私たちはもう長いおつきあい。
先月もお歳暮に…とりんごのタルトを
1台焼いてくれました。
その1口目で衝撃が。
なんかおいしくなってる!

大西さんのタルトやスープなどなどは
私たちの大好物。
もともと完成された味なので
これ以上進化することはないと
思っていたのです。

なのに、何がどうなっちゃたのか
わかんないけど、おいしくなってる…。

特にりんごのタルトはわたしの大好物。
数年前、ちょっと元気がなかったわたしに
りんごのタルトで励ましてもらったこともあります。

そんなわけで、りんごのタルトには
敏感に反応するわたしなのです。

大西さんにそのことを告げると
特に材料を変えたわけでも
作り方を変えたわけでもなく…
というお返事。
2人で、なんでだろうねー?
と、ほろ酔いの頭を悩ませていました。

そういえば…と大西さん。
12月ぐらいから突然タルトが
一度にたくさん焼けるようになったそう。
長年作ってきて、身体が覚えて、頭で考えなくても
自然に作れるようになったそうなのです。
それが味に反映されたのかねー、という結論に。

この話をしていて
とても感慨深い気持ちになりました。
味が変わらないように
日々同じ作業を繰り返し
大西さんにとっては当たり前の日常の中で
突然自分でも気づかないぐらいの
変化が訪れるなんて…。
改めて、継続は力なり…と
感動しました。

うちあわせもちゃんとしましたよー。

364では3月に「出張Cura2」をやってもらうことに。
Cura2では出していない特別メニューも。
お愉しみにしててくださいね!


焼き菓子もおいしい!  どうしたらこんなに
            薄く切れるんだろー、りんごのタルト。






よもやまばなし comments(0) trackbacks(0)
<< | 2/4 | >>