店番2人の日々の申し送り帳
次回のイベントはお食事会です。3月22日(木)12時よりご予約開始です。

写真:川本真理

 

 

※4月22日〈日〉午前の部 12時〜14時半

         午後の部 17時〜19時半 は満席となりました。

 只今、キャンセル待ちとなります。

 

イベント - -
TEALABO.t 「雫」3月3日の[一日茶藝]お品書き

 

 

 

2018年3月2日(金)〜3月4日(日) 

「雫」


TEALABO.t 武内由佳理さんによるお茶会を開催致します。
 
昨年の夏に続きテーマは「雫」。
seakaleさんによる花のしつらえ
日毎に変わる、atelier tatinさん、植草奈緒さんのお菓子で
雫のような瑞々しさと春らしい軽やかな雰囲気を
楽しんでいただけたらと思っております。
 
期間中は、茶葉の販売もございます。
台湾、中国大陸からの緑茶・烏龍茶、紅茶をはじめ
季節の変わり目に合う茶葉もご用意しておりますので
ぜひみなさま足をお運びくださいませ。
 
 


3月3日(土)

「一日茶藝」

 11時〜18時(L.O 17時)


 
予約無しで、お茶を召し上がっていただける1日喫茶。
atelier tatin 渡部まなみさんが武内さんのお茶に合わせて
特別なお菓子を用意してくださいます。
茶藝館のように蓋碗をお出しして差し湯をしながら
茶葉を楽しんでいただけます。
ゆったりとした時間を過ごしにいらしてくださいませ。
 
 
3月4日(日) 

「茶会」
 
予約制のワークショップとなっております。

※満席となりました
 
第1部:12:00-13:30
第2部:15:00-16:30  (各回定員8名)
 
会費:4500円
 
 
中国緑茶・台湾烏龍  4種
春を告げる中国緑茶を中心に、4種類のお茶を飲み比べます。
渋みは少なく華やかに香る少数民族による緑茶、
密の余韻が変化しながら続いてゆく烏龍茶。
一煎・二煎と煎の重なりをゆったり感じながら
本格的な春へ向けてからだをほぐしていきましょう。
 
料理家 植草奈緒さんに旬の素材を生かした軽食や菓子を、
この度のお茶会に合わせてご用意いただきます。
お茶との静かに広がる相性も楽しんでいただけたらと思います。
 
 
※ご予約、お問い合わせはお電話またはメールにて
 364までお願い致します。
 メールでご予約の場合、
 ◯お名前 
 ◯お電話番号 
 ◯ご希望の回
 (ご連絡を頂いた時点で、ご希望の回が満席の場合がございます。
  もうひとつの回にご参加が可能でしたら、その旨もお知らせくださいませ。)
 をお知らせくださいませ。
 
※お申し込みは大人限定とさせていただきます。
 (0〜1歳の抱っこできる赤ちゃんはご参加出来ます。
  お申し込みの際にお知らせくださいませ。)
 
※メールでご予約頂いた場合は、
 3日間以内にお返事を致しますので(火、水の定休日のぞく)
 こちらからの返信がない場合、
 お手数ですがお電話でお問い合わせくださいませ。
 どうぞよろしくお願い致します。
 
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
PROFILE
 
 
TEALABO t   武内由佳理(茶)
大学卒業後、老舗日本茶専門店に勤務。
料理家アシスタントを経て、
2015年より台湾、中国茶、オリジナルブレンドティーを中心に
「心と身体を整える茶」を提案するTEALABO t主宰。
店舗やイベントのためのオリジナルティーの開発、また料理/菓子/花/うつわ等の
作り手とともに生まれる調和を出張喫茶、お茶会などの場にて伝えています。
 

 

 


 
seakale 小澤めぐみ(花)
文化服装学院 卒業。
都内フラワーショップウエディング部門を経て2012年に独立。
自宅にアトリエを持つオーダーメイドの花屋。
お客様の描くイメージ、シーン、目的などをお聞きして
1つ1つ大切に花を通じて思いを形にしています。
 
 
atelier tatin 渡部まなみ(菓子)
ル・コルドンブルー料理基礎科を終了。
都内の飲食店やベーカリー、フランスでの食べ歩きや製菓教室などでフランス菓子に触れる。
2006年「tatin」として吉祥寺のガレージでチーズケーキと焼き菓子の販売を始める。
翌年、常連さんから約3坪のお部屋を借りてお店をオープン。
2012年建物の取り壊しにより閉店。翌年、アトリエを三鷹台に移し「atelier tatin」として再出発。
薪釜で焼くお菓子を目下妄想中。著書に「アトリエ・タタンのチーズケーキ」文化出版局。
 
 
植草奈緒(菓子)
染織活動ののち、飲食店勤務を経て独立。
自然と季節を感じながら台所に立つことを大切に、精進物の料理をしています。
ケータリングや料理教室などを中心に活動中。
 
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
364 サンロクヨン
杉並区西荻北3-13-16
03-5856-8065
info@sanrokuyon.com
 
JR中央線(土日祝は止まりません)、総武線「西荻窪」下車徒歩3分
北口を出て、左手交番前の商店街を直進
右手に西京信用金庫、左手にクリーニングたかはしのある十字路を左折
右手にすぐ見える2階建ての白い建物が364です。

 

 

 

 

 

 

 

イベント - -
年末最後の締めくくりは2つのたのしみが21日より同時開催致します

21日より始まる2つの展示会。

年末に来年も良い年を迎えるべく準備したい

あれこれ素敵なものばかり。

是非、お立ち寄り頂ければ嬉しいです。

2017年12月21日〈木〉→28日〈木〉

※会期中の定休日26日、27日は休まず営業致します

364 1階にて開催

白木屋伝兵衛「箒」展

毎年恒例になりました、年末の白木屋伝兵衛さんの「箒」展。

年末の大掃除に使いたい様々な用途の箒やブラシ、など。

使ってわかるこの良さに、リピートされる方が多くいらっしゃいます。

日常のものではあるけれど、機能美を備えたかっこよさ、潔さ。

用途に合わせて、素材やカタチ、使用感、価格の幅は色々とありますので、

一度手に取って触れて、重みや軽さ
を感じ、

職人の集結で出来たこの一本の道具をお選び頂ければ嬉しいです。

会期中の23日〈土/祝〉は昼過ぎより夕方まで、

白木屋伝兵衛 店長:高野氏による、箒のあれこれの見立、ご質問等を

お伺い出来ます。お手入れ方法や、原料のこと、職人さんたちのことなどなど

進んでお聞き頂ければと思います。

___________________________________

364 2階にて開催

師走美味 年末のおいしいモノゴト〜

有元くるみ:くるみさんならではのフレッシュな柚子胡椒。

      2種の味の違いをたのしめます。

井上 茂 :彫三島の豊かな皿が並びます。元旦のお節に、また和菓子などをのせても美しいです。

      12月に入り先行して、販売を始めております。

遠藤玲子 :今年は紅柿が大豊作。山形でたわわに吊るされている様子はスバラシイです。

      ナッツやチーズを挟んで、おつまみにいかがでしょうか。

      その他、お鍋に合うような調味料なども並びます。

上甲 清 :愛媛の山間部でお米とお飾り用の藁稲を育て、注連縄飾りを伝え続ける上甲さん。

      来年も良い年でありますようにと、想いを込めて編み続けています。

須田二郎 :少し早めの12月初旬頃から、カトラリーの出品をさせて頂いています。

      年末年始の贈り物に食材と組み合わせてなど、喜ばれそうな作品の数々です。

藤原奈緒 :東小金井にある「あたらしい日常料理 ふじわら」さんより、定番の調味料と

      この冬に新しく仕立てたお味を出品頂いています。お鍋に、蒸し料理に、和え物に。

      お料理のレパートリーが広がります。調理によって味わいが変わるのも楽しいです。

柳沢 悟 :年末が近づくと、あ、注文しなくちゃ!と思いだす、柳沢さんのおいしいもの。

      今年もお餅、きなこ、おそば、定番の饂飩も準備してお待ち申し上げます。

      (本年度の蕎麦は蕎麦:小麦が6:4となりました。蕎麦のみ、21日夕方より販売開始です)

銀座平つか:今年の初夏に祈願の「ふみ」展を開催させて頂きました。ずっと好きだった銀座金春通りの平つか。

      12月で長年営業されて来た銀座のお店を閉じます。平つかさんのそのタイミングで年に2回も

      出品をして頂けたこと、嬉しく光栄に思っています。心に残したい私の大好きなお店。

茂木恵実子:賑わい冷めやらぬうちに、年末年始に皆さんが自分用だったり贈り物に使って頂けたらと

      再度販売をはじめます。今年のクグロフは生地感も贅沢なバターのバランスも

      かなりのおいしさです。日ごとに味わいを楽しめるググロフ。贈り物にとても喜ばれます。

松本朱希子:今回は年末年始の贈答にも出来るようにと、カステイラのホール販売を箱つきでお願いしました。

      久しぶりに食べると、かえるちゃんの味や食感が優しくてホッとしてしまいました。

      (注意:大変申し訳ございませんが、今回の販売は5台のみとなります)

その他、常設の様々なおいしいにまつわる道具なども是非ご覧になって頂ければと思います。

※写真は前年度までの写真であったりイメージのものです。ご了承くださいませ。

364 サンロクヨン

杉並区西荻北3-13-16

JR中央線(土日祝は止まりません)、総武線「西荻窪」下車徒歩3分

北口を出て、左手交番前の商店街を直進

右手に西京信用金庫、左手にクリーニングたかはしのある十字路を左折

右手にすぐ見える2階建ての白い建物が364です。

     

      

イベント - -
本日の「HOLY BREAD」





只今、最後の追い込みです。
本日販売予定のmenuより、
フォカッチャは時間にたどり着かず、menuから、外れることとなりました。
楽しみにしてくださった皆さま、申し訳ありません」。
そのほかは、変わらず販売となりますのでよろしくお願いします。

本日はとっても寒い朝です。
暖かくしてご来店くださいませ。
お店でお会いできることを楽しみにしております。
 

イベント - -
12月、1月のイベント 年末年始にたのしいモノゴト

イベント - -
12月のイベント1『HOLY BREAD』Fermentation茂木恵実子さんのパンの販売

イベント - -
[MUSICA TEA]異国文化の街:神戸

今年の夏、私たちはMusica Teaの展示会の打合せも兼ねて

神戸の街へ訪れました。

 

むかしむかしはこの海を渡ってこの街に新しい舶来モノが渡り、

新しい風をこの街の人々が目にして身体に心に感じ、

センスを高めたのに違いないと思えるほど

この街は洒落ていてハイカラで、雑多でもある街でした。

 

建物は昔ながらの重厚な建築をそのままに残し、

モダニズムを意識する場所、

またモダニズムとはかけ離れた古びた建物も

何故か雰囲気あるものに見えてしまいます。

そんな両極端の建物が混在しながら

現代のお店がさらりと営業している感じも良いな、と思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昼下がりにふらりと入るジャズバーには、案外年配の人が多く、

喫茶店のように気軽に昼下がりの音楽を楽しみます。

洋食屋さんも多く、いくつかのお店のレトロな雰囲気に

私たちもグッと来てしまいます。

 

 

様々な文化が異色ではなく、どれもひとつの街にあるのが許せてしまう、

いや似合ってしまう街。

この街がすっかり気に入ってしまった。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ご来店、お問い合わせ、ワークショップのお申込み、

などは下記にご連絡をお願い致します。

 

 

 

364 サンロクヨン

杉並区西荻北3-13-16

JR中央線(土日祝は止まりません)、総武線「西荻窪」下車徒歩3分

北口を出て、左手交番前の商店街を直進

右手に西京信用金庫、左手にクリーニングたかはしのある十字路を左折

右手にすぐ見える2階建ての白い建物が364です。

 

 

 

イベント - -
2日間の「里山のくらし」イベント終了致しました。

草so:畑中家は千葉の鴨川に住を移し、8年が経とうとしています。

以前、この西荻窪に住まわれていた頃、

小さくて人見知りだった畑中さんちの一番上のひなこちゃんは

すっかりお姉さんになり、私たちに今週楽しみにしていると言う

修学旅行のことを朗らかに話してくれました。

次女のみずきちゃんは、8年前は生まれたばかりでちっちゃな赤ちゃんでしたが、

今では大きくなって。

まだ甘えん坊だけれど、実は芯が強いかわいらしい少女になっていました。

 

時の経つのは早いものです。

変わるもの、変わらないもの。

 

農家になるとは思っていなかったと畑中夫妻は言いますが

お二人が作り手となって、

あの鴨川の里山の景色を大事に思ってくれたことがきっかけで

私たち自身も、このように鴨川の大地に触れ、

里山に暮らす土地の人たちの様々な暮らし方を知ることが出来るようになりました。

そして今回2回目となるこの試みは本当に嬉しくて楽しい時間でした。

 

青山の草soで感じた美亜子さんの店主としてのやわらかな空気と強さは

いま、本人が作り手となっても変わらぬ様子をまとっています。

そして亨さんは、地に足をつけて、生きづくモノゴトを向き合い、

たくましく、家族と家族を囲む里山を守っていく力が漲っているように感じます。

暮らしを楽しむ、学ぶ、返す、の繰り返しは、人を豊かにし、

自然を豊かにするのでしょう。

 

この「里山のくらし」の2日間、短い時間でしたがその豊かさを折りに触れ、

畑中家の守るものをたくさん知ることが出来て、幸せな気持ちになれました。

7年目の里山の暮らしは来て下さったみなさんにも「おいしい」という笑顔を

分け合うことの出来るものになっていました。

 

また来年もこの報告を楽しみにしてくれる人たちが

少しづつ多くなっていってくれれば良いなと私たちも願っています。

多くのみなさま、この「里山のくらし」イベントに来て頂き、

ありがとうございました。

[たべるつながり]はまだまだ始まったばかりです。

また来年も新米の季節に。

 

みなさまありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イベント - -
里山の実り。11日、12日開催[草so里山の暮らし]より

 

 

(写真:畑中美亜子)

 

 

11日、12日開催の草so[里山の暮らし]では

2日間、畑中夫妻の作る2種のお米をはじめ、

自家製小麦配合の焼菓子なども数々に並びます。

梅干し、醤油、またこの季節、オーブン料理やスープにも合いそうな

デュカと呼ばれるスパイスを亨さん配合のもと、瓶にお詰めして

364直売所に並びます。

是非、毎日の食卓に並ぶ普段づかいの食材をこの機会にお求め下さいね。

 

今回は季節の果物も届きます。柿とみかん。

みかんは昨日、畑中夫妻がお店に来て下さった際に頂いたのですが、

おいしい!昔ながらの酸味の強さのあとにふわっと甘みがあり

薄皮でジューシー。こういうみかんの味って、少なくなりました。

私は大好きなみかんの味です。

柿もたわわに実った実生柿。無農薬どころかそのまんまの味です。

雨が降っても風が吹いてもこの鴨川の里山を見渡し見守った柿の木。

今年は生り年ということで、364の展示会にお目見えです。

 

昨日はワークショップの事前打ち合わせも。

はじめて、364にプロジェクターが持ち込まれ、

すごくいい感じで映像が見れるようになっています。

ワークショップご参加の方は、お楽しみに。

 

 

(写真:畑中美亜子)

 

________________________________________

 

 

鴨川・草soより

 

 

「里山の暮らし」

 

 

2017年11月11日(土)〜11月12日(日)

 

 

open:12時→19時

 

 

 

自家栽培の棚田の新米をはじめ、草so 畑中家のパンや焼き菓子

 

里山で穫れたおいしいものを取り揃え販売します。

 

(お米、パン、焼き菓子、ジャム、醤油、梅干し、他)

 

 

__________________________________________________________________

 

ワークショップ

 

11月11日(土)または12日(日)を選択

 

 

「田んぼしごとの報告会」 

 

 各日予約制

  12時〜15時

 

 会費:3000円

(秋野菜のインドカレー+チャイとデザート、新米と冊子のお土産付き)

 

 

里山の暮らしと2017年新米までの田んぼしごとの報告をする会を開きます。

実際の田んぼの写真や映像などを見ながら、

農家:草so 畑中亨さん、美亜子さんの語りでつなぎます。

また新米プリンセスサリーのカレープレートもお召し上がり頂けます。

食べることで感じる今年の美味しい報告、

たくさんの方々に感じ取ってもらえたらと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ご来店、お問い合わせ、ワークショップのお申込み、

などは下記にご連絡をお願い致します。

 

 

 

364 サンロクヨン

杉並区西荻北3-13-16

JR中央線(土日祝は止まりません)、総武線「西荻窪」下車徒歩3分

北口を出て、左手交番前の商店街を直進

右手に西京信用金庫、左手にクリーニングたかはしのある十字路を左折

右手にすぐ見える2階建ての白い建物が364です。

 

 

 

 

 

イベント - -
11月の展示会 鴨川・草soより「里山の暮らし」

鴨川・草soより

 

「里山の暮らし」

 

2017年11月11日(土)〜11月12日(日)

 

open:12時→19時

 

 

自家栽培の棚田の新米をはじめ、草so 畑中家のパンや焼き菓子

里山で穫れたおいしいものを取り揃え販売します。

 

 

 

 

ワークショップ

11月11日(土)、12日(日)

 

「田んぼしごとの報告会」 各日予約制

 

 12時〜15時

 会費:3000円

(秋野菜のインドカレー+チャイとデザート、新米と冊子のお土産付き)

 

 

里山の暮らしと2017年新米までの田んぼしごとの報告をする会を開きます。

実際の田んぼの写真や映像などを見ながら、農家:草so 畑中亨さん、美亜子さんの語りでつなぎます。

また新米プリンセスサリーのカレープレートもお召し上がり頂けます。

食べることで感じる今年の美味しい報告、たくさんの方々に感じ取ってもらえたらと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

 

この景色を守ることが自分たちの生業。

だからこそこの場所で暮らし

お米作りをさせてもらってる気がします。

 

 

「うつわや 草so」は2003年に東京青山から始まりました。

都会の華やぎから、家族とともに地に足の着いた暮らしの場として選んだのは、千葉:鴨川。

新たな「うつわや+cafe 草so」として、ひとつひとつ試行錯誤で大自然と向き合う中、

その厳しさを感じることも少なくないと言います。

しかしながら、この里山、棚田の景色を守りたいという想いは変わらず深まるばかり。

私達364は、長年なにか一緒に出来ないものかと想い描いて来たものが

ようやく昨年初めて形となり、里山の暮らしを皆さんに知ってもらう企画を催すことが出来ました。

あれから1年後、今年もまた食を通じ、美味しく楽しく感じていただくことで、2017年の里山の報告になれば嬉しい、

とイベントを開催する運びとなりました。

私達364はこれからもずっとこのような形で草soさんの想いを報告会として伝えていくことで

この棚田の風景を守る力になればと思っています。

みなさんの思い、そして美味しいものを囲み、食べていくことでつなげてゆける、支え合い。

この場所を通じて大切なものが生まれてくれることを願っています。

ご来店をお待ちしております。

(上記写真:全て畑中美亜子さん撮影)

 

 

364 サンロクヨン

杉並区西荻北3-13-16

03-5856-8065

info@sanrokuyon.com

 

JR総武線「西荻窪」下車徒歩3分

北口を出て、左手交番前の商店街を直進

右手に西京信用金庫、左手にクリーニングたかはしのある十字路を左折

右手にすぐ見える2階建ての白い建物が364です。

 

イベント - -
<< | 2/41 | >>